【乗車記】新宿さざなみで館山へ!臨時の特急列車で快適に内房へいこう

鉄道

今回は、新宿〜館山を結ぶ房総特急「新宿さざなみ」の乗車レポートをお届けします!

「新宿さざなみ」は、夏や秋などの行楽シーズンに走る臨時の特急列車です!

この列車に乗って館山まで乗り通してきました。

一体どのような列車なのか、乗りながらご紹介していきます!
それでは館山まで行きましょう!

料金についてはこちら!

スポンサーリンク

新宿さざなみはどこから発車する?

スタートの新宿駅にきました。
新宿さざなみはどこから出発するのかというと、「新宿駅7番線ホーム」です!

とうげつ
とうげつ

中央線の東京行きが来るホームです!

新宿駅には、特急あずさやかいじが発着する特急ホームもあるので、間違えないようにしてくださいね。

こちらが今回の主役「新宿さざなみ3号」です。

普段は10両編成が入る新宿駅のホームに、5両編成の短い列車が止まっていました。


まだ人がいないタイミングで撮影

鉄道ファンらしき人は全然おらず、むしろ観光で館山方面へ行くであろう人たちばかりが乗っていました。

僕が利用した3号車は、新宿の時点で6割くらい埋まってました。

錦糸町まであみだくじのように走る

新宿を出ると、秋葉原・錦糸町・船橋・津田沼・千葉・蘇我・五井・木更津・君津・浜金谷・保田ほた・岩井・富浦・館山に止まります。

実は新宿さざなみは、錦糸町までの間に線路をコロコロ変えて走っていくんです。
まず新宿から通過駅の御茶ノ水までは、中央線の線路を走っていきます!


御茶ノ水手前

御茶ノ水の手前からは、今度は黄色い総武線が走る線路にチェンジ。

実際に動画を撮ったのでご覧ください!↓


錦糸町駅は、総武快速線のホームに止まる

そして今度は錦糸町に着く前に、総武快速線の線路へ移動してからホームへ入っていきます。

とうげつ
とうげつ

新宿さざなみって、あみだくじのように走るんですよ!


すっかり晴れてお出かけ日和

祝日でかつ、感染者数が激減、そしてこの秋晴れ。
出かけない方が難しいですよね笑

車内はこれから行く場所の話などで、楽しそうにしてる家族連れやグループが多くいました。

とうげつ
とうげつ

これぞ休日って感じでした!

のどかな内房線沿いをひた走る


五井駅から出るローカル線「小湊鉄道」

蘇我を過ぎると、内房線に入ります。
この辺りから、少しずつのどかな景色に変わっていきます!

巌根いわね駅手前で、奥の高速道路とクロスします。

これは東京湾アクアラインへ続く連絡道です。
都内と千葉の房総半島を結ぶ高速バスは、ほぼ必ずココを通っていく重要な道です!

チーバ君の下腹部にあたる街「君津」までやってきました。
この君津まで、横須賀線に直通する15両の電車が走ってきます。

君津から先は、線路が一本になる単線区間を走っていきますよ!

東京湾を横目に房総半島をひたすら下る!

内房線は、東京湾が一望できる路線なんです。
上総湊かずさみなと浜金谷はまかなやの区間はとくに景色がいいのでオススメ!

東京湾って想像以上にキレイだな…って景色を楽しんでいるうちに、停車駅の浜金谷に到着します。

ここは千葉の観光スポット「鋸山のこぎりやま」の最寄駅です。
さらに、東京湾フェリーが来る金谷港もここから歩いていけます。

とうげつ
とうげつ

対岸にある神奈川県の久里浜までフェリーでいけますよ!

この浜金谷を過ぎれば、停車駅がグッと増えます。
保田・岩井・富浦と、夏は海水浴客で賑わう駅に止まって館山へ向かいます。

新宿から2時間10分で、終点の館山に到着しました!

館山は千葉県内でも有数のリゾート地なので、駅前はヤシの木が並び、駅舎もリゾートらしい雰囲気になっています。


たしかにリゾート地に来た感じがめっちゃする

館山駅は関東の駅百選に選ばれていて、到着した人はみんな駅舎の写真を撮っていました。

関東の駅百選は、他にも駅から出られない海芝浦駅も選ばれています。
以前行ってきたので、気になる方はどうぞ!↓

都心から館山まで一本で来れるのは、この「新宿さざなみ」だけです。

館山や鋸山などの内房におでかけの際は、ぜひ利用してみてください!

新宿さざなみはえきねっとで購入しよう

今回の運賃ですが、新宿〜館山まで乗ってなんと2510円でした。

とうげつ
とうげつ

これは通常料金の4割引きの値段です!

なぜ割引になったのかというと、JR東日本の予約サイト「えきねっと」からきっぷを購入したからです。

乗車前日までにえきねっとで購入すれば、4割引きになりますよ!

高速バスとほとんど同じ値段になるので、新宿さざなみに乗るならネット予約を強くオススメします!

高速バスはこちら! 東京〜館山を結ぶ高速バス「なのはな号」を解説!おトクに乗るなら早割を使うべき

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

スポンサーリンク
鉄道
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント