【乗車記】特急やくもで米子へ行ってみた!右へ左へクネクネ曲がる

鉄道

どうもとうげつです!
今回のテーマは、岡山と米子・出雲市を結ぶ「特急やくも」の乗車レポートです!

島根や鳥取への観光で利用される方や、岡山〜倉敷をビジネスで利用される方もいる、中国地方の主要な特急列車になります。

今回僕は、岡山から鳥取県の米子まで乗ってきました!

特急いなほから見られる景色などもご紹介していきますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

6両フル編成の特急やくもはほぼ満席

さて今回は乗るのは、「特急やくも11号 出雲市行き」です。
すっかり旅行者が戻ってきていて、やくも11号は満席でした。


続々とお客さんが乗っていきます!

4両で走ることも多い特急やくもですが、この列車は6両での運転でした。
それでも各車両の入り口には長い行列。

とうげつ
とうげつ

おそらく9割以上は埋まってたかな…

こちらが特急やくもとして走る、381系という列車です。
40年以上走っている年季の入った列車です!

車内も年季が入っていて、レトロな雰囲気が感じられました。

香りもレトロで、例えていうなら田舎のおばあちゃん家の香りでした。伝わりますかね…?笑

ちなみにコンセントも車内販売もありません。

大きくカーブして山陰を目指す

岡山を出たやくも11号は、倉敷・総社そうじゃ備中高梁びっちゅうたかはし・新見・生山しょうやま根雨ねう・米子・安来やすぎ・松江・玉造温泉・宍道しんじ・出雲市に止まります。

特急やくもは列車によって止まる駅が変わるのですが、やくも11号は止まる駅が多いタイプです。

岡山から米子までは2時間10分出雲市までは3時間かけて走っていきます!


広島へ行く山陽本線とはここでお別れです

倉敷を過ぎると、ぐるっとヘアピンカーブを曲がって北に向かって進みます。


奥に見える橋は、山陽新幹線の線路です

幹線道路と合流し、トラックや自動車をドンドン追い抜いていきます。
ここからは、山陰を目指して山あいを縫って走っていきますよ!


高梁川

岡山駅をでてから20分ほどで、市街地から山の景色に変わります。
見えている川は高梁川といって、岡山の三大水系の一つです!

とうげつ
とうげつ

ちなみにあと2つは、吉井川と旭川です!

人によっては絶対酔うジェットコースター「やくも」

特急やくもに乗るなら覚えておいてほしいことがあります。

それはなにかというと

「めっちゃ傾く」ということ。

特急やくもは伯備線という山越え路線を走るので、途中にはカーブがとても多くあります。

右かと思えば左、左かと思えば右と車体を傾けて走っていきます。

しかも結構スピードが出てるので、ジェットコースターみたいです。
人によっては確実に酔いますね笑

これまで九州の特急ソニックが一番傾くと思っていましたが、今回ランキングが更新されました。

とうげつ
とうげつ

やくもがトップです。それくらい傾きます笑

ちなみに特急ソニックの乗車レポートもありますので覗いてみてください!

実際スマホを触りながら乗ってましたが、普段全く乗り物酔いをしない僕でも酔いました。

Twitterには、やくものスピードと傾きっぷりをアップしました。
紅葉の景色と共にお楽しみください!

1日に数本しか列車が来ない路線

新見駅を出発してしばらくいくと、備中神代駅を通過していきます。

実はこの備中神代駅と、さっき停車した新見駅は違う路線との乗り換え駅なんです。

備中神代駅では芸備線に、新見駅では姫新線という路線に乗り換えできます。
しかし両方とも、1日数本しか走っていません。

ずっとこんな感じの景色を眺めながら、走っていく路線です。

ローカル線の旅をしたい!って方は、時刻表をきちんと調べてから乗りにいってくださいね。
下手したら、4時間来ないとかあるので…

山を抜けて米子へ到着

長く山々を走ってきましたが、山を抜けて鳥取県側の平地に入ってきました。

倉敷をでてから2時間近く山の中だったので、久々の田んぼに心なしか懐かしさも感じます笑

岡山から2時間ほどで、米子に到着です!
米子というか、初の鳥取県上陸にテンションが上がり、酔いは吹っ飛びました笑

東京から米子までは飛行機も飛んでいます。
しかし個人的には、新幹線とやくもを乗り継いでいくのもいいでしょう!

次回は出雲大社へ行くときに利用してみたいと思います。
ぜひジェットコースター特急やくもを体験してみてください!

それでは!

オススメ 【乗車記】SLやまぐち号で行く山口線の旅!実際に乗ってみたら超いい写真が撮れた話

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

スポンサーリンク
鉄道
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント