「新幹線eチケット」の使い方をご紹介!【トクだ値はチケットレスになった】

きっぷ・カード

今回はJR東日本の新幹線にチケットレスで乗れる「新幹線eチケット」の使い方と特徴についてご紹介していきます。

新幹線eチケットは、えきねっとから新幹線を予約した場合に必要になります。

自動券売機に行くことなく新幹線に乗れてしまうので、ぜひ利用してみてください!

スポンサーリンク

新幹線eチケットの使い方

新幹線eチケットは、スマホやパソコンの予約サービス「えきねっと」「e5489」から利用が可能です。

えきねっとはJR東日本の予約サービスで、e5489はJR西日本のネット予約サービスです。
使い方をざっくりまとめるとこんな感じです。↓

①えきねっと・e5489で会員登録
②交通系ICカードを登録(SuicaとかICOCAなど)
③乗りたい新幹線の自由席や指定席を予約
④後は改札機にタッチして新幹線に乗るだけ

交通系ICカードはモバイルSuicaに加えて、Suica等の10種類のカードが使えます。

とうげつ
とうげつ

よっぽどマイナーなカードでない限り使えます!

JR東日本の新幹線は全線で利用できますが、JR西日本で新幹線eチケットが利用できるのは、北陸新幹線の金沢〜上越妙高だけです。

理由は北陸新幹線は「東京〜上越妙高」はJR東日本のエリアで、「上越妙高〜金沢」はJR西日本のエリアだからです。

とうげつ
とうげつ

東京〜上越妙高までしか使えなかったらかなり不便ですよね…

新幹線eチケットは乗る駅から適用される

新幹線eチケットは、新幹線に乗る駅から適用されます

例えば新宿駅から東新潟駅に行くとしましょう。
その場合こうなります。

新宿→東京 別で購入
東京→新潟 上越新幹線(新幹線eチケット)
新潟→東新潟 別で購入

新幹線によく乗る方なら、こう思ったと思います。

新幹線に乗るなら、山手線内は同じ駅の扱いだから新宿→東京の運賃はいらないんじゃないの?

たしかに紙のきっぷであればそうなんですが、新幹線eチケットは例外でして、新幹線以外の区間は別で買うことになるんです。

それを見こして、新幹線eチケットは購入時点で200円引きされるようになっています。

もちろんICカードに残高が残っているなら、きっぷを買わずにそのまま利用できます。

新幹線のえきねっとトクだ値はチケットレスになった

JR東日本のえきねっとには、大きく分けて3つの早割があるのをご存知でしょうか?

・えきねっとトクだ値(5%〜15%引き)
・お先にトクだ値(30%〜40%引き)
・お先にトクだ値スペシャル(50%引き)

乗車券+指定席がおトクになる割引サービスですが、これらはチケットレスになりました。

とうげつ
とうげつ

ちょっと前までは、ネットで予約した後に自動券売機で発券していたんですけどね…

これらの割引サービスも、交通系ICカードで乗ることが可能です。

「えきねっとで新幹線の予約→えきねっとで交通系ICの登録→登録したICカードで乗る」
たったの3ステップで乗れますよ!

新幹線eチケットQ&A

Q.変更・払い戻しはできるの?
A.できます。使用開始の4分前まで可能で、払い戻しの場合は手数料320円かかります。

 

Q.紙で発券はできないの?
A.一応できます。新幹線がとまる駅に「座席票発行機」という緑の機械があるので、そこから発行が可能です。


座席表発行機(改札の中にあります)

登録したICカードをタッチすれば、ペラペラ紙の座席票が手に入ります。


座席表

Q.支払い方法は?
A.予約・購入はクレジットカードのみです。

新幹線eチケットでラクになった

新幹線eチケットが始まったことにより、わざわざ窓口に並んできっぷを買う必要がなくなりました。

タッチ一つで乗れるようになり、超ラクです。
新幹線eチケットが使える新幹線については、別記事でそれぞれご紹介しているのでご覧ください。

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

きっぷ・カード
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント