TJライナーの乗り方ガイドライン!料金や停車駅、指定券の予約方法までわかりやすく解説!

鉄道

この記事では、東武東上線を走る「TJライナー」の座席指定券の予約方法、料金などをまとめてわかりやすくご紹介します!

池袋から川越方面に帰るという方や、ラッシュの時間帯を避けたいと思っている方にTJライナーはピッタリですので、ぜひご覧ください。

とうげつ
とうげつ

これを読めばTJライナーに乗る時にあれこれ迷いませんよ!

スポンサーリンク

TJライナーは本数が充実している

TJライナーは、朝や夕方のラッシュ時間帯に東武東上線を走る列車です。

平日は小川町から朝に2本池袋から夜に14本のTJライナーがでていて、土休日にも池袋から夜に11本が出発していきます。

とうげつ
とうげつ

全席指定なので、座席指定券がないと乗れませんよ!

ただし夕方以降のTJライナーは、ふじみ野より先の駅から座席指定券ナシで乗れます!

TJライナーの停車駅

TJライナーの停車駅は「池袋・ふじみ野・川越・川越市(※)・坂戸・東松山・森林公園・つきのわ・武蔵嵐山・小川町」です。

とうげつ
とうげつ

※上りのTJライナー(池袋方面)は、川越市には止まりません!

池袋とふじみ野の間は16もの駅があるのですが、全て通過していくのでちょこっとだけ優越感を感じることができますよ笑

平日の朝は、2本のTJライナーが走っています。

「TJライナー2号森林公園(6:11)→池袋(7:05)」

「TJライナー4号森林公園(8:18)→池袋(9:11)」

そして帰宅ラッシュの時間帯は、池袋17:30発の「TJライナー1号」を最初に、深夜0時まで30分おきに出ています。※23時半と0時ちょうどのTJライナーだけは森林公園止まり

土休日は下り(川越方面)のみ運転されていて、17時発の「TJライナー1号」を最初に17時~22時まで30分ごとに池袋から出ています。こちらは全部小川町行きです。

2021年春からTJライナーが増発

2021年3月13日から、朝の上りTJライナー(池袋方面)が2本増発されます!
現在走っている、TJライナー2号と4号の間に2本が増える形になります。

停車駅は変わらず「森林公園・東松山・坂戸・川越・ふじみ野・池袋」だそうです。
3月からのTJライナーの時刻表はこうなります!

「TJライナー2号 森林公園(6:11)→池袋(7:05)」

「新TJライナー 森林公園(6:27)→池袋(7:26)」
「新TJライナー 森林公園(7:52)→池袋(8:49)」

「TJライナー4号 森林公園(8:18)→池袋(9:11)」

下りのTJライナーは、特に変更ないそうです。

TJライナーの料金

TJライナーの座席指定券の料金は、以下の通りです。

・TJライナー上り(池袋行き) 大人470円・子ども240円
※ふじみ野から乗る場合は大人370円・子ども190円です

・TJライナー下り(小川町・森林公園行き) 大人370円・子ども190円

ふじみ野から下りのTJライナーに乗る人は、座席指定券ナシで乗ることができますよ!

乗車券も含めて、TJライナーの料金をまとめてみました!
運賃は交通系ICカードで乗った場合の値段にしていますので、参考にしてみてください。

・池袋→川越 IC471円+座席指定券370円
・池袋→坂戸 IC597円+座席指定券370円
池袋→小川町 IC817円+座席指定券370円
・小川町→池袋 IC817円+座席指定券470円
・坂戸→池袋 IC597円+座席指定券470円
・川越→池袋 IC471円+座席指定券470円

TJライナーの予約・購入方法

TJライナーの座席指定券の取り方は「自動券売機で購入」か「東武ネット会員サービスから購入」の2パターンがあります。

とうげつ
とうげつ

それぞれ解説していきます!

自動券売機で購入

TJライナーの座席指定券は東上線の駅(北池袋〜鶴瀬・寄居を除く)越生線の各駅の自動券売機で購入することができます!

上りの池袋行きは乗車日の前日から、下りの森林公園行きと小川町行きは乗車する当日のみ購入が可能です。

ちょっと前まで座席指定ができなかったのですが、先日乗ったら自動券売機でも座席の指定ができるようになっていました。

とうげつ
とうげつ

TJライナーによく乗る人以外は、自動券売機で十分だと思いますよ!

余談ですが、窓からの景色を楽しみたい方は3列の真ん中の窓側をとることをオススメします。
上の画像で言うところの5・8・11列目の窓側ですね。

それ以外の席だとちょっと見えづらくなります。

東武のネット会員サービスから予約・購入

「東武ネット会員サービス」で会員登録をすると、クレジットカード決済でTJライナーの座席指定券を取ることができます!

こちらも座席指定をすることが可能で、チケットレスで乗ることができます。
チケットは、乗車する日1週間前の朝4:50から買うことができます!

また、東武のクレジットカードで座席指定券の購入をすると、web上で東武グループで使えるお買い物券に交換できるポイントも貯まっていきます。

TJライナーにはQRコードで乗る

券売機や「東武ネット会員サービス」でTJライナーの座席指定券を購入したら、あとは指定した列車に乗るだけです!

上り(池袋行き)のTJライナーは、駅員さんに座席指定券やスマホにあるQRコードを読み取ってもらうと乗ることができます。

下り(小川町・森林公園行き)のTJライナーは、池袋駅5番線(TJライナー専用ホーム)の入り口にある「QRコード読み取り機」にかざして乗ります!

TJライナーの車内はこんな感じ

TJライナーの車内はこんな感じで、クロスシートになっています。

座席指定券に書いてある席と、網棚のポールに書いてある表示が一緒かどうかを確認してから座りましょう!

とうげつ
とうげつ

便利なTJライナーですが、充電用のコンセントがありません

シートも倒せないので、座席のスペックは他の鉄道のライナーに比べると微妙なところです。
しかし川越まで30分ほどですし、小川町も60分で走りきってしまうのでそこまで気になりません!

YouTubeでは、TJライナーに乗ってきた動画をアップしていますのでぜひご覧ください!

【シャトルラン】東武東上線の高速列車「TJライナー」に乗ってみた

TJライナーに乗って温泉にいくのもあり

画像 おがわ温泉 花和楽の湯

車内では本を読んだり、ゆったりと座席に座ることが約束されているので、快適な移動のためにTJライナーに乗ってみてはいかがでしょうか?

終点の小川町には花和楽の湯」という雰囲気の良い温泉があります。
金曜の夜にでもTJライナーに乗って、日ごろの疲れを癒しに行ってみてはいかがでしょうか?

花和楽の湯については、以下の記事でご紹介していますのでぜひご覧ください!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント