池袋~川越が26分!東武東上線の川越特急は通勤通学には意外と不便?

鉄道

東武線が新しく運行を始めた「川越特急」

今回は、この川越特急は通勤通学には使えるの?っていうテーマで書いていきます!

スポンサーリンク

東武の川越特急とは

2019年3月に東武東上線に誕生した新しい列車の種別です!

停車駅はご覧の通り

池袋をでたら、川越までは朝霞台にしか止まらないという大胆っぷり

名前にふさわしいですね笑

停車駅も東上線の一番速い列車、TJライナー並みです!川越まで26分!(急行だと32分かかります)

なにより、この電車は特急ですが特急券はなく、普通の乗車券のみで乗れるというのが大きなポイントです!

川越特急ですが、下り電車はちゃんと小川町まで走っていきます!(上り電車は途中の森林公園が始発です)

川越特急のデメリット

川越まで飛ばしていく川越特急には、大きなデメリットがあります。

それは、本数が少ないということ

池袋始発の下り電車は、平日休日問わず10時発と11時発の2本のみです!

森林公園始発の上り電車も、平日16時半17時半18時半の3本のみ

※休日は16時発の電車がプラスされます

上り電車(池袋方面)はともかく、下り電車(川越方面)の本数をもう少し増やした方がいいんじゃないかなーって思いました。

また、普段の通勤通学の足として使うには少し不便ではないかなと思います

夕方から都内へいくことってあんまりないですよね?

できたばかりなので、しょうがない笑

今年の川越特急への反響次第ですね!

さいごに

新しくできた、川越へのアクセスに特化した川越特急

速い電車ですが、便利さでいえばまだ少し物足りないんじゃないかなと思います。

来年のダイヤ改正ではどうなるでしょう?

東武線には、川越方面へはもちろん、日光や鬼怒川、両毛方面へのおトクなきっぷが発売されています!

詳しくは東武線のおトクなフリーパスと一日乗車券!日光・鬼怒川だけじゃない、沿線の魅力を見に行こう!!からご覧ください!

では!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント