特急しおかぜグリーン車の乗車レポート!広々シートで夏の瀬戸内海をひとり占め!!

鉄道

どうもとうげつです!

今回は愛媛県の松山と岡山を結ぶ、特急しおかぜの乗車レポートを書いていきます。

特急しおかぜは、四国旅行で必ず利用することになると言っても過言ではありません!

高速で四国をかけ抜ける特急列車、ぜひ乗ってみてくださーい。

スポンサーリンク

まさかのアンパンマン列車

しおかぜ10号で松山から途中の多度津というところまで乗っていきます。
乗ってる時間は大体2時間です。

駅で列車を待っていると、なんとアンパンマンラッピングのしおかぜが来ました。

アンパンマンしおかぜの時刻表は公式で発表されていることは知っていたのですが、まさか今回乗るしおかぜがアンパンマンなのは予想外でした笑

正義のヒーローなんで、心なしか頼もしく見えますね!
無事故で多度津まで乗せてくれそう。

「アンパンマン」や「てんどんまん」とかはわかります。
ただカバオくんの左3人と右隣の方は、名前がわかりません…ごめん…


グリーン車

僕が乗るグリーン車は1号車で、岡山方面では一番後ろの車両になります。
1号車の半分はこのグリーン車で、仕切りをはさんでもう半分はアンパンマンのシートになっています!


かわいいですね!(座りたいとは言っていない)

こっちは普通の指定席なので、乗車券と指定席券で乗れます。

とうげつ
とうげつ

そのほかの車両は一般的なシートなので、ご安心ください!

しおかぜのグリーン車は広々してる

今回乗った特急しおかぜは、顔がシャープな8000系という車両です。
残念ながらスマホ充電用のコンセントはないのですが、シートは広々として快適ですよ!

というか、瀬戸内海の海景色を見ていればあっという間に時間は過ぎるので、スマホなんていじる必要ないかもしれません…!

ここに座りながら、高速で流れる海景色を堪能してみてください。

瀬戸内海沿いを快走する特急しおかぜ

ぼく、アンパンマン!!!!

アンパンマンの元気なアナウンスを聞きながら、松山駅を出発しました。

松山を出たしおかぜ10号は、約3時間かけて岡山へ向かいます。

特急しおかぜが走る予讃線は、瀬戸内海沿いを走る路線です!
なので海が一望できる区間が多くあります。

とうげつ
とうげつ

個人的に一番よく見えたのは、詫間〜海岸寺の間です!

特急しおかぜの最高速度は時速130キロ。
そんなスピードで瀬戸内海沿いを走っていくので、めちゃくちゃ爽快です!

もちろん内陸に進み、緑がキレイな畑の中を走る区間もあります。
これ外から見れば、アンパンマンが畑の中を爆走してるってことですよね。

そう考えるとちょっと面白い…笑

列車交換をすることがある


通過するはずの箕浦駅で停車しました

予讃線はほとんどの区間が、線路が一本しかない単線です。
なので電車同士の入れ替えのため、通過駅で止まることがよく起こります。

アンパンマンことしおかぜ10号は、箕浦駅で松山へ行くしおかぜと入れ替えをしました。
あっちのしおかぜは止まることなく通過。

とうげつ
とうげつ

線路を譲るために止まってあげる優しさ、さすがアンパンマン!

…ちなみに松山方面のしおかぜに乗ると、石鎚山駅で入れ替えをすることもあります。

年に2回しか開かない駅「津島ノ宮駅」


ゼルダの伝説に出てきそうな小島が見えてきた

川之江駅を出てしばらく行くと、海の上にポツンと神社が見えてきます。

あれは津島ノ宮神社といって、毎年8月4・5日の年に2度しか入れない神社なんです。
大昔、この辺りの子どもたちと牛馬を疫病から守ったとされている、由緒ある神社なんだそう。

そしてその津島ノ宮神社にいける日に合わせて、JR四国では津島ノ宮駅という臨時の駅をあけます。

年に2度しか開かない駅、しおかぜに乗ると一瞬ですが一度見てみてください!

アンパンマンは岡山・高松へ

目的地の多度津駅に到着しました!

アンパ…いや特急しおかぜは、この後瀬戸大橋を渡って岡山へ向かいます。
今回乗った特急しおかぜには、特急いしづちという別の特急列車がつながっていました。

とうげつ
とうげつ

特急いしづちは、この後高松へ向かいます!

多度津の3駅先、宇多津駅で切り離しをしますよ。


ありがとうアンパンマン!バイバイキーン

この後、多度津から観光列車「四国まんなか千年ものがたり」に乗ってきました。
以下のリンクからどうぞご覧ください!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント