北区・王子神社の御朱印情報!なんと金額は自分で決められる!【アクセスつき】

旅行スポット

北区にある、王子神社

御朱印巡りではかなり王道な神社ですね。

今回はここ王子神社の御朱印についてと、アクセスや基本情報についてご紹介します!

スポンサーリンク

王子神社の御朱印

王子神社の御朱印はこちら

かなり達筆な字で御朱印を書いていただきました!

御朱印にも「十社之内」と東京十社を表す文字が描かれていて、全ての神社に行ってみたくなりますね。

そして、この王子神社の御朱印の初穂料なんですが、なんと決められていません。

どういうことかというと、参拝した本人からのお気持ちを頂戴するからとのこと。

要は自分で金額を決められるってことです。

御朱印の初穂料は300円~500円くらいが一般的です。

なので、それくらいを納めてもいいし、もう少し高めの金額払ってもいいわけです。

僕の前の人は1000円を納めていました。

え?僕ですか?500円です…

前の人に比べれば確かに少ないですが、ちゃんと納めましたよ!!

社務所の受付時間

王子神社の社務所は毎日9時~17時の間です。この間に御朱印を頂くことができます!

御祈願の受付は9時半~16時半です。

休日は御朱印を求めて午後からかなりの列ができるので、午前中に行くのをオススメします!静かでとてもいいですよ!

王子神社へのアクセス

王子神社は、名前の通り、東京・王子にあります。

JR京浜東北線、東京メトロ南北線王子駅からは徒歩で3分くらい。

JRならば親水公園口から出ると早いです

神社のお隣には、音無親水公園っていう地元の憩いの場所があります!

公園側の境内入り口は階段を上っていきます

ここを流れる石神井川はここ付近では音無川と呼ばれていて、子供たちが水遊びをしていたり、ランチをしている方もいらっしゃいました。

王子神社は高台にあるため、どのルートから行っても階段や坂道は避けては通れません。そこは我慢です笑

20台くらいは駐車できるスペースがあるので、自動車で来ることもできますよ!

ちなみに、自転車は近くの駐輪場に止めてください!

先ほどの親水公園には駐輪場が設けられています。

王子神社の境内

王子神社の正面入口は、大きくて立派な鳥居が建てられています。

そのまままっすぐ境内に入ると、正面にご本殿、右奥に社務所があり、御朱印やお守りはここでいただけます!

なにより、緑がいっぱいで 静かです。

遠くからは電車や車の音が聞こえますが、全く気にならない程度

爽やかな風が音を流して行ってくれます。

非常に落ち着いた場所で、10分いるだけでもリフレッシュできますよ。

心が洗われますし、境内に散歩しにいくだけでも十分行く価値があります!

王子神社は東京十社の一つ

ここ、王子神社は東京十社の一つなのをご存知ですか?

東京十社っていうのは簡単にいうと、東京の安全と万民の平和を祈願された神社の総称のことを言います。

王子神社のほかには、品川神社、芝大神宮、赤坂氷川神社、白山神社、日枝神社、根津神社、神田明神、亀戸天神、富岡八幡宮が東京十社に含まれています!

都内の御朱印がもらえる神社

王子神社以外にも御朱印がいただける都内の神社はたくさんあります!

いくつかご紹介します

赤羽八幡神社

王子駅から二駅お隣、赤羽駅には境内がある高台から新幹線や在来線を望める赤羽八幡神社があります!

こちらは∞のマークが入った御朱印をいただけます!

【赤羽八幡神社】境内の下を新幹線が通る!参拝後は∞のつく御朱印をもらうべし!でご紹介しているので詳しくはそちらをご覧ください!!

築地波除神社

お次は築地場外市場にある波除神社の御朱印です!最寄りは築地駅

ゼルダの伝説をやっていた方には見覚えのあるトライフォースが描かれていますね(多分違う)

この波除神社については築地・波除神社の御朱印情報!波の模様にトライフォース?【アクセスつき】でご紹介しています

住吉神社

東京・佃島にある住吉神社は、鳥居が川沿いに立っているのが特徴の神社です

こちらでは鶴が描かれた御朱印を頂くことができます!

住吉神社については、【月島】タワーマンションのお膝元、住吉神社では達筆な御朱印をいただける話をご覧ください!

今回ご紹介した王子神社と3つの神社は東京メトロの24時間券ですべて回ることができます!

たった600円で回れるのでオススメです!

東京メトロの24時間券については600円で次の日も乗れる!?東京メトロ24時間券を使ったおすすめルートと購入の仕方をご覧ください!

では、今回はここまで!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅行スポット
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント