【超快適】西武の新型特急ラビュー乗車記!秩父へ行くなら必ず乗るべし!!

鉄道

西武池袋線で運行を開始した新しい特急列車、ラビュー

僕はこれまで色んな鉄道に乗りましたが、このラビューは都内屈指のファミリー向けの電車だと思います。

今回はそんなラビューに乗ってきたので、その乗車記です!

スポンサーリンク

ラビューの乗車記

外装と内装について

旅の始まりは西武池袋線の池袋駅

ラビューの始発に乗ります

この日は休日の昼前

そのため、ラビューの空席は残りわずかとなっていました。

僕が乗るのは11時30分発の列車です

発車まで15分ほどあったので先にホームへ

すでに列車は止まっていました。

こちらが今回お世話になるラビューです

外側は色が全くついておらず、内装は全面黄色という西武らしい配色でした。

これを見たとき、ラビューの顔が宇宙飛行士のつけるヘルメットに見えてしまいました笑

そして一番驚いたのはその窓の大きさ

足元まで見えるじゃないですか…

お行儀よく座ってないといけませんね笑

ラビューに乗車

そろそろ出発時刻なので乗車することに

車内は黄色と白でとても清潔感があります

僕は肩幅が広いってのもありますが、座席が少し狭めに感じました。

なので、大人の方、特にお父さん方にはちょっと狭いかもしれません。

座席には以前乗った京王ライナーと同じくコンセントが完備されていました。

コンセントの設置は鉄道では当たり前になってくるのかもしれませんね

ラビューの乗客はファミリーが多い

僕のように一人で乗っている人はあまりおらず、入間のアウトレットや秩父へ遊びに行く家族連れが大半のよう。

なので、車内は終始賑わっていて、後ろの席に座っていたお父さんは、家族サービスができたみたいで嬉しそうでした。

内装も黄色くオシャレなので、鉄道に興味のないお母さん方もテンション上がってました。

もちろん、鉄道大好きな子供は出発前まで超写真撮ってました笑

ラビューは定刻で池袋を出発

池袋を出ると、所沢、入間市、飯能、横瀬、西武秩父の順に止まります。

停車駅は通常の特急列車と同じです。

平日ならばかなり混雑する練馬も石神井公園もひばりヶ丘もすっ飛ばし、所沢までノンストップで向かいます。

池袋を出てからおよそ20分、最初の停車駅所沢に着きました。

所沢を出発すると、大きなカーブを曲がり、小手指方面に向けて加速します

座席を横から見れば分かると思うんですが、膝のところまで窓が来ています。

それに加えて新型ということもあり、駅のホーム、沿線の踏切や建物からこのラビューを眺めている方が大勢いらっしゃいました。

こんなに窓が大きいと、ショーウィンドウのマネキンになったような気になります。

おそらく、大きな窓の向こうに乗客を乗せ、外から見ている人も自分も乗って見たいと思わせるような戦略で、こんなに窓を大きくしたんじゃないでしょうか笑(推論)

入間市に着くと、車内の4割くらいの人達が続々と降りていきました。

おそらく、ここからバスに乗って入間のアウトレットにいくんじゃないでしょうか

入間のアウトレットいくにも、飯能のムーミン谷にいくにもラビューは便利だということに気づかされました。

列車は入間市を通り、入間川を渡って元加治駅を通過

指ががっつり写ってしまったことを本当に済まないと思っている

そして飯能駅へ。

ほとんどの普通列車がここから池袋方面に折り返します。

横浜や元町・中華街への始発もここから出ているんです。

ここで、ラビューは進行方向が変わります。

周りの人に配慮しながら座席を回転させる必要があるんです。

みんなが一斉に席を回転させる様子は、九州にお住みの方なら分かると思うんですが、小倉に着いたソニックのようです。

飯能を出たら景色が一変

ここからはどんどん山合いの単線区間を快走していきます

景色も山に変わっていきます

対向列車も秩父線の白い電車に変わり、この電車を見ると、秩父にいくっていう気持ちになります笑

途中の吾野を通過

本来、西武池袋線はここ吾野が終点なんです

ここからが本当の西武秩父線なのです

山合いでも関係なくどんどん飛ばします

いつか田舎で暮らして、野菜や果物を育ててみたいなぁなんて思いながら車窓を楽しんでいました

そんなたわいもないことを考えていました。

いつのまにか僕は眠ってしまい、起きたときには横瀬を過ぎ、西武秩父手前まで来ていました笑

もう少し風景撮りたかったんですけどね…残念

池袋からおよそ70分ほどで終点の西武秩父に到着!

到着しても、家族連れはラビューを撮影したり、鉄道大好きっ子もカメラでラビューを撮りまくってました。

さいごに

新型の特急列車、ラビューは座席がフカフカで、とても心地の良い車両でした。

これに乗るのを目的にしても全然いい

これまで多くの特急電車に乗ってきましたが、このラビューは一番家族連れに向いていると思います。

僕は妻子持ちではないので、絶対オススメです!とは言えませんが、楽しそうにしてる家族が今までで一番多い印象がありました。

鉄道自体はお父さんや男の子にウケがいいし、黄色い内装や大きな窓はお母さんや女の子にウケが良かったからじゃないかなと思います。

僕もこうして取材をしている時、お父さんお母さんの方がテンション上がっちゃってる場面を結構見ました笑

何か家族サービスをしてみたいと思っている親御さん方!

ラビューで秩父にお出かけを選択肢の1つに入れてみてください!!

楽天トラベルでは、温泉宿やホテルの予約もできるので一度見てみてください!

気になる温泉や宿が見つかるかもしれませんよ?

楽天トラベル

では、今回はここまで!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント