東北・上越・秋田・山形新幹線に安く乗る方法はこれ!【インターネット予約が一番格安】

鉄道

東北や新潟方面に旅行に行くんだけど、安く新幹線に乗れる方法はないかな…

旅行をするなら、なるべく費用をおさえたいと思いますよね。

そこで今回は、JR東日本の東北・上越・秋田・山形新幹線に安く乗る方法をまとめてご紹介します!

東北や新潟方面に行かれる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

東北・上越・秋田・山形新幹線に安く乗る方法

えきねっとトクだ値・お先にトクだ値

JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」では、2つのおトクな早割サービスがあります

それが「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」です

「えきねっとトクだ値」は乗車日前日まで、「お先にトクだ値」は乗車日13日前までのきっぷの購入で割引を受けることができます

とうげつ
とうげつ

お先にトクだ値の方が割引率は高いです!

注意点としては、以下のの2点です

えきねっとの会員登録が必須

クレジットカードでしか支払いができない

時期によっては東京~仙台はやまびこ(ちょっと遅い新幹線)しか予約ができない

また、夏休みなどの大型連休には「お先にトクだ値スペシャル」というのがものがあり、こちらは20日前までの予約でなんと新幹線の料金が半額になるんです!

割引としては「えきねっと」での購入が一番おトクですので、以下のリンクから確認してみてください。

現在、2021年3月31日分まで、北海道・東北・上越・北陸・秋田・山形新幹線が20日前までの予約で半額になっています!

また、仙台方面に旅行にいくという方は、「仙台まるごとパス」というおトクなフリーパスが販売されていますのでこちらも購入してみてください!

これ1枚で松島・秋保温泉・仙台空港・山形の山寺も行くことができますよ!

週末パス

関東全域と甲信越、東北地方の一部の電車が乗り放題になる広範囲のフリーパスです。

東北新幹線は東京〜くりこま高原しか範囲ではないので注意が必要です!

文字通り使えるのは週末の連続した2日間で、料金は8880円とかなりリーズナブル

とうげつ
とうげつ

ちなみにGWやお盆期間などの大型連休には使えません!

この週末パスは新幹線の乗車券としても使えるので、別で新幹線の特急料金を払えば新幹線にも乗ることができます。

単純に東北新幹線で東京〜仙台を往復するだけでもかなり料金を抑えることができます。

どういうことかというと、東京〜仙台は乗車券の値段が6050円です。つまり往復で12100円

しかし週末パスは往復分も含めて8800円なので、4000円近くトクになっているんです。在来線も乗り放題なので、結果的に旅費をおトクにすることができます!

えちごツーデーパス

こちらは上越新幹線で使えるおトクなフリーパスです。

フリーエリア内の普通列車が2日間乗り放題になります。
使い始める1ヶ月前から購入することができ、2021年3月27日まで発売される予定ですがおそらく販売期間は更新されます。

越後湯沢や、新潟、弥彦神社のある弥彦もフリーエリアに入っているので宿泊ありきで新潟を旅行するなら一番オススメのきっぷですよ!

料金は2740円で、フリーエリア内の駅の指定席券売機やみどりの窓口、えちごトキめき鉄道の春日山駅、高田駅、新井駅、妙高高原駅、糸魚川駅で買えます。

また、このフリーパスを使えば「特急しらゆき」や「超快速スノーラビット」にも乗ることができます。

その2つの列車については以下のリンクからご覧ください!

JR東日本ダイナミックレールパック

こちらはJR東日本の旅行会社「びゅうトラベル」から予約ができる旅行パックです。

こちらは急な出張や旅行の行き先が決まっている方にオススメです!

宿と新幹線がセットで予約できるうえに、毎月タイムセールが行われています

旅行代金は変動するので、タイミングが良ければ超おトクに新幹線の予約ができるかもしれませんよ…?

毎月タイムセールも行われているのでチェックしてみてください!

JR東日本の新幹線はえきねっとが一番割引される

東北・上越・秋田・山形新幹線に安く乗る方法をご紹介してきましたが、やはりインターネットでの購入が一番割引されますね!

金券ショップなどでも購入できますが、割引率は低いことが多いうえに座席を指定するために窓口に行かないといけないという手間が発生します。

今回ご紹介した方法が特に安くできる方法ですのでぜひ試してみてください。

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント