【ついに引退…!】キハ283系「特急おおぞら」の指定席に乗ってきた!

鉄道

2021年9月15日、JR北海道がビッグニュースを発表しました。

キハ283系が2022年の3月に引退。

キハ283系とは、札幌〜釧路を結ぶ「特急おおぞら」として活躍しているあの青い特急列車のことです。

北海道の旅行で、乗った方もいるんじゃないでしょうか?

今回は、その引退が迫るキハ283系の「特急おおぞら」で釧路から札幌まで乗ってきました!

スポンサーリンク

釧路で出発を待つ「おおぞら6号」

釧路で一泊し、これから特急おおぞらで札幌へ向かいます!

一晩でどかっと雪が積もり、列車は動くのかな…?なんてすこし心配していたのですが、運休なんてものはなさそうでした。

とうげつ
とうげつ

さすが北海道の列車ですね!東京だったら大混乱間違いナシです☆

指定席を取ったんですが、特急おおぞらの指定席はほぼ満席でした。
旅行や出張で利用される人が多いからですかね?


ついに283系とご対面

こちらが今回乗る、特急おおぞら6号です。
一度乗ってみたかった列車で、いなくなる前に乗ることができてよかった…!


あったか車内へGO!

ちなみに車両のサイドについている赤は、釧路の丹頂鶴をイメージしているそうです。

特急おおぞらは、札幌まで4時間以上かけて走る列車です。
ですが車内販売や自販機は一切ないので、食べ物や飲み物は駅のコンビニや売店で買うようにしましょう!

僕は列車に乗る前、釧路駅にあるおにぎり屋さんでお昼を購入しました。
「おにぎり屋 ばんばん」というお店で、ネットでも評価の高いお店なので、乗る前に寄ってみてください!

雪を吹き飛ばしながら帯広へ


さらば釧路

人生初の釧路に別れをつげ、札幌へ向けて出発です!

特急おおぞら6号がこの後とまる駅は、白糠・池田・帯広・新得・トマム・南千歳・新札幌・札幌です。

次の白糠駅までは民家が立ち並ぶエリアですが、そこを過ぎればどんどん自然豊かな風景に変わっていきます。

白糠をでると、池田までは何度か海沿いを走っていきます。
この日は雪ですっきりしない天気でしたが、前日に特急おおぞらで釧路入りした時は、青空が広がっていました。

こんな感じ↓


キレイすぎ…やばない…?

夕方だったので、キレイな夕日も拝むことができました。
晴れの日は必見ですよ!

特急おおぞらは、最高速度110キロで走り雪を吹き飛ばしながら走っていきます!

とうげつ
とうげつ

車内からもわかるくらい迫力がありましたよ!

帯広に到着です!
帯広でも多くお客さんが待っていて、僕が乗っていた1号車は満席になりました。

新得を過ぎれば天然の銀世界


対抗列車が遅れて通過in西帯広

行き違いをする札幌から来た特急列車が遅れていて、特急おおぞらは8分遅れになってしまいました。

とうげつ
とうげつ

まあ、それだけ283系に長く乗っていられると考えれば問題ナシ!(ポジティブ)


ここから、一駅長すぎ区間に入ります

新得から先は少しずつ山に向かっていくため、電波が届きにくくなります。
ただその分、天然の銀世界を楽しむことができますよ!

Twitterで車窓を15秒ほどアップしたので、のぞいてみてください!


北海道で一番高い標高537mにある駅

新得とトマムは一駅ですが、列車で22分かかるほど離れています。

とうげつ
とうげつ

めっちゃ遠い…

なんでこうなっているのかというと、新得とトマムの間には峠があるからです。

そこを大きく迂回しないと峠を上り下りできないため、結果的に距離が伸びたそう。

地図を見ればわかりますが、新得とトマムの間は不思議な形でクネクネしてます。

吹雪が吹き荒れる夜の札幌

トマムを出発すると、南千歳まで止まりません。
約1時間ノンストップです。

南千歳あたりでは太陽が顔を出し、札幌方面は晴れているんだなとホッとしたのもつかの間…


めっちゃ吹雪いてますやん

札幌市は吹雪でした。
さっきまで穏やかな晴れ間が広がっていたのに、30分乗ってるだけでこんなに変わるんですね。

おまけに雪の影響で、線路の切り替えポイントが故障し、北海道の各方面の列車が遅延するという…。

僕が乗っているおおぞら6号も、10分ほど遅れて札幌駅に到着しました。


無事に札幌に到着

釧路よりこっちの方が、肌感覚では寒いです。
とはいえ4日も北海道にいるので、少し寒さに慣れてきました。


4時間半お疲れ様でした!

おおぞらはこの後、回送列車として駅を出発して行きました。
あと数ヶ月しかこの列車を見ることができないので、3月までに北海道へ行ってみてください!

時刻は16時。
吹雪いてるし、疲れもあるので予定より早く宿泊先のホテルへ向かいました!

この記事の後は「北海道旅行記」へ続きます!
ぜひこちらもご覧ください。

コメント