南池袋・札幌牛亭の絶品ハンバーグランチ!都内ではここでしか食べられない!

旅のグルメ

東京・池袋には、札幌からやってきた絶品ハンバーグを食べられるお店があります。

お店の名前は札幌牛亭(さっぽろうしてい)

その名の通り、北海道・札幌発祥のお店です。

東京は南池袋店のみで、あとは札幌に2店舗あるのみです。

素材にこだわり、つなぎがない牛肉100%で厳選された肉を使っているとのこと

今回はこちらの食レポです!

スポンサーリンク

お店の入り口はどこ?

札幌牛亭の入り口は少しわかりづらいところにあります。

最初来た時、それらしきお店が見当たらなかったので、無くなったか場所が違うのかと思ってしまいました。

しかし、あたりをよくみるとお店の入り口がポツンとあることに気がつきました笑

なんと電気屋さんの隣にドアが一つあるのみ

初見だと見逃してしまいそうです笑

札幌牛亭の店内は洞窟のよう

どうやらお店は地下にあるようで、ドアを開けると階段になっていました。

なかなかオシャレな内装です。

個人的には、地下にあるお店は美味しいものが多く眠っている印象、期待が高まります!

お店の中は洞窟の中みたいで、隠れ家感があります

札幌牛亭のハンバーグランチ

僕がお店に来た時は平日のランチセットをやっていました。

札幌牛亭ではランチタイムに限らず、ハンバーグのサイズ、焼き加減、ご飯の量、トッピングの有無をお客さんに決めてもらうそう。

わからなくても、メニュー表にわかりやすく書いてくれているので、その通りに注文すれば大丈夫です。

僕は180gのミディアム、ご飯中盛でチェダーチーズトッピングを注文

店内にはモニターがあるので、待っている間はそれを見ているのもいいですね。(夏は高校野球をやっていました)

ランチセットは先に味噌汁とサラダが運ばれてきます。

しばらくして、店員さんからハンバーグがそろそろ出来るのでエプロンをつけてくださいと伝えられ、エプロンを装着

程なくして鉄板の上で焼かれた美味しそうなハンバーグが運ばれてきました

みてください!このよだれが出そうになるほどのビジュアル

ここまで、

「食べたい!」

と思わせる食べ物はそうありません

チェダーチーズがいい具合に溶け、トロトロになっていました…もう最高

あらかじめ切れ目を入れてくれているので、ナイフを使うことなく食べられます!

そしてこの断面!赤と茶色と黄色のコントラストが食欲をかきたてる!!

ハンバーグはペッパーが効いていてかなりスパイシーな味わいです。ニンニクも一緒に使っているそう

そこにチェダーチーズのマイルドな味が合わさって、その辺のチーズバーガーを凌駕した味を堪能できます!

トッピングは迷ったらチェダーチーズにしておけばまず外れません!

さいごに

札幌牛亭、平日のお昼時はかなりおトクにハンバーグを食べることができます!

札幌の有名店を東京で食べられるのは嬉しいですね!だれか連れてリピートしたくなりました笑

札幌の絶品ハンバーグ、東京で味わえるので一度足を運んでみてください

ちなみに、池袋にはハンバーグの他にもキムチが食べ放題の肉丼が食べられるお店があります。名前はたどん

カルビやハラミを使ったお肉が多く、こちらもボリュームありまくりです笑

【池袋】たどんは絶対押さえておくべし!肉丼と相性の良いキムチがまさかの食べ放題な件

ランチに行ってみてはいかがでしょう?

札幌牛亭のアクセス

JR池袋駅東口から徒歩7分

西武線池袋駅、西武南口から徒歩3分

【月~金】

ランチ 11:30~16:00【ラストオーダー15:30】

ディナー 18:00~22:30【ラストオーダー22:00】

【土日祝】 

ランチ 11:30~16:00【ラストオーダー15:30】

ディナー 17:00~22:30【ラストオーダー22:00】

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅のグルメ
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント