九州の花形「特急ソニック」乗車レポート!【博多〜大分はこれが最速】

鉄道

今日は大分駅に来ています。
これから特急ソニックで、博多へ向かうところです。

大分から博多まで乗り通すのは初めてなので、今回はソニックの紹介も兼ねて乗車レポートを書いていきますね!

まだソニックに乗ったことない方、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

速いソニックと遅いソニック


特急ソニック 883系

こちらが今回乗る「ソニック80号博多行き」です。
ブルーの車体がカッコいいですね…

特急ソニックには、大きく分けて2パターンの列車がいます。
それが「速いソニック」「遅いソニック」です。

スピードがどうのこうのではなく、止まる駅が多いか少ないかの問題なんです。

今回乗るソニック80号は、速いソニックになります。
というのも、止まる駅は大分・別府・中津・行橋・小倉・黒崎・折尾・博多の8つのみだからです。

ちなみに遅いソニックだと、大分・別府・亀川・杵築・宇佐・柳ヶ浦・中津・宇島・行橋・小倉・戸畑・黒崎・折尾・香椎・博多の15駅も止まるような列車があります。

とうげつ
とうげつ

止まる駅が、ほぼ倍です笑

別府湾を高速で駆けぬける

博多へ向けて、大分駅を出発です。
大分駅を出ると、豊後豊岡駅あたりまで別府湾沿いを走っていきます。

これまでサフィール踊り子とか、36ぷらす3のように海岸線を走る列車はたくさん乗ってきましたが、時速120キロを超えるスピードで海沿いを爆走する列車はきっとソニックくらいでしょう。

そんな別府湾を横目に食べる、大分名物のとり天は格別でした。
大分駅にある驛亭えきていという、とり天の美味しいお店でテイクアウトしてきました。

大分駅にしかお店がないので、ぜひ寄ってみてください!

ここは豊後豊岡駅あたりの眺めで、ここからどんどん内陸へ進んでいきます。
そういえば豊後豊岡駅からさきって、初見じゃ読めない難読駅名が続くんです。

この後、暘谷、日出、大神と駅が続くんですが読めますか?
きっと地元の人じゃないと読めないですよね笑

※正解は「ようこく」「ひじ」「おおが」です。読めたらすごい。

海沿いが終わると、息を飲むようなキレイな田園風景の中を颯爽と走っていきます。
旅行でも出張でも、スマホを一旦置いて外の景色を眺めててみてください!

ソニックの速さは「振り子式」にある

特急ソニックが通る博多〜大分は、山あいを抜け海岸線を縫うように走るので、カーブがとても多くあります。

そのためソニックは「制御振り子式車両」になっています。

簡単に言うと、カーブを曲がる時にかかる遠心力を軽くして、スピードをキープしたまま走れるようになっています。

魔女の宅急便で、トンボがこぐ自転車の後ろにいたキキに身体を傾けてカーブを曲がるシーンあるじゃないですか?あれと一緒です。

写真だと伝わりにくいですが、カーブを曲がる時のソニックはえっらい傾きます。


ちょっとビビる…

ちなみに気になるソニックの乗り心地ですが、決して良くはないです。笑

最高時速130キロで走る上に、右に左に大きく傾くのでまあ揺れます笑
何度もソニックに乗っているのでさすがに慣れましたが、初めて乗った時はちょっと怖かったですね。

どれくらいの揺れなのか、Twitterで動画をアップしたのでご覧ください!

小倉〜博多はライナー代わり

山陽新幹線と接続する、小倉駅にやってきました。
写真の川は、駅の横を流れる紫川です。

ここでソニックの進行方向が変わります。
今まで7号車が先頭でしたが、ここから1号車が先頭になって博多へ向かいます。

小倉に到着後、お客さんが一斉に立ち上がって座席の大回転祭り。

スーツを着たビジネスマンの方が多く乗ってきたので、通勤ライナーとしての役割もあるみたいですね。

帰宅時間帯ということもあってか、かなりお客さんは多かったです。
2人がけのシートの片側には必ず誰かが座っているような感じでした。

ちなみに先頭のグリーン車は、今回誰も乗っていませんでした。
グリーン車に乗れば前面展望が楽しめるので、ぜひグリーン車にも乗ってみてください。

終点の博多駅に到着です。
16時45分に大分駅を出たソニック80号は、博多駅に18時49分に着きます。(2021年4月現在)

春ごろに乗ると、美しい夕暮れの景色を眺めることができますので夕方のソニックに乗ってみてはいかがでしょうか?

ソニックにおトクに乗るならネット予約

博多〜大分を結ぶソニックにおトクに乗りたいなら、JR九州のネット予約がオススメです。

ネット予約にある「九州ネット早特3」をつかえば、指定席だと博多〜大分間が2550円になります。
通常料金は5680円なので、圧倒的な安さです!

条件は「JR九州の会員登録をすること」「3日前までに予約すること」です。

グリーン車も4050円で乗れてしまうので、ネット予約を使っておトクにソニックに乗りましょう!

オススメ JR九州の観光列車「36ぷらす3」の料金や旅行プランを解説!【実際に乗ってみた】

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント