東北新幹線に安くおトクに乗れる方法まとめ!【フリーパスもご紹介】

鉄道
※この記事には広告が含まれています
※この記事には広告が含まれています

おトクに東北新幹線に乗れる方法ないかな…。

なるべくおトクに旅行へ行きたい…誰しもそう考えるでしょう。
新幹線は速くて便利な交通機関ですが、料金はなかなか高い…。

おトクに乗りたいという考えになるのは当然のことですよね!

そこでこの記事では、JR東日本の東北新幹線に安くおトクに乗る方法をまとめてご紹介します!
東北に行かれる方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

東北新幹線の料金

まずは比較のため、東北新幹線の通常料金をご紹介したいと思います!

東京駅とおもな駅の料金は以下の通りです。

・東京~福島
乗車券4840円+自由席3740円・指定席4270円・グリーン7930円・グランクラス11080円

・東京~仙台
乗車券6050円+自由席4510円・指定席5040円・グリーン8700円・グランクラス11850円

・東京~盛岡
乗車券8580円+指定席6430円・グリーン11300円・グランクラス16540円

東京~新青森
乗車券10340円+指定席7330円・グリーン13400円・グランクラス18640円

・東京~新函館北斗
乗車券12100円+指定席11330円・グリーン20220円・グランクラス28580円

・東京~山形
乗車券6050円+指定席5400円・グリーン9060円

・東京~秋田
乗車券10010円+指定席8010円・グリーン13080円

はやぶさやこまちなど、遠方へいく新幹線には自由席はありませんのでご注意ください!

そんな東北新幹線には、ビジネス利用で新幹線に乗る方向けに、TRAIN DESKというオフィス車両もあります。
実際に使ってきたので、ぜひチェックしてみてください!

東北新幹線におトクに乗る方法

東北新幹線におトクに乗る方法をご紹介します。
それが以下の4つです!

・えきねっとトクだ値 お先にトクだ値
・週末パス
旅行パック・ツアー
・往復割引&学割

それぞれご紹介していきます!

えきねっとトクだ値・お先にトクだ値

JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」では、2つのおトクな早割サービスがあります。

それが「えきねっとトクだ値(5%~10%引き)」「お先にトクだ値(25%~30%引き)」です。

「えきねっとトクだ値」は乗車日前日まで、「お先にトクだ値」は乗車日13日前までのきっぷの購入で割引を受けることができます。

注意点としては、以下の4点です!

・えきねっとの会員登録が必須
・クレジットカードでしか支払いができない
・チケットレスで乗る
・特定の区間しか利用できない

例えばはやぶさは東京・大宮~盛岡・新青森・新函館北斗、やまびこは東京・大宮~福島・仙台などの区間が設定されています!

ちなみに不定期で「お先にトクだ値スペシャル」というのがものがあり、こちらは20日前までの予約でなんと新幹線の料金が半額になるんです!

割引としては「えきねっと」での購入が一番おトクですので、区間や割引金額などは以下のリンクから確認してみてください!

ちなみにこの早割サービスは、新幹線eチケットというチケットレス制になりました。
簡単にいうとあなたの交通系ICカードをえきねっとに登録して、改札でタッチして新幹線に乗る方法です!

以下の記事でご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

週末パス

「週末パス」は関東全域と甲信越、東北地方の一部の電車が乗り放題になる広範囲のフリーパスです。

東北新幹線は東京〜くりこま高原しか範囲ではないので注意が必要です!
文字通り使えるのは週末の連続した2日間で、料金は8880円とかなりリーズナブル。

とうげつ
とうげつ

ちなみにGWやお盆期間などの大型連休には使えません!

この週末パスは新幹線の乗車券としても使えるので、別で新幹線の特急料金を払えば新幹線にも乗ることができます。
単純に東北新幹線で東京〜仙台を往復するだけでもかなり料金を抑えることができるんです。

例えば東京〜仙台は乗車券の値段が6050円です。つまり往復で12100円。
しかし週末パスは往復分も含めて8800円なので、4000円近くトクになるです。

在来線も乗り放題なので、結果的に旅費をおトクにすることができます!

旅行パック・ツアー

こちらは出張や旅行の行き先が決まっている方にオススメです!
ホテルと新幹線がセットで予約できるので、ぜひ下のリンクをチェックしてみてください!

タイミングが良ければ超おトクに新幹線の予約ができるかもしれませんよ…?

びゅうトラベルのダイナミックレールパックについては、別記事でメリット&デメリットをご紹介しているので参考にしてみてください!

往復割引&学割

往復割引は片道の営業キロが601キロ以上だと、行きと帰りの運賃が1割引きになる割引のことです。

ただ押さえておきたいことは、「行きも帰りも同じルートでないといけないこと」「なかなか601キロを超えない」ということ。東京からだと八戸より北になるので、えきねっとで予約した方がオトクになります!

これをご覧の方が学生の方であれば、学割を利用するのも手です。

片道の営業キロ101キロ以上であれば運賃が2割引になります!
僕は大学生のころ、よく利用していました。

とうげつ
とうげつ

東京駅からであれば、宇都宮駅(東京駅から約109キロ)より北の駅が学割の対象になります!

学割は「学校学生生徒旅客運賃割引証」という証明書が必要です。
学校の学生課にいって、学割を発行したいですと伝えれば職員さんが手配してくれますよ。

【結論】一番おトクなのは「えきねっと」

東北新幹線におトクに乗る方法をご紹介してきましたが、やはり「えきねっと」が一番割引されますね!

えきねっとトクだ値&お先にトクだ値が一番おトクに新幹線に乗れる方法ですので、ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに東京~盛岡は「はやぶさ」「やまびこ」という2つの新幹線の早割が利用できます。
割引率はこんな感じです↓

・通常料金(指定席) 15010円

・はやぶさ 
えきねっとトクだ値(5%割引)14060円/お先にトクだ値(25%割引)11100円
所要時間 約2時間15分

・やまびこ
えきねっとトクだ値(10%割引)12850円/お先にトクだ値(30%割引)9990円
所要時間 約3時間20分

はやぶさの方が停車駅が少なく、速く移動できる新幹線です。

ですが割引率はやまびこの方が大きいので、多少時間がかかってもおトクに移動したいならやまびこの利用がオススメです!

東北で使えるフリーパス

ここでは東北で使えるフリーパスを4つご紹介します!
それぞれご紹介していきますね!

・仙台まるごとパス(仙台に行きたい人向け)
・小さな旅・ホリデーパス(宮城・山形・福島に行きたい人)
・週末パス(宮城・山形・福島+関東甲信越に行きたい人)
・いわてホリデーパス(岩手に行きたい人向け)

仙台まるごとパス

仙台まるごとパスは、仙台市営地下鉄やJRが乗り放題になったフリーパスです!
これ1枚で仙台市の鉄道が乗りまくれますよ!

松島・秋保温泉・仙台空港・山形の山寺も行くことができます。

以下の記事でくわしく解説しています!

小さな旅・ホリデーパス

小さな旅・ホリデーパスは、南東北の3県(宮城・山形・福島)のJRが乗り放題になります!

こちらは土休日にのみ利用できますので、覚えておきましょう!

有効期間は1日なので、どの方面に行くか考えておくといいかもしれません。

週末パス

週末パスは先ほどもご紹介しました。
東北3県と関東甲信越が乗り放題になる超がつくおトクなフリーパスです。

細かい説明は以下のリンクからチェックしてみてください!

いわてホリデーパス

こちらは岩手県内のJRが乗り放題になるフリーパスです!

新幹線や特急列車を利用することはできませんが、県内を走る快速列車を利用して速く移動することができますよ!

こちらも有効期間は一日のみなので、どういうルートを通るかはあらかじめ考えておきましょう!

ちなみに岩手県の鉄道の本数はめちゃくちゃ少ないのでご注意ください…!

新潟へいく上越新幹線、長野、富山、金沢へ行く北陸新幹線は別記事でご紹介しているので、以下の記事をのぞいてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました