ロマンスカー「えのしま号」の乗車記録! 江ノ島から座って帰りたいなら超オススメ!

鉄道

小田急には「さがみ」「はこね」といった小田原・箱根へ行くロマンスカーのイメージが強いですが、湘南・江ノ島へ行くロマンスカーも走っているんです

その名も特急ロマンスカー「えのしま」

今回は、湘南へのお出かけにはぜひとも知っておきたいロマンスカー「えのしま」について解説したいと思います

とうげつ
とうげつ

湘南・江ノ島方面へ快適にいきたい方は必見ですよ!

スポンサーリンク

特急ロマンスカー「えのしま」は2パターンある

ロマンスカー「えのしま」には新宿を発着するものと、直通先の千代田線の北千住を発着する「メトロえのしま」の2パターンがあります

新宿~片瀬江ノ島はおよそ1時間、北千住~片瀬江ノ島はおよそ1時間半で結んでいます!

「メトロえのしま」はMSEという地下鉄専用の青いロマンスカーが使用され、「えのしま」はGSE・VSE・MSE・EXEαの4種類のロマンスカーが使用されています

どのロマンスカーが来るかは駅の電光掲示板をみればわかりますよ!ちなみにGSE(赤いロマンスカー)だけは展望席が着いたロマンスカーです

特急えのしまの停車駅

それぞれの止まる駅はこちらです!

「えのしま」の停車駅

新宿・新百合ヶ丘・相模大野・大和・藤沢・片瀬江ノ島

「メトロえのしま」の停車駅

北千住・大手町・霞が関・表参道・成城学園前・相模大野・藤沢・片瀬江ノ島

メトロえのしまは、箱根方面に行く「メトロはこね」というロマンスカーと相模大野で連結・切り離しをしますので、ちょっとだけ止まる時間があります

特急えのしまの料金

特急えのしまの料金は以下の通りです。参考までにJR線の新宿~藤沢の料金も下に書いておきますね

新宿~片瀬江ノ島 乗車券640円+特急料金630円

新宿~藤沢 乗車券600円+特急料金630円

相模大野~片瀬江ノ島 乗車券350円+特急料金310円

相模大野~藤沢 乗車券320円+特急料金310円

JR湘南新宿ライン(新宿~藤沢)は運賃は990円なので、たった300円の追加で特急列車に乗れるのはいいですね!

ちなみに湘南新宿ラインの「特別快速」で新宿~藤沢は49分、特急えのしまは60分ほどなので速さでいえば湘南新宿ラインのほうが上です!

特急えのしまの予約方法

特急えのしまのきっぷの予約・購入方法は大きく分けて2つあります

1.自動券売機か窓口で予約・購入

2.インターネットで予約・購入

自動券売機か駅の窓口で予約・購入

自動券売機では始発から終電まで、駅の窓口は6時半〜21時(※駅による)までの間できっぷを予約・購入することができます!

ちなみに、JTBや小田急トラベルなどの旅行代理店でも購入することができます。

インターネットで予約

小田急ロマンスカーはインターネットで予約が可能です

e-Romancecaとロマンスカー@クラブの2種類の方法から選べます

どちらも特急券は1ヶ月先までの予約・購入ができます

とうげつ
とうげつ

今すぐにロマンスカーの予約・購入したい人向けがe-Romanceca、ロマンスカーに乗る頻度が高い人向けなのがロマンスカー@クラブです

e-Romanceca

e-Romancecaは会員登録が必要なく、クレジット決済さえすれば予約だけして券売機で購入することができます

名前、連絡先、乗りたいロマンスカーの指定など、指示に従って入力して行くだけでいいので説明は不要です

ロマンスカー@クラブ

ロマンスカー@クラブは、通勤ラッシュ時に走るホームウェイなどのロマンスカーによく乗る人が利用すると便利です

会員登録が必要ですが、小田急のポイントがたまっていきます!

小田急ポイントのサービス加盟店で1ポイント=1円で使えたり、JALのマイルに交換することもできます!

えのしま号に乗ってみた

この日乗った特急えのしまはEXEαでした

先頭が7号車です。なぜこんな中途半端な号番号なのかというと、それは後でわかります

特急えのしまは休日の方が混雑します。そのため平日夕方の上り電車はガラガラでした。

このロマンスカーの面白いところは、次の藤沢から進行方向が変わるので、藤沢までは座席が後ろ向きの状態で走って行くところです。

とうげつ
とうげつ

酔いやすい人にはキツイかもしれませんね笑

藤沢では思っていたよりも人が乗ってきました。

新宿へ向かうライナーとしても需要があるみたいです。

藤沢を出発し、次は大和へ

藤沢を出ると、東海道線の上を通って大和へ向かいます

車内は非常に静かで、とても快適。おまけにコンセントも備え付けられているので、文句なしです笑

藤沢から乗ってきた親子連れが、次の大和で降りて行きました

たった一区間にロマンスカーを使うとは…僕もそんな贅沢をしてみたいものです笑

相模大野に着くと、箱根方面から来たロマンスカーと連結して10両のフルカスタムになります。これこそが7号車~10号車で走ってきた理由です

1号車~6号車は箱根方面から走ってきたロマンスカーなんです

連結作業の間、窓の外を眺めていたのですが、反対側のホームにいる快速急行は満員でした

えのしま号はまだ空席が目立ちます

相模大野を発車し、新百合ヶ丘を出ると、特急えのしまはここから本気を出します。というのも、新百合ヶ丘をでたら新宿まで止まりません

夕方のラッシュ時に、町田と登戸を含めた22駅飛ばしという荒業を見せてくれます

各駅や急行もどんどん追い越して、新宿へと向かいます。

登戸を過ぎれば、多摩川を渡って東京都です

こればかりは、優越感を感じずには入られません笑

とうげつ
とうげつ

簡単にいうと、エモい笑

すれ違う電車や流れるビルを横目に、その曲を聞いていたら昔の思い出に浸ってしまいました笑

普段そんな機会がないので貴重な時間でした。わずか1時間程の小さな鉄道旅はあっという間でした

今回お世話になったのはEXEαっていう車両でした

特急えのしまに乗るなら小田急のフリーパスがオススメ

特急えのしまに乗って湘南エリアへお出かけするなら、小田急のフリーパスと組み合わせるとおトクに一日楽しむことができますよ!

江ノ電が一日乗り放題になるフリーパスもセットになったものもありますので以下の記事からチェックしてみてくださいませ

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント