JR東日本アプリが大幅アップデート!ユーザーは絶対にいれるべき!

きっぷ・カード

最近アップデートされたJR東日本の運行情報アプリ

以前まで動きが鈍かったりして、使い勝手が悪かったのですが、アプリが一新されたお陰で、とても使いやすくなりました!

そしてもっと便利になった!

今回はJR東日本のアップデートされたアプリがどれくらい便利なったかをご紹介したいと思います

スポンサーリンク

アップデート1 デザインが一新

2019年4月10日から、JR東日本のアプリがアップデートされました!

これまで、起動が遅い、通信の不具合がよく起こる、アプリが勝手に落ちてしまうなどの声が結構あり、大幅なリニューアルをしたみたいです。

実際、僕も最初の頃から使っていたのですが、起動が遅くてあまり使わなかった時期がありました。

既存の機能に加えて、新しく乗り換え情報や駅の詳細などが一目でわかる機能などが加わり、より一層便利になりました!

アップデート2 乗り換え検索が見やすい

JR東日本のアプリを立ち上げると、GO!というロゴの後に、シンプルに出発地と目的地を入力するだけのページに飛びます

GO!by trainという乗り換えアプリがJR東日本と一緒になったみたいですね。

出発地と目的地を入力すると、図としてわかりやすく表示してくれますし、小田急線などの他社線の運行情報もここで見ることができます!

もちろん、運賃設定や乗り換え時間の早い遅いを検索条件にいれることもできます!

アップデート3 列車の走行位置が他社線と連携される

JR東日本には、以前から列車走行位置がわかる機能が付いています。

乗りたい電車が今どこにいるか一発でわかる画期的なサービスです。

そして今回のアップデートから、JRのアプリから他社線へのアプリに飛んでいくことができるようになったんです!

例えば、東京メトロの丸ノ内線のボタンを押せば勝手にアプリが起動して丸ノ内線のページに飛んでいきます!

自分がよく使う私鉄のアプリと連携されるのでとっても便利になりました!

鉄道会社の垣根を超えて連携してもらえるのはとてもありがたいですね

アップデート4 駅情報がアプリでわかるようになった

これまで、駅の情報っていうのはネットを立ち上げてサイトから見るしか方法がありませんでした。

しかし!アプリのアップデートにより、アプリ内でも簡単に駅の情報が見られるようになったんです。

例えば駅の時刻表

駅を検索すれば路線ごとに時刻表がわかります!

JR東日本と東京モノレールの駅は全てわかります!

さらに、駅の構内図や列車の降りる位置から一番近い階段の場所、ロッカーの空き状況など、そこまでする!?ってくらいの細かい情報もわかるようになりました!

アプリには他にも機能が満載

例えば、えきねっとと連携して特急券の予約ができるようになったり

ゲームや電子書籍などのエンタメが豊富になったり

実験的に、新宿、舞浜、品川の3駅の混雑状況がアプリ内から見られるようになったりしています!

混雑状況はリアルタイムでの画像で複写禁止なので、気になる方はアプリを入れてご自分の目で確かめてみてください!!

まとめ

僕はJR東日本のアプリで乗り換え検索や時刻表を検索することが非常に増えました。

便利なのもそうですが、なによりサクサク動くようになったからです!

そして、他社線とも連携して列車走行位置や乗り換え検索が使いやすくアップデートしたところも利用者としてすごくありがたいです!

より一層便利になったJR東日本の乗り換えアプリ

JR東日本を利用される方は入れてみてはいかがでしょうか!?

JR東日本では、 のんびりホリデーSuicaパス発売!!使って行きたいオススメスポット!の記事で書いたように、 2019年9月から期間限定でSuicaに一日フリーパスの一部が入れられるようになりました。

ほかにも、かよい湯治のホームページで書いていますが、モバイルSuicaでJR東日本の鉄道に乗るとポイントが貯めるサービスも始まりました!

どんどん便利になっていきますね!

アプリやモバイルSuicaをいれて快適に鉄道を利用してみてはいかがでしょう!?

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
きっぷ・カード
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント