伊勢神宮ひとり旅《前編》日帰りでお伊勢参りしたい人必見のルート!

旅行記

どうもとうげつです!
今回は「伊勢神宮ひとり旅 旅行記」をお届けしていきます!

「伊勢神宮」といえば、超がつくほど有名なパワースポットですよね。

年間800万人以上が訪れる場所で、ゴリゴリの観光地となっています。

そんな伊勢神宮へ日帰りで行ってきましたので、1日で回りたい人なんかは、ぜひ参考にしてみてください!

ではいきましょう!!

スポンサーリンク

名古屋での朝メシ「きしめん」

今回のスタートは名古屋からです!
東京から新幹線に乗ればあっという間ですが、夜行バスと名鉄線を乗り継いで名古屋に来ました!

時間はかかりましたが、たった1500円で来れました。

とうげつ
とうげつ

WILLERのスーパーみかわ割という限定早割を使ったので、バス代が驚異の880円!

そんな名古屋といえば「きしめん」ですよね。
なので朝ごはんはきしめんを食べに行きます!

名古屋駅の中にある「驛釜きしめん」というお店にやって来ました!
グルメメディアにも取り上げられることがあるお店で、気になって来てみました。

開店は朝7時で、9時までは朝きしセットなるものが用意されていました!

とうげつ
とうげつ

ミニきしめんとご飯がセットになったものです!

ちなみに通常メニューもちゃんとあります。


朝から糖質をぶち込む

ミニといえど、なかなかボリュームがあるのでこれで朝は問題ないと思います!

余談ですが、伊勢は行く列車まで時間があったのでJRセントラルタワーのスタバに寄りました。

日本一高いところにある店舗らしいので、スタバが好きな方は行ってみてください!

伊勢志摩ライナーに乗って伊勢神宮へ

きしめんとコーヒーを摂取し、いよいよ伊勢神宮へ向かいます!

やってきたのは近鉄名古屋駅。
ここから特急列車に乗れば、伊勢神宮の最寄り駅まで行くことができます!

乗るのはこちらの「伊勢志摩ライナー」
黄色い車体がめちゃくちゃ映えますね!


旅といえばポッキーっしょ!

約1時間20分乗って、伊勢市駅まで向かいます。
持ってきたポッキーを片手に、伊勢までの旅を満喫しました。

伊勢志摩ライナーの乗車記は別記事で書きましたので、気になる方はご覧ください!

伊勢神宮「外宮」を参拝!


伊勢志摩ライナーを見送る…

伊勢市駅に着きました!
この伊勢市駅は、伊勢神宮の外宮が最寄りの駅です!

伊勢神宮には外宮と内宮の2つがありまして、外宮から周るのが正しい参拝方法なんです。

ちなみにどちらか片方しか行かないのは「片参宮」といって、よろしくない参拝の仕方です。
なので両方行くようにしましょう!


ということで外宮に到着!

外宮についたら、まずはまっすぐ御正宮にいきましょう。


ここから先は撮影NGです

外宮の1番重要な建物で、豊受大御神とようけのおおみかみという神様が祀られています。
ちなみに伊勢神宮では、お賽銭をする必要がないんです。

そしてあまり知られていませんが、御正宮では禁止です。
他の参拝客の方は投げられていますが、日々の感謝だけを伝えればいいんです。

とうげつ
とうげつ

2礼2拍1礼をお忘れなく!

お願いをしたいなら、多賀宮という別のお宮でしましょう!


こちらが外宮にある多賀宮

こちらにもお賽銭箱がありますが、お金を入れる必要はないんです。

それよりも、日々の感謝を伝えることをお忘れなく!

別記事では、伊勢神宮へいくなら押さえておくべきことをまとめてあります!
ぜひ伊勢へ行くときの参考にしてください!

外宮から内宮へはバスで!

外宮での参拝を終えて、次は内宮へ向かいます!
外宮と内宮はかなり距離があり、バスで移動することになります。

「内宮前」というバス停が内宮の最寄りですが、一つ覚えておいて欲しいことがあります。

実はバス代を少し安くする方法があるんです。
それは一つ前のバス停で降りるということ。

外宮前→内宮前は440円かかるのですが、一つ手前の「神宮会館前」というバス停で降りれば350円で済むんです。


神宮会館前で降りれば、おかげ横丁を歩ける

しかもおかげ横丁を見ながら内宮まで歩けるので、とてもオススメの行き方です!

ちなみに神宮会館前から内宮までは、歩いて10分かかりません。

内宮への参拝は後編に続く!

内宮に到着しました!
内宮より先の旅行記は、後編に続きます!

後編では、おかげ横丁でのグルメや特急しまかぜのご紹介をします。

それでは今回はここまで!!

コメント