【2019年最新版】モバイルSuicaのチャージ方法!銀行からはできなくなる!?

きっぷ・カード

今回は、スマートフォンで使うことのできる、モバイルSuicaのチャージ方法についてご紹介します!

最近、どんどん変化してきているので、既存のサイトでも古い情報がたくさんあったので、2019年6月の最新版としてご紹介します!

スポンサーリンク

モバイルSuicaのチャージ方法

モバイルSuicaでは、いくつかのチャージ方法があります

①駅の券売機

紙幣投入口の左側にあったカードを挿入する部分のない券売機をご存知でしょうか?

カードを置くスペースがついたタイプの券売機が増えてきています!

あれ、カードだけでなく、スマートフォンに入ったICカードにも対応させるためにあの形になったんです。

モバイルSuicaの通信障害などが起こった時に非常に便利です!

また、都営地下鉄では、乗り越し精算機でもモバイルSuicaが対応できる型が増えてきました。

②スマートフォンなどの端末

あらかじめ、クレジットカードを登録しておけばいつでもチャージすることができます!

利用履歴も、どれくらい使ったのかも一発でわかるのでとてもラクだし、無駄遣いすることも減りますよ!

③オートチャージ

JRが出しているクレジットカード「VIEW Card」をモバイルSuicaに登録すれば、自動で一定金額をチャージすることができます!

例えば、残高1000円を下回ったら2000円をチャージする設定をしていた場合、チャージする必要がなく自動でチャージをしてくれるんです!

④コンビニチャージ

一部のコンビニでもモバイルSuicaでチャージすることができるみたいです。

チャージできるかどうか、そのお店の方に聞くのが一番早いですよ。

しかし、セブンイレブンにあるセブン銀行のATMなら話は別です!

ほとんどのセブンイレブンのATMでチャージができるので、とてもラクです。

nanacoはもちろん、楽天EdyやSuica以外の交通系ICカード(PASMO、SUGOCA、manacaなど)にも対応しています!

スマートフォンも、ICカードもチャージできるようになっているので、現金を下ろしてチャージまですることがATMで完結するのでとても便利ですよ!

モバイルSuicaは銀行チャージが終了する

これまで銀行からチャージすることができたモバイルSuicaですが、2019年9月に完全終了することが発表されました。

一気に終了するわけではなく、順次終了していくみたいですね。

2019年7月24日午前1時に三菱UFJ銀行のチャージ終了

2019年9月25日午前0時にみずほ銀行・じぶん銀行のチャージ終了

6月現在もチャージは可能ですが、このタイミングでクレジットカードをモバイルSuicaに登録してみてはいかがでしょう?

さいごに

近年、Suicaなどの交通系ICカードの便利さがどんどん上がってきているように感じます。

Suica一枚あれば新幹線にも乗れてしまうし、全国どこでもいけてしまう時代ですからね笑

JR東日本は「モバイルSuica」を2020年2月26日から、年会費を全面的に無料とすると発表しました。

これまで、VIEW CARD以外のクレジットカードを登録していたモバイルSuicaユーザーは1030円の年会費を払うことになっていました。

しかし、それが無料になるんです!

この機会にモバイルSuicaを利用してみてはいかがでしょうか?

お持ちのスマートフォンで、電車に乗る、買い物する、遊びにいくってことが可能になります!

どんどん便利になっていきますね。

また、9月からJR東日本が出している、一部のおトクなフリーパスが、Suicaに入れることができるようになります。

要は今まで紙のみだったフリーパスがSuicaに入れることができるようになるんです!

詳しくは都区内パスより広範囲!JRがのんびりホリデーSuicaパスを発売!!改札がスイスイ通れるように!でご紹介しているのでご覧下さい!

では!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
きっぷ・カード
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント