京急「ウイング号」の乗り方は?予約方法、料金、安く乗る方法まで徹底解説!!

鉄道

今回は、品川を出ると29駅も飛ばす電車、京急「ウイング号」についてご紹介します!

通勤・通学の足として活躍しているこのウイング号の料金や予約方法、止まる駅、安く乗る方法についてわかりやすく解説していきます!

スポンサーリンク

ウイング号とは

京急が運行する速達電車で、朝の「モーニング・ウイング号」と夜の「イヴニング・ウイング号」の2種類があります。運行は平日のみです!

朝のモーニング・ウイング号は2本だけ三浦海岸から出ていて、ウイング1号は品川まで、ウイング2号は泉岳寺まで走っています。

一方で夜のイヴニング・ウイング号は、品川駅18:45発を境に23:00まで20〜30分おき、全部で11本の列車が走っています。

とうげつ
とうげつ

行き先は京急久里浜か三崎口のみです!

「ウイング号」は、乗車券のほかにWing Ticket(ウイングチケット)という座席指定券が必要になるので、必ず座ることができるのが大きな特徴です。

ウイング号の停車駅

ウイング号の停車駅は以下の通りです。

モーニング・ウイング号の停車駅
三浦海岸→横須賀中央→金沢文庫→上大岡→品川→(泉岳寺)

イヴニング・ウイング号の停車駅
品川→上大岡→金沢文庫→金沢八景→横須賀中央→堀ノ内→新大津→北久里浜→京急久里浜→YRP野比→京急長沢→津久井浜→三浦海岸→三崎口

とうげつ
とうげつ

ウイング号は品川〜上大岡をノンストップで駆け抜けます。つまり29駅も飛ばし、横浜にも止まりません!

ウイング号は上大岡から先、Wing Ticketがなくてもウイング号に乗ることができます。

わかりやすい!京王ライナーの料金・座席指定券の購入方法【乗車レポートつき】の京王ライナーと同じで、途中駅からは普通運賃だけで乗ることができます

300円払って29駅も止まらずに運んでくれるなら安いものです。

ウイング号の料金

ウイング号のWing Ticketは一律300円なので、運賃+300円という計算になります。
主な駅への料金は以下です!

・品川〜上大岡 IC430円+300円

・品川〜金沢文庫 IC492円+300円

・品川〜横須賀中央 IC650円+300円

・品川〜京急久里浜 IC796円+300円

・泉岳寺・品川〜三浦海岸 IC870円+300円

・品川〜三崎口 IC943円+300円

ウイング号の乗り方

ウイング号に乗るためにはまずWing Ticketの購入が必要で、これがないと乗れません。

Wing Ticketの購入方法は2通りあります。

①駅のWing Ticket 発売機
②京急の予約サイト「KQuick」

Wing Ticket 発売機で購入する

駅のWing Ticket 発売機は、当日分のみの発売です。
モーニング・ウイング号なら三浦海岸、横須賀中央、金沢文庫、上大岡に設置されています。

とうげつ
とうげつ

当日5:30から発車1分前までに購入することができます!

そしてイヴニング・ウイング号は品川駅にのみWing Ticket 発売機が置いてあります。

乗車当日のみの発売で、発車2分前まで購入できます。
ホームに置いてあるので、買ってすぐに乗ることもできますよ!

「KQuick」で購入する

KQuickは、会員登録をして乗りたい電車を指定するとWing Ticketが発行されるサービスです。
チケットといっても、スマートフォンの画面上にQRコードが表示されます。

モーニング・ウイング号は乗車6日前の朝4:30~発車する1分前まで、イヴニング・ウイング号は乗車当日の4:30~発車する1分前まで購入することができますよ。

KQuickのメリットは座席指定ができることです!
直前に購入すれば、隣に誰も座らない空間を作ることも可能です

とうげつ
とうげつ

混雑してたら…諦めましょう笑

スマホでもきっぷでもWing TicketにはQRコードがついているので、乗る際にそれを駅員さんに見せたら乗れます。

乗車したら、指定された席に座りましょう。

ウイング号に安く乗るには?

ウイング号におトクに乗るには乗車券を金券ショップで買う以外に方法がありません。というのもWing Ticket自体を安く手に入れる方法がないからです。

品川駅にはアクセスチケットなどの金券ショップがいくつかあるので、そこで乗車券を変えば通常よりも安くすることができます。

京急沿線の温泉

ウイング号に乗るなら、きっとお仕事でお疲れの方もいると思います。

ここでは、京急線沿線にある行ってみてほしい温泉を2つご紹介します。

みうら湯 弘明寺

1つ目は上大岡駅のお隣、弘明寺駅から徒歩7分ほどにある「みうら湯」

黒湯の天然温泉があり、14種類ものお風呂が楽しめる銭湯です。
入館料は820円で、バスタオルやフェイスタオルを購入することもできます(バスタオルはレンタルも可)

駅からの経路もわかりやすく説明されているので、迷うことなく行くことができます!

しかも、このみうら湯は京急の「弘明寺みうら湯きっぷ」でおトクに利用することもできるので、日帰り温泉として行くのもいいですね。

以前こちらの温泉にお邪魔したんですが、お肌がすべすべになって帰ってきました笑

スタッフさんの対応も良く、心地良い時間を過ごすことができますよ!

横須賀温泉 湯楽の里

横須賀温泉 湯楽の里

続いては馬堀海岸駅から徒歩10分ほどのところにある「横須賀温泉 湯楽の里」です!

馬堀海岸駅へは京急ウイング号で堀ノ内まで行き、浦賀行きの各駅停車で2駅目です。

とうげつ
とうげつ

東京湾を一望できる開放的な露天風呂が魅力です。塩分濃度が高く、保温効果もある温泉なので冬場なんかに行くのはアリですね

入館料1080円で、バスタオルとフェイスタオルのレンタルがついてきます。
何も持っていく必要がないのは嬉しいですね!

京急ウイング号はとてもきっぷが取りやすく方法もシンプルで、どんどん駅を通過していく様子を眺めるのはなかなか楽しいものです。

ノンストップで29駅を通過するウイング号、利用してみてはいかがでしょう?

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント