特急ふじさん乗車レポート!車窓から見られる景色や走るルートをご紹介

鉄道

どうもとうげつです!
さて今回は、小田急線とJR東海の御殿場線を走る「特急ふじさん」の乗車レポートをお届けしていこうと思います!

新宿〜御殿場を結んでいて、箱根に行かないちょっと変わったロマンスカーです。

それでは御殿場まで乗って行きましょう!

スポンサーリンク

特急ふじさんは青いロマンスカー「MSE」

今回乗るのは「ふじさん3号 御殿場行き」です。
土曜日の昼下がりだったので、お客さんがたくさんいました。

特急ふじさんとして走るロマンスカーは、全て青いロマンスカー「MSE」が走っています。

特急ふじさんは、以前は「あさぎり」という名前で、御殿場より少し先の沼津まで走っていた時代もありました。

2018年に「ふじさん」に名前が変わったので、あさぎりって聞いたことがある方も多いんじゃないでしょうか?


天井が高く開放的

特急ふじさんには、自動販売機はありますが車内販売はありません。
飲み物、食べ物は駅の売店で買うようにしましょう!

御殿場まで乗らない人も多い

特急ふじさん3号は新宿を出ると、新百合ヶ丘・相模大野・本厚木・秦野・松田・駿河小山・御殿場に止まります。

特急ふじさん3号は、一部のふじさんしか止まらない「駿河小山するがおやま」に止まる列車です。

新宿から御殿場までは約1時間40分でいけます。

特急ふじさんに乗る人って、ほとんどが御殿場まで乗って行くものだと思っていました。

しかし新百合ヶ丘や本厚木で続々と降りていくお客さんも多く、必ずしも御殿場へお出かけする人専用列車になっていなかったのは意外でした。

海老名駅手前では、相鉄線との並走を見ることができました!
タイミングが良ければ見れますので、小田急と相鉄のバトルをぜひ眺めてみてください。

小田急からJR東海の線路へ


新松田駅手前では富士山がお出迎え!

小田急線には新松田駅がありますが、特急ふじさんが止まるのはJR御殿場線の「松田駅」です。

ただ松田は、新松田のすぐ目の前にある駅なので同じ駅といってもいいでしょう!


黄色くなっているのは、僕のスマホカバーです…見えにくくてすいません

新松田駅手前で、連絡線を使って小田急からJR東海の線路へ入っていきます。

とうげつ
とうげつ

この線路を松田連絡線と言います!


帰りに松田駅で撮りました

外から見るとこんな感じ↑
ここを全ての特急ふじさんが通っていきます。


JR東海の駅票が見えますね

松田駅に到着しました。
出発までは7〜8分停車していたので、一度外に出て空気を吸うのもいいですね!


一部のロマンスカーしか止まらない駿河小山

松田を出ると駿河小山に止まります。
ただ、ここで降りた人は一人もいませんでした…。

御殿場駅手前では、車窓から再び富士山が見られます。
松田で見た時よりも、雄大な富士山を拝むことができますよ!

御殿場名物の改札行列

終点の御殿場に到着しました。
JR東海の駅に小田急がいるという、不思議な景色が広がっていました笑

ここから無料バスで、御殿場のアウトレットまで行くこともできます!

そしてこの御殿場駅ですが、小田急線内から特急ふじさんに乗ってきた人は自動改札を通ることができないんです。

もう一度いいますね。

自動改札を通ることができないんです。

じゃあどうやって出ればいいのか?
改札横の駅員さんがいる窓口で精算しないといけないんです。

御殿場駅はJR東海の駅で、SuicaやPASMOを使うことができないんです。

JR東日本の駅から乗ってきた人は自動精算機を使うことができますが、小田急線内から乗ってきた人は駅員さんのいる窓口に並ばないといけません。

乗車券(紙のきっぷ)を持っていたとしても窓口で精算をしないといけないので、どちらにせよ小田急線から来た人は窓口に行かないといけないんです…。(なんてこった)


全員特急ふじさんに乗ってたお客さんです

しかも窓口は一つしかないので、ご覧の通り行列ができます。

とうげつ
とうげつ

駅員さんも大変そうです…

ということで、特急ふじさんの乗車レポートをお届けしてきました!

渋滞知らずで快適に御殿場まで行けますので、一度乗って見てください!

コメント