これで2000円!?北海道のホテルポット・マム札幌のコスパが良すぎな件

旅行スポット

先日、北海道へ旅行にいってきました。

その際泊まった場所がとてもオシャレだったので、今回はそのホテルについてご紹介します!

その名もホテルポット・マム札幌

札幌でホテルを探す際にはぜひ参考してみてください!

スポンサーリンク

ホテルポット・マム札幌のアクセス

札幌の中心部、大通公園やすすきのからは少し離れたところにある、菊水という街にあります。

しかし、地下鉄東西線で大通公園まで2駅

徒歩でも20分くらいでいけるので、全く不便ではありません

ホテルの内装がとにかく綺麗

このホテル、なによりも清潔でとても綺麗なんです!

フロントから部屋の内装まで、綺麗だけでなくオシャレです!

もしこれが東京にあったら、インスタ映え目当ての女子たちがヒイヒイ言うこと間違いありませんね笑

ドミトリータイプ

お部屋の形態はツインやソロなど様々ですが、今回宿泊したのはドミトリータイプの部屋

部屋というより、1つの区画に三人分のベットがあるお部屋です。

もちろん、知らない人と場所を共有することになります。

ホテルといってますが、実際はほぼゲストハウスですね。

幸か不幸かこの日は僕の泊まった場所には誰もおらず、一晩貸し切りでした笑

秘密基地が大好きな方はとても気にいると思いますよ!

リビングルーム

ドミトリーの外には、その階の人が自由に使えるリビングルームとトイレ、シャワールームが完備されています!

定期的にお掃除が入るので、いつも綺麗ですよ!

リビングルームには自動販売機、電子レンジ、湯沸かしポット、コンセント付きのデスクがあり、一種のシェアハウスのようです。

僕はここに来た時、テラスハウス的な出会いを期待したんですが、女性はおろかそもそも閑散期で人すらいないというオチでした笑

というか、テラスハウス的な出会いって何でしょうね?今考えたら意味わからん笑

シャワールーム

シャワーには、ドライヤーや綿棒、シャンプーなど、アメニティは揃っています。

安心してください、シャワールームはちゃんと男女別に用意されてます。

こちらがシャワー室、なんかもしもボックスを想像させるような形をしています。

安心してください。

シャワーヘッドに向かって、

もしも10年後の未来にいけたら!

なんてこと言っても10年後の世界になってることはありません笑

タオルはシャワーの床に敷く用のタオル、手ぬぐいタオル、バスタオルの3枚がドミトリーのベット、もしくは部屋に置いてあるのでそれを使いましょう!

ちなみに、タオルなどを追加で欲しい時は追加料金が発生するのでそれも覚えておいてください!

ポット・マム札幌のコーヒーは激ウマ!

ここポット・マム札幌の一階には、モーニングが食べられるカフェがあります。

北海道の有名なコーヒー屋、モリヒコのコーヒーがここで楽しめます。

朝のモーニングセットは700円、プラス300円でモリヒコのコーヒーを飲むことができます!

モーニングセットはこんな感じ

静かな朝で、栄養のあるご飯と美味しいコーヒーで気持ちの良い旅の朝を迎えることができます!

個人的なことなんですが、PayPayで支払ったらモーニング代が全額帰ってきました笑

なので、皆さんもぜひPayPayで買ってみてください!

宿泊費がリーズナブル

ここまで綺麗だと、結構高いと思いませんか?

全くそんなことはありません!

僕が泊まった時、早めに予約したってのもありますが、ドミトリータイプの一泊はなんと2000円でした!

例えば、楽天トラベルでは2000円~3000円でプランが売られています!

北海道への旅行なら楽天トラベル

シーズンに寄って多少の変動はあると思うのですが、それにしてもコスパ抜群

Wi-Fiもアメニティも金庫もついてこの値段

旅行者には最高だと思いますよ!

さいごに

リビングルームにある宿泊者ノートには、ライブに行く人、釧路や稚内方面への前泊の人、全国を回っている人、いろんな人がメッセージを書いていました。

どんな目的でここに泊まっているのかを知れるのは面白いです笑

僕もちょこっとだけメッセージ残してきました。

これを読んでいるあなたも、札幌で宿をお探しなら、ホテルポット・マム札幌を選択肢に入れてみてください!

北海道の西側の旅は別記事でご紹介しているので、夏の北海道グルメ旅!小樽、札幌、函館を巡る弾丸ツアー(前編)をご覧ください!2泊3日で2万円未満で旅行することができましたよ!

では!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅行スポット
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント