中央線と総武線の違いってなんなの?ザックリわかりやすく解説

鉄道

中央線や総武線といえば、東京都内を走るJRの通勤電車ですよね!

世間的にはオレンジの電車が中央線、黄色の電車が総武線とイメージでしょう。

実は正確にいうとちょっとだけ違うんです…!

なので今回は、中央線と総武線の違いについて解説します!

とうげつ
とうげつ

豆知識として覚えておくといいことあるかも…?

スポンサーリンク

【結論】御茶ノ水で路線が変わる

先に結論を言うと、御茶ノ水から西側を中央線、東側を総武線と言います。

総武線って聞くと、千葉〜三鷹を通る電車を想像しますよね?

ですが、御茶ノ水〜三鷹は中央線の線路を走っているんです。
つまり直通運転をしています。

その証拠に、三鷹〜御茶ノ水では「中央・総武線各駅停車」という放送がされますよ!

そして中央線といえば誰もが想像するオレンジの電車ですが、あれは中央快速線といいます。

イラストにするとこんな感じです。↓

とはいえ、オレンジ=中央線、黄色=総武線という認識でOKです

生活にはなんの影響もありませんよね?笑

総武快速線というものもある

さらに一歩踏み込みますね。
総武線にも快速列車があるのをご存知ですか?

紺とクリーム色の電車なのですが、神奈川方面へ行く横須賀線としても走っています。

これが東京から総武快速線として千葉方面へいきます。

イラストに追加するとこんな感じ↓

とうげつ
とうげつ

こんな感じでザックリ解説させていただきましたが、伝わったでしょうか…?笑

【オマケ】中央線も総武線もめちゃくちゃ長い

実は中央線の線路は、高尾を過ぎて山梨や長野、岐阜を通って名古屋までつながっています。

そして総武線は、千葉より先の銚子まで通っています。

なので中央線は東京〜名古屋までの約400キロ、総武線は東京〜銚子の約120キロというめちゃくちゃ長い路線なんです!

中央線は特急あずさと特急しなの、総武線は特急しおさいという特急列車で端から端までいけるので、鉄道の旅をしてみるのもいいでしょう!

それでは!

コメント