スキー場まで徒歩0分!ホテルグリーンプラザ上越を利用してみての感想!

旅行スポット

今回は、上越国際スキー場を目の前に構えるホテルグリーンプラザ上越を利用されていただいたのでホテルの感想と、チェックインからスキー場へ行くまでの手順をご紹介します

上越でスキーを楽しみたい方、東京から行きやすいスキー場をお探しの方にはぜひ読んでいただきたいです

スポンサーリンク

ホテルグリーンプラザ上越へのチェックイン

東京からおよそ1時間、越後湯沢からの無料送迎バスに揺られること25分、スノボをしにこのホテルを利用させていただきました!

訪れたのは春休みの平日

そのため、僕と同じくスキーやスノボをするために来た学生さんが多かったです

館内はヨーロピアンなテイストの内装で、オシャレな造りでした。

夜に撮影しました。左手にフロントがあります

まずチェックインをするのですが、僕らが行ったときは前に1組だけだったので、5分も待たずにチェックインをすることができました。

とうげつ
とうげつ

ただ、1組にかける時間が長いうえに空いているカウンターが2つだけだったので、これが5組10組となると時間がかかるだろうと思います

その証拠に、混んでるときの列をまとめるであろうポールが数十本の束になって柱の隣に置かれていました笑

ゲレンデへ行くまでの手順

ホテルに到着したのは12時前。

チェックインはできたのですが、ルームキーをもらえるのは15時以降とのことだったので、それまではクロークに荷物を預けることになります!

しかし、スノーボードやウエアをレンタルしていた場合、クロークに荷物を預ける前にそれらを受けとることをオススメします!

理由は簡単、先にクロークに荷物を預けても、ウエアに着替えた後に来ていた服を預けるためにクロークにいくという二度手間を省けるからです。

なので、レンタルしたものを受け取り、着替えを済ませてから預けるのが一番です。

とうげつ
とうげつ

それにクローク自体もそれほど大きくなく、スタッフの方もアルバイト?みたいな方々なので手際があまり良くありませんでした。なので、クロークにいくのは最低限に抑えた方がいいですね

※ちなみに、一番荷物になるであろうスノーボードは、クロークやレンタル場周辺に立てかけておけるスペースがあるのでご安心を!

ボードをレンタルし、ウエアに着替え、履いていたスニーカーは靴専用ロッカーに預けました。

そして、クロークに荷物を預けたらいざスキー場へ!…と思ったのですが、貴重品を預けないといけなかったのです。貴重品を預ける場所は、チェックインカウンターの横にある貴重品専用カウンターです。

貴重品を預け、ホテルマンの方が番号のかかれた金庫に入れ、その鍵を僕らが受け取ります。引き出すときはその鍵と引き換えに貴重品を出すことができます!

つまり、ここまでで持っているものは

1.貴重品の金庫の鍵

2.クロークの荷物引換証

3.スニーカーを入れたロッカーの鍵

の3つです。かさばって仕方ないです笑

1つのIDカードみたいなもので管理したら楽なのに…なんて思ってしまいましたが、スキーができるのであれば文句はありません!

ではここで、ゲレンデへ行くまでの手順をまとめておきます!

1.ホテルに着く

2.チェックインをする

3.レンタルしたウエアやボードを受け取る

4.ボードを専用のラックに立てかけ、ウエアに着替える

5.スニーカーを靴ロッカーに預ける

6.クロークに荷物を預ける

7.貴重品をフロントに預ける

8.スノボを回収してゲレンデへ!

という感じで行くことをオススメします!

チェックインしてから1時間後、ようやくゲレンデへと繰り出しました!!

上越国際スキー場のゲレンデコース

上越国際スキー場のゲレンデはこんな感じです!

上越国際スキー場は非常に広く、初心者コースから上級者コースまで揃っているので自分のレベルにあったコースを滑ることができます!

そして、ホテルからリフトまで行くのがちょっと大変です

とうげつ
とうげつ

スノボを片足につけて滑っていくにしろ、ボードを引っ張っていくにしろ、ちょっと距離がありますが、ここは我慢して頑張りましょう!

リフトに乗り、上に上がっていくとご覧のような広大な景色が見えます!

雪を被った山脈が綺麗です…!!

ホテルグリーンプラザ上越の館内について

13時半ごろから始めたスノボなんですが、15時には荷物を取りに行かないといけないみたいで、1時間半程で一旦打ち切りました。

とうげつ
とうげつ

休憩するには丁度いいタイミングでした。ですが、クローク自体は17時まで開いています。

なぜ15時に取りに来いといわれたのか、おそらく17時までにって言うと受け取りに来る人が一気に来て17時までに閉められないからだと思います。

宿泊をする場合、借りたスノボはどこに保管をするのかというと、レンタルを受けつけているサロモンステーションの向かいにあるスキーロッカーに保管します。そのロッカーの鍵もフロントで言えば借りることができます

貴重品を預けるついでに、スキーロッカーの鍵も借りると効率が良いです

2日目は午前中にチェックアウトをして、夕方のバスまでひたすらスノボを楽しんでいました

おかげで筋肉痛です笑(ちなみに前にいる家族連れは圧倒的スピードで滑っていきました)

写真を撮り忘れてしまったのですが、お部屋はこんな感じです。

画像引用 じゃらんnet

アメニティは揃っていましたが、特別オシャレというわけでもありません。普通のホテルの部屋って感じです。

とうげつ
とうげつ

しかし寝る分には全く問題ありませんし、清潔感もありますのでご安心ください

ホテルグリーンプラザ上越には温泉があり、宿泊者は何度でも利用することができます

チェックアウトしてしまった場合でも、フロントでフェイスタオル代500円、バスタオル代500円を払えば温泉を利用できます

レストランもいくつか用意されており、新潟の南魚沼産コシヒカリをはじめ新潟の郷土料理を味わうことができますので、美味しいごはは確実に堪能することができます

日をまたいでスノボをレンタルする場合

日帰りで行かれる方にはあまり関係のないことですので、ここはスルーで大丈夫です

宿泊する方はレンタルしたスノーボードやスキー板は先ほどのスキーロッカーに預けてください。

レンタル自体は翌日の夜までできるのですが、クロークが17時までなのでその時間までにスキー場から切り上げ無ければいけません。(クロークからフロントに荷物を移動させれば夜も滑ることができるようです)

帰りのバスは、越後湯沢駅行きと、上越国際スキー場前駅行きの2つがあります。越後湯沢駅行きは、夕方には最終便が出てしまうので、早めにスノボを切り上げないといけません。

一方で上越国際スキー場前駅行きのバスは少し遅くまで運行しています。

とうげつ
とうげつ

なので、スノボを夕方まで楽しみたい方は、上越国際スキー場前駅から越後湯沢へ電車で行き、新幹線で帰るというのがベストだそうです。

帰りが19時以降の新幹線なら、17時50分にホテルを出る(2020年1月現在)バスで上越国際スキー場前駅経由で帰ると、長くスキーやスノボを楽しめますよ!

この時間以降にもバスは出ていますが、その場合は前日までにフロントで予約が必要になりますのでお忘れなく!

バスは上越線のダイヤに合わせて運行しているので、結構スムーズに乗り換えをすることができます

上越国際スキー場はJRで行こう

上越国際スキー場及び、ホテルグリーンプラザ上越はJRが発売している旅行パックでお得に行くことができます

えきねっと びゅう国内ツアー

利用したときは、往復の新幹線代と1泊2日で夕食と朝食付き、乗り放題のリフト券とレンタル割引券がついて17000~18000円程でした。東京~越後湯沢の新幹線は往復で13000円くらいなのでかなりコスパが良いので利用しない手はありません

2020年は雪の量が少ないそうなので、まずは現地の状況を確認してから予約をしてください

ホテルグリーンプラザ上越は先ほどご紹介した通り、スノボをする際は鍵や引換券などでかさばりがちなので、もう少し便利にしてくれるといいなーと思いました

しかし、総合でみればかなり満足です。ゲレンデやご飯や温泉などの設備は素晴らしく、とても楽しいひと時を過ごすことができました

一緒に行った連れも満足してくれたようなのでよかったです

とうげつ
とうげつ

口コミを見る感じだと、スタッフの対応が良くないとか、なにをするにも並ぶなんてかかれていて、あまり評価は良くないのですが、それは休日の場合が多いんじゃないかと。

休日の混んでる時期だとスタッフの方も忙しく、丁寧な対応がしづらくなるのは頷けますし、休日のほうが並ぶということも目に見えます。

少なくとも、平日に利用させてもらった限りはちゃんと対応してくれるので安心して利用してくださいませ

また、ホテルグリーンプラザ上越は冬のスキーシーズンだけでなく夏のプールや魚釣りなどでも集客をしているみたいです。

ぜひ上越国際へ行ってみてはいかがでしょうか?

では、今回はここまで!!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅行スポット
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント