丸ノ内線に6両の方南町行きが誕生!新宿止まりが減り、池袋から乗り換え無しでいけるように!!

旅行スポット

池袋から荻窪を結ぶ丸ノ内線、そして中野坂上と方南町を結ぶ支線に新しい変化が起きます!

6両の方南町行きが誕生するんです!!

今回はその一大ニュースについてご紹介します!!

スポンサーリンク

丸ノ内線に6両の方南町行きが誕生する

2019年7月5日、東京メトロ丸ノ内線ではダイヤ改正が行われ、方南町の一つ手前中野富士見町駅までしか来れなかった6両の電車が方南町にやってきます!

つまり6両編成の方南町行きが誕生するんです!

これまでは、基本的に3両の電車が中野坂上と方南町を折り返しし、朝と夕方の一部の時間帯に6両編成が中野富士見町を発着していました。

そのため、方南町から新宿方面へ行く、もしくはその逆をするには必ず乗り換えをしなければいけなかったんです。

しかし、今回のダイヤ改正でそれもなくなり便利になります!

方南町行きはどう変わるのか?

2018年の5月から方南町駅の工事が始まり、先日工事が終了しました。

現在朝のラッシュ時、中野富士見町駅始発の池袋行きの電車は18本あります。

朝のラッシュ7~8時台の、中野富士見町駅始発で発車する列車18本のうち、12本が方南町駅始発に変わるそうです。

つまり大半が方南町駅が始発に変わります。

中野富士見町から余裕で席に座れていた人たちにとってはあまり素直に喜べないニュースだと思いますが…笑

日中の中野坂上~方南町間の電車は、1時間のうち9本(そのうちの3本は6両の池袋方面の電車)が運転されるそうです。

現在よりも毎時1本の割合で列車が増えるようになるとのこと。

僕は、高校の時部活でちょいちょい方南町へ遠征していたことがあるのですが、当時はかなり古びた駅でした。

それが今やリニューアルされて、しかも6両の電車がくると…

時代の流れを感じずにいられませんね。

前回行った時はまだ片面のホームが工事の柵で覆われていたので、どれだけ綺麗になったか楽しみです笑

新宿行きが方南町行きに変わる

これまで、西新宿や中野坂上に行きたい沿線民を苦しめてきた新宿行き

関西にお住いの方は、御堂筋線の中津行きみたいなものだといえば分かりやすいと思います。

その新宿行きが一部を除いて方南町行きに変わるんです!

つまり、西新宿や中野坂上へ行く方数が増えるんです!

これまで、新宿止まりの電車の降車処理で時間がかかり、後ろの電車が使えてしまうことがよくありましたが、それが改善されるかもしれないんです!

平日の86本(休日は68本)の電車が池袋~方南町行に延長されます!

さいごに

6両の電車が増えるということは、3両の電車が減ります。

今走っている、平日の方南町行き177本は、ダイヤ改正後は143本に減ります。

折り返しの電車がかなり減りますね…

結構思い出のある3両の短い電車が減ってしまうのは寂しいですが、これからもっと便利になるって考えたら良い変化ですよね!

ダイヤ改正したら、早速新しくなった方南町へ行ってみたいと思います。

では今回はここまで!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅行スポット鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント