日本海が目の前!「青海川駅」への行き方や魅力をご紹介!

中部旅行
※この記事には広告が含まれています
※この記事には広告が含まれています

ホームに降りたら目の前が海。

愛媛県にある下灘駅が有名ですが、そんなエモい駅は全国にまだまだあります!

その一つが、今回ご紹介する「青海川駅」
新潟県がオススメしてるくらい王道の観光スポットです。

新潟旅行で立ち寄って欲しいので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

青海川駅はどんなところ?


なんだここは…

新潟駅から新幹線と普通電車を乗り継いで、青海川駅にやってきました。
ピンクと黄色のラインが映えますね!

電車が走り去ると、風と波のセミの音がハッキリ聞こえてきました。ちなみに高速道路が近くを通っているのでちょいちょい車の音も聞こえます笑


青海川駅で検索かけると、このアングルがめちゃくちゃ出てくる

雲ひとつない快晴で、来て早々エモさを感じました。

ちなみに青海川駅は、JRの観光列車「越乃Shu’Kura」が停まる駅でもあります!

駅の出入り口は一つしかなくて、反対側のホーム(長岡方面)へ行くには橋を渡っていく必要があります。

とうげつ
とうげつ

学校に遅刻しそうな時は大変ですね笑

反対側ホームからの景色はこんな感じ。

奥に見える赤い橋が、日本海側の都市を結ぶ高速道路「北陸自動車道」です。

駅まで車で来て、散策して帰っていく人達がちらほらいたので、電車というより車で来る率のほうが高いのかも。


ゴミが結構落ちてたので、キレイなアングルのやつ載せときますね。ポイ捨てはダメだぞ⭐︎

ホームから見える海との距離感はこれくらい。
ちなみに回り道をすれば、海岸へ降りることもできます。

通過列車が多くて楽しい

こちらが青海川駅の駅舎です。
自動改札機はなく、駅員さんもいないいわゆる無人駅。ここへ来るなら切符やフリーパスで来ないといけません。

待合室は整備されててキレイでした。しかも電光掲示板もある…。

電車は基本1〜2時間に一本のペースできます!
下灘駅に比べれば、アクセスのしやすい海の見える駅だと思います。


何の捻りもない文を書きました

隣には駅ノートがあったので、ここにきたことを書き残してきました!

YouTubeやってたり、ブログやってる方もいるみたいで、リンクやチャンネル名を書いてる人もいましたね。

まもなく特急列車が通過します。

ちょうどその時、通過列車のアナウンスが聞こえてきました。


アナウンスが流れてから、結構待ちました。全然まもなくじゃない笑

新潟〜上越妙高を結ぶ、特急しらゆきが走っていきました。高速で走るので迫力満点。

その後は貨物列車も走っていき、普通列車以外も列車が行き交っていてとても楽しめました!

青海川駅がある信越本線は北陸と新潟を結ぶ路線なので、こんなに本数が多いんでしょう。


それでは帰る

青海川駅は1時間ほどの滞在で十分満喫できるので、参考にしてみてください!

青海川駅への行き方

青海川駅は、新潟駅からかなり離れた場所にある駅です。
なので先ほどの特急しらゆきor新幹線と普通電車を乗り継いでいくのが一番王道でしょう。

新潟駅から行く場合以下の方法があります!

・特急は止まらない
・新潟駅からはかなり距離がある
・車でも来れる
・交通系ICは使えない

特急しらゆきに乗ると、途中駅で結構な待ち時間が発生します。

なので鼻から普通電車を乗り継いで行った方が速いパターンもあるので、あらかじめ時間を調べていくことをオススメします!

ちなみに新潟県内のJRが乗り放題になる「えちごワンデーパス」「えちごツーデーパス」というフリーパスがあるので、それを利用してみるのもいいでしょう!

青海川駅へいくなら覚えておくべきこと

最後に青海川駅へ行くなら、覚えておくべきことを共有します!

・特急は止まらない
・新潟駅からはかなり距離がある
・車でも来れる
・交通系ICは使えない

特急は止まらないし、新潟駅からも距離があるので、そこそこ時間を割かなければいけません。

しかしここを目的に来る価値は大いにあると思います!
僕はホームを降りてから、目の前に飛び込んできた大海原にとても感動しました。

そしてSuicaなどの交通系ICは使えません!
切符や先ほどのフリーパスを購入していきましょう。

新潟旅行をお考えの方は、以下の記事も参考になると思いますのでぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました