【東北旅行記】ぐるっと1周!特急列車と新幹線を駆使する弾丸ツアー!

旅行記

どうもとうげつです!

今回は、JR東日本の早割サービス「えきねっとトクだ値スペシャル」を使って、東北地方をぐるっと一周してきました!

とうげつ
とうげつ

しかも1日で!

十分楽しめますので、ぜひ一度やってみてくださいませ。

スポンサーリンク

新潟で味わう朝ラーメンのはずが…


毎度お世話になってるWILLERのバス

東京から高速バスに乗り、新潟駅にやってきました。
ここが旅のスタート地点です。

時刻は朝の7時前。
まずは新潟から秋田へ向かいます!

と、その前にまずは朝ごはん…!

新潟には朝ラーメンが美味しいお店があるとのことで、早速向かいました。
お店の名前は「手仕事 らぁめん 八」

らぁめんって言っちゃってるお店はまず外れないです。(とうげつ調べ)

さて、一体どんなラーメンが食べられるのだろう…!
そう心を踊らせながらお店に向かいました。

しかしなんと!

臨時休業

こんなことがあっていいのか…!
さすがに、マジか…と呟いてしまうほどの出来事が起こりました。

ラーメンがダメとなると、こんな朝早くからやってるお店なんてほとんどありません。
かなり空腹だったので、やむを得ずすぐ近くにある飲食店に入りました。


まさか新潟でもお世話になるとはな…

はい、松屋です。
以前四国バースデイきっぷの旅をしていた時も、散々お世話になった松屋。

今回もありがたくお野菜と牛丼をいただきました。
台風の影響で天気もどんよりだったので、なかなかブルーな気持ちでのスタートになりました。

特急いなほで秋田へ直行!

朝ごはんを済ませ、新潟駅に戻ってきました。
今回のトップバッターは「特急いなほ」です!

新潟と、山形県の酒田や秋田を結ぶ奥羽本線の特急列車です。

秋田までは約3時間半の長旅。

特急いなほの座席には、チケットホルダーというきっぷを差し込んでおけるところがあります。

とうげつ
とうげつ

名古屋を走るミュースカイみたいですね!

僕は指定席に座っていたので、きっぷの拝見はありませんでした。
チケットホルダーを使う意味は全くなかったわけです笑

特急いなほの乗車記はこちらからご覧ください!

秋田で名産品とコーヒーを堪能

人生初の秋田に到着しました!
いなほから降りると、少し肌寒く感じました…さすが秋田。

時刻はお昼の12時ごろ。ちょうどお腹も空いてきたので、ランチを食べに向かいました。

とうげつ
とうげつ

電車に座ってただけなのにお腹がすくって不思議ですよね…

次の電車まで3時間も空きがあったので、散策がてら改札を出ました!
ランチの場所は決まっていたので、さっそくお店へ。

秋田駅の駅ビル「トピコ」にある「秋田比内地鶏や」です!
その名の通り、比内地鶏が食べられるお店なんです。

とうげつ
とうげつ

比内地鶏っていう言葉で食欲がわく…

ここでは比内地鶏の親子丼はもちろん、田沢湖冷麺などの料理もいただけます!

せっかく来たので、比内地鶏の親子丼と田沢湖冷麺のセットと、ハタハタという魚の刺身を注文しました。

親子丼と田沢湖冷麺はもう見た目からして正解です!
文句なしでうまい!
ちなみに冷麺の上にある、海ぶどうみたいなつぶつぶはとんぶりといって、これも秋田の名物です。

味はないのですが、麺のツルツル感の中にプチプチした食感があわさっていいアクセントでした!

さて、問題はこのハタハタ。
全く味の予想がつかない…

おそろおそる口にしましたが…うまい…。

少しお酢が効いていて、少しコリコリした食感がありました!
これなら、ビールと合うな…と思いながらムシャムシャ食べました笑

秋田の名物が一度に味わえるので、ぜひ行ってみてください!

食後のコーヒーは「ブックカフェ」

ランチを堪能しましたが、16時前の特急つがるまでまだ2時間近くあります。

どこかにカフェないかな…

そう思ってGoogle先生に聞いてみたら、いい感じのカフェがあるということを教えてもらいました。

それがこちらの「赤居文庫」
名前からも想像できるように、本が読めるカフェです。


インスタグラマーにとって最高でしょう

コーヒー片手に、カウンターにある文庫本を読んで時間を潰しました。

こんな過ごし方もアリですね笑

Cafe 赤居文庫
・秋田県秋田市中通4-6-16 M`sBirudjingu1F
・営業時間 月~土11時~22時・日祝8時~21時
・リンク https://green-coffee-farm.com/akaibunko/

特急つがるで秋の東北を疾走!


どんよりした曇り空もすっかり晴れました

カフェで贅沢な時間を過ごし、いよいよ最終目的地「青森」へ向かいます!

乗るのはオレンジの特急列車「つがる」です。
15時52分発のつがる5号なのですが、秋田駅を最後に出る最後の特急です。

とうげつ
とうげつ

時間がめちゃくちゃ早い…

これ以降は全て普通列車になります。

このつがる5号に乗りまして、2時間半かけて青森へ向かいます!


すっかり秋…

9月も半ばなので、田んぼはキレイな黄金色に染まっていました。
ほとんど人が乗っていなかったので、景色を独り占めできる感覚を味わうことができました…!

青森のお土産はここがオススメ

終点の青森駅に到着しました!
時刻は19時すぎなのですが、もう終電間際かってくらいガラガラです。

ちなみに青森駅の終電まで、まだ4時間近くあります。

翌日は仕事のため、はやぶさで東京へ帰ります。
なので青森でオススメのお土産屋さんをご紹介しますね。

こちら、駅から徒歩3分くらいでいける「A-FACTORY」です!

店内は縦に長く、青森名産のリンゴを使った商品やおみやげ品がたくさん売られています。

夜は空いているのでゆっくりと見て回ることができました!
20時までやってます。

新青森から最終の東京行きはやぶさ

青森駅は改札が大きくリニューアルされまして、通路は広くキレイになっていました。(人はいないけど…)

新幹線が通っていてもおかしくないような立派さですね!
ただ、東北新幹線は青森駅を発着しているわけではなく、お隣の新青森駅を発着しています。

なので普通電車で新青森まで行く必要があるんです。

青森から新青森までは130円です。
ちなみに交通系ICが全く使えないので、きっぷを買うことをお忘れなく!

こちらが新青森から東京へ向かう最後の新幹線「はやぶさ48号」です。
東京には23時過ぎにつきます!

先ほどのA-FACTORYでリンゴジュースを購入しました。
スーパーで買うより明らかにうまい…

青森の味を堪能しながら帰る時間は最高でした。

ということで、今回の東北ぐるっと一周旅はこれにて完結です!
かなり弾丸でしたが、とても満足できる旅でした。

ぜひ特急いなほ、つがる、そして新幹線を利用した弾丸旅、皆さんもやってみてください!

それでは!

オススメ 【旅行記】バースデイきっぷで行く、夏の四国2泊3日の旅!1日目

オススメ 【旅行記】小さな旅ホリデー・パスを使った山形&宮城の旅!南東北を旅したい人必見!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

旅行記
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント