「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」宿泊記!スタンダードツインのお部屋をご紹介!

旅行スポット

今回は、大阪北浜にあるホテル「ザ・ロイヤルパークキャンバス 大阪北浜」の宿泊記をお届けします!

とてもオシャレなホテルでしたので、大阪で一泊を考えている方に向けてご紹介したいと思います!

とうげつ
とうげつ

前置きはこれくらいにして、さっそくご覧ください!

スポンサーリンク

北浜駅直結のエキチカホテル!

こちらがホテルの外観。オシャレですね!

1階にはファミマやカフェ、北浜駅の出入り口もあってとても便利な場所です!


クラブ…?

フロントは2階にあるので、エレベーターで上がりましょう!

こちらがフロントです。
キラキラすぎて、クラブに来たのかと勘違いしちゃうほどです…笑


アメニティとカードキー

チェックインをしたら客室へ向かうわけですが、アメニティ類をここで持っていく必要があります!

部屋には歯ブラシはありますので、それ以外のアメニティは持っていきましょう!

カミソリは女性と男性用がありますし、化粧水や乳液、メイク落としがセットになったものもあり、女性にも優しいホテルです。

それでは遊び心があるデザインのカードキーで、お部屋へ行きましょう!

客室「スタンダードツイン」のご紹介


はい、オシャレ

こちらが今回泊まった「スタンダードツイン」というお部屋です!

とうげつ
とうげつ

壁が黄緑のホテルは初めて…

ベッドからは2匹のライオンがお出迎えです。(ちょっと怖いけど…笑)

2人用ですが、1人でも宿泊することが可能です!
一休.comから5500円で予約できたので、とてもリーズナブルでした。

玄関先にはスリッパや靴べら、靴の泥を落とすブラシなどがあります。
この日は神戸の摩耶山に登ったので、ブラシはとても重宝しました!

こちらがトイレと洗面所。
バスタオルやフェイスタオル、歯ブラシやドライヤーなどは揃っています!

洗面台のすぐ隣には、シャワーがあります!
こんなにカラフルなタイルが埋め込まれたシャワールームは初めてです…笑

ロイヤルパークキャンバスには、宿泊者用にルームウエアが用意されています。
上と下が分かれているので、バスローブのような服ではありません。

これだけ揃っていると、手ぶらで大阪観光に来ても問題ないですね。
僕は常備薬と自前の目薬くらいしか使いませんでした。

キラキラした「CANVASラウンジ」


なにここ…

2階のフロント横には「CANVASラウンジ」という宿泊者用ラウンジがあります!
夜はバーとして、朝は朝食が食べられるスペースとして使われています。

コーヒーや抹茶ラテ、ココアなどのドリンクが飲み放題だし、コーヒーはハンドドリップで作れるものもあります!

そしてなんといっても、宿泊者限定でハイボールやワインが無料!
18時〜20時の間、ラウンジのカウンターで注文すれば何杯でも飲めます。


全国のインスタグラマーさん達、いかがでしょうか?

くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください!
ちなみに僕は大人なので、ハイボールとハードシードルを1杯ずつだけ飲みました。

朝食プランでオシャレな朝


おはようございます

夜が明けて、カーテンを開けると北浜の街が広がっていました。
オフィス街なので、ビルばっかりです笑

今回は朝食ありのプランなので、再びCANVASラウンジに行って朝ごはんを食べます!

朝ごはんは贅沢にビュッフェ形式!
ビニール手袋をつけて、好きな食べ物を取りましょう!

昨晩コーヒーが置かれていた場所には、カレーやフォー、ベーコンやスクランブルエッグなどに入れ替わっていました。

もちろんご飯だけでなくパンも用意されていますよ!

最初はお野菜メインでいただきました!
やっぱりこういう時にしか、しっかり野菜を食べる機会がないのでありがたい…!

おかわりで、しっかりベーコンや卵などもいただきました!
食パンやクロワッサンは、トーストして食べるとびっくりするくらい美味しくなるのでぜひお試しください!


夜とはまた違った雰囲気ですね

朝食をぺろっと平らげて、いよいよチェックアウトです!

宿泊者用の無料のドリンクは、テイクアウトが可能です。
チェックアウト前に一ついただいてきました!

5500円でこんな素敵なホテルに泊まれるので、大阪へお越しの際は検討してみてください!

それでは、僕はこれから京阪電車で京都へ向かいます!旅行記は近いうちにアップ予定です!

ザ・ロイヤルパークキャンバス大阪北浜の予約

ザ・ロイヤルパークキャンバス大阪北浜は、各ホテル予約サイトから予約が可能です。

僕は今回一休.comから予約しました!

定期的におトクなタイムセールをやっているので、チェックしてみてください!

このタイムセールを利用して、僕は5500円で宿泊できました。

 

コメント