東武特急リバティの料金・予約方法・停車駅について解説!【実際に乗ってみた】

鉄道

今回は、東武鉄道の特急列車「Revaty(リバティ)」の特急券の購入方法、運賃などについてご紹介します!

日光・鬼怒川へはスペーシアのイメージが強いですが、リバティという特急列車も走っているんです。

日光・鬼怒川・会津方面へのお出かけされる方はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

東武特急リバティとは

リバティは、2017年にデビューした東武鉄道の特急列車です。
リバティは主に4つの名称で運行しています。

・浅草〜東武日光を結ぶ「リバティけごん」
・浅草〜鬼怒川温泉〜会津田島を結ぶ「リバティ会津」
・新藤原〜浅草を結ぶ「リバティきぬ」
・浅草〜館林を結ぶ「リバティりょうもう

なかでも「リバティ会津」は会津鉄道・野岩鉄道に乗り入れて福島県の会津地方まで走っていく長距離列車です。

他にも、東武アーバンパークライン(東武野田線)の「大宮〜春日部」「浅草〜せんげん台」などを結ぶアーバンパークライナーやスカイツリーライナーとしても活躍しています。

リバティの料金

リバティの主な料金は以下の通りです。

浅草〜東武日光 運賃1390円+特急券1470円
浅草〜鬼怒川温泉 運賃1580円+特急券1470円
浅草〜会津田島 運賃3300円+特急券2160円
浅草〜館林 運賃910円+特急券1250円

ただ、池袋や新宿などの金券ショップで東武線の株主優待券が購入できるので、運賃はもっと安く抑えることができます。
僕は株主優待を700円程で購入して日光へ行ったので、往復1200円程の節約になりました。

そしてリバティには、特急券不要で乗ることができる「特別取り扱い区間」というものがあります。

それは、下今市〜東武日光・下今市〜会津田島の区間
この区間の移動であれば、特急券は不要です。

例えば、会津田島から鬼怒川温泉へ移動する場合でも普通乗車券のみで乗ることができます。

とうげつ
とうげつ

もちろん、下今市を越えて浅草方面に乗るのであれば特急券は必須ですよ!

リバティの停車駅

リバティけごん・きぬ・あいづの停車駅は下の通りです。

浅草・とうきょうスカイツリー・北千住・春日部・東武動物公園杉戸高野台板倉東洋大前・栃木・新栃木・新鹿沼・下今市・大谷向・大桑・新高徳・小佐越・東武ワールドスクウェア・鬼怒川温泉・鬼怒川公園・新藤原・龍王峡・川治温泉・川治湯本・湯西川温泉・中三依温泉・上三依塩原温泉口・男鹿高原・会津高原尾瀬口・七ヶ岳登山口会津山村道場会津荒波中荒井会津田島

※リバティけごんは下今市を出ると東武日光(終点)に止まります

列車によって止まる駅は変わるので、一部のリバティが止まる駅は赤色にしてあります。

リバティりょうもうの停車駅は下の通りで、浅草から館林への下り列車しか走らないのが特徴です!

浅草・とうきょうスカイツリー・北千住・春日部・東武動物公園・久喜・加須・羽生・館林

リバティの特急券の予約・購入方法

リバティの特急券を購入する方法は以下の3つです。

とうげつ
とうげつ

ちなみにリバティに自由席はなく全席指定です!

①駅や窓口で買う
②インターネット購入・予約サービス
③チケットレスサービス

駅や窓口で買う

駅の自動券売機や、窓口で乗りたい列車を指定して特急券を買う方法です。

出発前までに忘れず購入しましょう。

インターネット購入・予約サービス

2つ目はオンラインで購入する方法です。
こちらは会員登録不要で、特急券を予約・購入することができます。

予約の場合はネット上で特急券の予約をし、駅の自動券売機で購入する流れです。

一方で購入の場合は、クレジットカード情報を登録するだけで特急券を持つことなくリバティに乗ることができます。

とうげつ
とうげつ

購入の場合のみ、座席表から座席指定をすることができますよ!

チケットレスサービス

こちらは会員登録ありの特急券予約サービスです。

東武ネット会員サービスに登録するので、特急券の予約はもちろん運行情報をメールで知らせてくれるサービスを行っています。

ただ、単純に特急券の予約・購入をしたいだけならインターネットサービスを使った方がラクです。

とうげつ
とうげつ

東武ネット会員サービスは、頻繁に東武の特急に乗る方向けのサービスですね!

特急リバティの車内設備

特急リバティの車内はかなり設備が充実しています。
座席は紫を基調とした落ち着いた色合いで、各座席にはコンセントが完備されている上にWi-Fiサービスもありますよ!

とうげつ
とうげつ

ブロガーをやっている身として、電車内にコンセントがあるのは嬉しいですね

浅草からのリバティに乗るなら、僕は進行方向左側の座席をオススメします。
なぜなら、都心や日光エリアの山々を存分に楽しめるからです。

東京スカイツリーも、北千住から並走する常磐線も、栃木駅を過ぎてからの田園風景も日光の大谷川も左側から一望することができます。

YouTubeでも、進行方向左側の座席に座って撮影しているのでぜひご覧ください!
この記事の下にリンクを貼っています!

2号車と5号車にはお手洗いもあります。しっかりバリアフリー対応もされていますよ!

東武のおトクなフリーパスは超オススメ!

スペーシアと同じく、リバティに乗れば日光・鬼怒川方面へ旅行することができます。

そんな東武鉄道では日光・鬼怒川エリアで使えるおトクなフリーパス、一日券を販売しています!
以下の記事でまとめてご紹介しているのでぜひご覧ください!

とうげつ
とうげつ

もちろん、日光・鬼怒川以外のエリアでも使えるフリーパスも多数ありますよ!

また、日光・鬼怒川温泉方面へ遊びに行かれるなら遊びの予約のサイト「asoview!(アソビュー)」をご覧になってみてください。

中禅寺湖でのカヌーであったり、そこでしかできない体験や遊びをおトクに楽しむことができますよ。

リバティに乗ってみた

今回ご紹介した特急リバティに実際に乗ってきました。
その時の様子はYouTubeで発信していますので、ぜひこちらもご覧ください!

【終点手前で切り離す】東武特急リバティけごんに乗ってきた!(浅草→東武日光)

オススメ 特急スペーシアにお得に乗るコツとは?予約方法・料金・停車駅まで解説!

オススメ あの赤い列車は何?特急りょうもうの料金や特急券の買い方を解説!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント