【払い戻しなるか】大幅遅れの東海道新幹線「のぞみ34号」で東京へ帰る!!

旅行記

どうもとうげつです!
先日こんなツイートをしました。

2021年10月18日、東海道新幹線が豊橋駅で人と接触した影響で大幅な遅れが出ました。

とうげつ
とうげつ

僕もその遅れに巻き込まれてしまったんです…

ということで今回は、記録としてその時の模様をお届けしていきたいと思います!

スポンサーリンク

名古屋駅は大混雑

上のツイートの通りなんですが、名古屋駅は新幹線の遅れでとんでもないことになっていました。

列車によっては4時間以上遅れてましたね…

僕が乗る予定の新幹線は「のぞみ34号東京行き」

16時59分に名古屋を出る予定でしたが、このときはまだ遥か西にいました。
このときは確か約80分遅れだったはず…

実は新幹線や特急列車って、2時間以上遅れると特急券が払い戻しになるというJRのルールがあるんです。

なのでここまで遅れてしまっているなら、いっそ2時間遅れになってくれ…という期待が芽生えていました。

のぞみ34号で東京へ向かう


一本前の「のぞみ32号」東京行き

僕が乗る一本前ののぞみ32号は、この時120分遅れ。
東京に着くころには払い戻し確定ですね!

とうげつ
とうげつ

さて、34号はどうなるでしょう…


ゴタゴタしてますが、東京へ帰ります!

ホームにも、自分が乗る新幹線を待つ人で混雑しています。
3時間くらい待ってる人もいるって考えるとちょっと気の毒ですね…

車内は満席ではありませんでしたが、9割埋まってる感じです。

多くのお客さんを乗せてのぞみ34号は、名古屋を97分遅れで出発しました!

のぞみの本気ダッシュは浜松まで

絶対にこれ以上遅らせねぇ!と言わんばかりの猛ダッシュで愛知県を脱出し、あっという間に静岡県に入りました。

しかし勢いがあったのは、浜松駅の手前まで。

浜松から先は一駅の間に新幹線が4〜5本詰まっているので、スピードを落としたり上げたりの繰り返しが始まりました。

浜松を過ぎる頃には、110分遅れになっていました。
これは可能性がある…しかしまだわかりません。

東海道新幹線は回復が本当に早いので、もしかしたらここで挽回するかもしれないんです。

まさかのひかりが先に出る

東海道新幹線は、のぞみ以外にも「ひかり」「こだま」が走っています。

のぞみが特急だとしたら、ひかりが急行、こだまが各駅停車って感じです。

そして静岡駅を過ぎる頃、前にはその「ひかり」が停車していました。
ここでひかりを止めたまま、僕が乗ってるのぞみを先に通すのかと思っていたんです。

しかしその予想は外れることに…

なんとひかりが先に出発していってしまったんです!
しかも静岡のホームにのぞみが来た瞬間にですよ!

なので静岡駅で、しばらく停車することになってしまいました…

すぐ隣にひかりがいたのですが、スーッと静岡を発車していったのには驚きましたね。

とうげつ
とうげつ

え?そっち先にだす?みたいな。

120分遅れの結果は…

ときどき巻き返したり停車したりと、色々ありましたが、結果的にボーダーの120分遅れをすぎました。

つまり、特急券の払い戻し対象です!

新富士と三島を118分遅れで通過し、停車駅である新横浜と品川には125分遅れで到着しました。

隣のホームには、すぐ後ろを追ってきた「のぞみ114号」が入ってきました。
あちらは109分遅れなので、品川駅到着の時点では特急券払い戻しの対象にはなりません。

とうげつ
とうげつ

ここまで遅れて払い戻しにならないのは、しんどいですね…

東京駅手前が大渋滞


おや、のぞみの様子が…

品川も過ぎ、東京駅までもう少し!というところでのぞみが止まってしまいました。

どうもこの先に新幹線が詰まっていて、大渋滞が発生していたんです。

とうげつ
とうげつ

品川で降りればよかった…

新幹線の位置情報を見ると

18・19番線の2本だけしか、使われていないようです。
まさかここでさらに遅れが発生…泣

一つの決断が大きな結果を生むということを身をもって実感しました笑

最終的に何分遅れだったのか

ようやく終点の東京駅に着きました!
最終的に152分遅れでの到着です。

品川をでてから東京駅に着くまで、30分近く待たされたのは予想外でしたね…

ただ、東京駅まで送り届けてくれたことには本当に感謝しています!
遅れたとはいえ、名古屋から東京まで2時間半で行けたんです。ありがたいことですよね!

2時間以上遅れた場合、みどりの窓口などで特急券の払い戻しができます。
1年以内であればいつでも払い戻しができますので、疲れていた場合は後日駅で精算してもらうといいでしょう!

ということで今回最も伝えたかったことは、「2時間以上遅れると特急料金が戻ってくる」です!

旅行の際はぜひ覚えておいてください。
それでは!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

スポンサーリンク
旅行記
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント