特急つがるの料金・おトクに乗る方法を解説!最大で半額になることも!

鉄道

秋田〜青森を結ぶ、特急つがるの料金やおトクに乗る方法についてまとめていきます!

東北で旅行をする際、とても役に立つ列車ですのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

特急つがるの停車駅と料金

特急つがるは、秋田〜青森を約2時間半かけて結んでいます。

停車駅は、秋田・八郎潟・森岳・東能代・二ツ井・鷹ノ巣・大館・碇ヶ関・大鰐温泉・弘前・浪岡・新青森・青森です。

通過駅では、対向列車との行き違いをすることもあります。

特急なので、もちろん乗車券のほかに特急券が必要にです!
つがるには、自由席・指定席・グリーン車が用意されています。

とうげつ
とうげつ

座席や車内については、後ほどご紹介します!

それを踏まえまして、それぞれの料金を以下にまとめたので参考にしてみてください。(2021年9月現在)

秋田〜青森
自由席 5170円・指定席 5500円・グリーン車 7270円

秋田〜弘前
自由席 4000円・指定席 4330円・グリーン車 6100円

秋田〜大館
自由席 3340円・指定席 3670円・グリーン車 5440円

青森〜弘前
自由席 1200円・指定席 1530円・グリーン車 2250円

青森〜大館
自由席 2470円・指定席 2800円・グリーン車 3520円

つがるの車内

特急つがるは、4両編成の短い特急列車です。
1号車は指定席とグリーン車、2号車は指定席、3号車と4号車は自由席になります!

とうげつ
とうげつ

秋田方面は1号車が先頭です!

自由席、指定席のシートはこんな感じ。
各座席には、リクライニング用のボタンが二個ついています。

お尻をつけている面と、背もたれの二ヶ所を動かすことができるんです!

こちらは1号車のグリーン車です。
グリーン車のシートは、今見えている16席しかありません。

というのも、半分は指定席になっているからです。
ガラガラなので、グリーン車に乗って静かな空間を独占するのもいいでしょう!

ちなみにつがるには、コンセントがついていませんのでご注意ください。

特急券の購入方法

つがるの特急券を購入する方法は、えきねっと・みどりの窓口・指定席券売機の3種類です。

みどりの窓口と、指定席券売機は現金、クレジットカードなどが使えます。

一方で、インターネット予約サービスの「えきねっと」はクレジットカード決済のみです。

しかし限定の早割サービスが使えるので、利用しない手はありませんよ!

また特急つがるは、青森〜新青森の区間に限り乗車券だけで乗ることができます。
新青森は新幹線に乗り換え駅だからです。

乗車券だけで乗る場合、自由席にしか座れないので覚えておいてください!

おトクに乗るならえきねっとの早割!

先ほど触れましたが、特急つがるの特急券はえきねっとの早割を使えばおトクに購入することができます!

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の2種類が通年用意されています。

そして不定期で「えきねっとトクだ値スペシャル」というものもでます!

ではどう違うのか?
簡単にまとめるとこんな感じです。

えきねっとトクだ値
当日までの申し込みで20%オフ

お先にトクだ値
13日前までの申し込みで40%オフ

えきねっとトクだ値スペシャル
20日前までの申し込みで50%オフ

特にえきねっとトクだ値は、販売数が少ないので早めの購入がオススメです。

購入は1か月前から可能ですが、事前受付をするとさらに1週間早めに予約することができます。

例えば9月28日にえきねっとで購入する場合。

10月28日が1か月後になるので、ここで先ほどの早割サービスの購入が始まります。
そしてそこからさらに1週間、11月4日〜10月29日までが事前予約の期間になります。

しかし、予約は必ず約束されるものではないそう。
あくまで予約の段階で、購入はできないからです。

出発の1か月前に結果がメールで届き、そこで予約ができたどうかがわかるとのこと。

とうげつ
とうげつ

たしかに、トクだ値スペシャルなんてみんな買いたいですもんね…。

北東北の旅につがるは欠かせない

秋田〜青森の移動は特急つがるが1番便利です。
東北の北エリアではとても重宝するでしょう!

そんな特急つがるに実際に乗ってきました。
別記事で乗車レポートとして書きましたので、見ていただけると嬉しいです!

オススメ 東北新幹線におトクに乗る方法【料金・フリーパスなども併せて解説】

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

鉄道
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント