伊勢神宮には参拝方法や順番がある?訪れる前に絶対覚えておきたい6つのこと!

旅行スポット

三重にある伊勢神宮

125あるお宮とお社を総称して伊勢神宮と呼びます。広さはなんと東京ドーム約1200個分の広さを持つ広大な敷地です!

外宮と内宮に分かれてて、外宮には豊受大御神、内宮には天照大御神が祀られています!

今までいろんな神社やお寺を参拝してきたんですが、ここはなんというか別格ですね

空気が違うというか…なんかこう…言葉で伝えられないのが残念…

ちなみに旅行前の僕が知っていた、伊勢神宮に関する知識を先に並べておきます。

  • 内宮と外宮の二ヶ所があってなかなか距離がある
  • 他の神社やお寺と参拝方法が違うらしい
  • 内宮の方におかげ横丁がある

ぐらいです笑

ほとんどテレビで知ったぐらいです。

聞いたことがあると思うんですよ、参拝の仕方がちょっと違うっていうこと。

なので、

これから伊勢神宮へ行きます!

調べるのが面倒!

どういう参拝なのか簡単に知りたい!

って人のために、調べてみてわかった伊勢神宮の参拝について今回は書こうと思います!

では行きましょう!!

スポンサーリンク

1、外宮を参拝してから内宮を参拝すべし!!

伊勢神宮が初めての僕はいきなり内宮に行けばいいんじゃないかと思っていました。

甘かった

そもそもお伊勢参りっていうのは、外宮から行くのが正しいらしいのです。

そして外宮、もしくは内宮だけの参拝は片参宮っていわれていて避けるべきものです。

外宮の豊受大御神は衣食住の神様で、内宮の天照大御神という両方の神様にちゃんとご挨拶しましょうってことですね!

外宮も内宮もともに広いので、両方1時間ほどの余裕を持っていったほうがいいですよ!

ちなみに外宮と内宮は結構距離があって、車で15分ほど

外宮と内宮を結ぶバスも出ているので安心して下さい!

2、伊勢神宮の鳥居の前では軽く一礼を!

伊勢神宮はかなり広く、鳥居が結構あります。

神様の敷地にお邪魔するので、各鳥居の前では軽く一礼をするのがマナーです!

タイミングよくおばあちゃんがお手本を見せてくれました笑

本来はどこのお宮さんでもやるべきことらしいのですが…

もちろん帰りも忘れずに一礼しましょう!

3、参道の真ん中は歩いてはいけない

伊勢神宮の外宮と内宮にはそれぞれ火除橋(ひよけばし)、宇治橋という橋を渡って境内へ入っていきます。

参拝方法は基本的に同じなのですが、外宮の参道は左側通行で、内宮は右側通行なんです。

なんでこうなっているのかというと、橋の先にある手を洗う手水舎の場所にあわせているからです。どっち通行かは橋に書いてあるので、それに従えば大丈夫です。

そして、伊勢神宮の参道は絶対に真ん中を歩いてはいけません!

神様の通る道なので、私たち参拝者は端っこを歩きましょう!

4、正宮は感謝を伝えるところ!お願い事はNG!

外宮と内宮にはそれぞれ正宮(お寺でいう本堂)というメインの建物があります。

ここでは、

お願いごとをしてはいけないのです

そう…

お願いごとをしてはいけないのです

大事なことなので二回言いました笑

正宮こそお願い事をする印象が強いですが、正宮は日々の感謝を伝える場所です!

自分の名前と住所の後に、日ごろの感謝を伝えましょう!

唯一お願いをしていいのは第一の別宮という違う建物です!外宮であれば多賀宮、内宮であれば荒祭宮です!

写真は外宮の多賀宮

参拝は二礼二拍手一礼です!これは内宮外宮関係なく一緒です!

お願いごとの前に、自分の名前と住所と日頃の感謝を伝えましょう!

考えてみれば、いきなりやってきてお願いごとって図々しいですよね笑

神様も大変です。

5、伊勢神宮ではお賽銭をする必要なし!

伊勢神宮ではお賽銭をする必要がないんです!

「え?普通は小銭を投げるんじゃないの?」

って思いましたよね?笑

それに、参拝された方は揃ってお賽銭をされている場所があります。

あれ、本当はダメで実は参拝するだけでいいんです。

神様がいる神聖な場所に、人間のもってるお金を投げ入れてはいけないんです。

その証拠に、お金が投げられている場所は白い布が敷かれていて、直接敷地にはお金が落ちないようになっています!

お賽銭箱はありますが、基本お金を投げ入れるのは必要ないですよ! 

6、スーツと千円を持っていくと特別な参拝ができる  

外宮と内宮の正宮で参拝をしている時、スーツを着た人たちが別の場所で参拝しているところがあるんです!その場所、なんと入れるんです!

ただし条件があります!

それは、

スーツを着用していること

・特別参宮章を持っていること

です。

特別参宮章は、お守りやお札が売られているところに式年遷宮への奉賛金、つまり寄付金を受け付けている場所があって、そこで寄付するといただけます。1000円を寄付すると特別参宮章がいただけますよ!

スーツは特に規定はないらしいので、近所のAokiとか青山で買ってください!もちろんパーカーに黒スキニーっていう服装はだめですよ?

神聖な場所に入るのでカジュアル感はNGで!

さいごに

ぜひ伊勢神宮行く時はこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです!!

あと、内宮からちょっと行ったところにある猿田彦神社にも是非足を伸ばしてみてください!

干支の文字が彫られた方位石があるのですが、参拝に来た人はそれに触れて運気を上げています!

有名な風水師さん曰く、ある法則で触ると様々な運気が上がるらしいのです。

仕事運は、亥→卯→未

金運が欲しい人は、巳→酉→丑

安定や財産を手入れたい人は、申→子→辰

人気を高めたい人は、寅→午→戌

f:id:tougetublog:20180524140822j:image

是非お伊勢参りの際は猿田彦神社にも行ってみてください!

伊勢神宮は、弾丸で日帰りでもいける観光スポットです!

夜行バスに乗って、翌日の午前中に伊勢神宮に着くということも可能です!

そんな弾丸旅行をする際には、最低限準備しておくべきことがあります。

【経験者が語る】国内を弾丸旅行するときに最低限準備しておくべき5つのことにまとめたのでこれをみて準備してくださいね!!

そして、この伊勢神宮はWillerというピンクの高速バスを運行している会社で行くことをオススメします!

前乗りで名古屋へ行き、翌日の早朝に電車に乗り、人の少ない伊勢神宮を散策するってこともできますよ!

しかもバスなのでかなりお買い得なんです…!

WILLER TRAVEL

高速バスセール特集

では今回はここまで!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅行スポット
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント