休日おでかけパスで東京近郊を旅しよう!値段や買い方をまとめて解説!

きっぷ・カード

今回はJR東日本が販売しているフリーパス「休日おでかけパス」をご紹介していきます!

値段や買い方はもちろん、オススメのスポットもいくつかピックアップしました。

・東京近郊が乗り放題のフリーパスを探している…
・ちょっとした列車の旅をしたい…

こんな方にはピッタリですので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

休日おでかけパスの使える範囲と期間

画像引用 JR東日本

休日おでかけパスの使える範囲は上の通りです。
東京を中心に、かなり広いエリアが乗り放題になります!

とうげつ
とうげつ

しかも、りんかい線と東京モノレールも乗り放題!

範囲内であれば、特急料金を払うことで特急列車や新幹線にも乗れます。

料金は大人2720円、子供1360円です。

利用できる期間はその名の通り休日がメインになってて、基本は土休日に買うことができます。
あとは夏休みやゴールデンウィーク、年末年始などの連休ですね。

・発売期間
通念
・利用期間
土休日および4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

休日おでかけパスは、駅の「みどりの窓口」「指定席券売機」から購入することができます。


指定席券売機

利用期間は1日だけなので、有意義に使ってください!

範囲外は追加料金を払えばOK

休日おでかけパスの外へ行く場合は、別途料金を払えばOKです。
例えば休日おでかけパスで宇都宮線を利用すると、自治医大駅までしか行けません。

とうげつ
とうげつ

宇都宮まであと3駅なのに…

その場合は宇都宮駅で「自治医大駅からの乗り越し精算」をするか、あらかじめ「自治医大→宇都宮」の乗車券を買えば解決です!

ちなみに特定の駅からの乗車券は、さきほどの「指定席券売機」から買うことができます。

これを利用すれば、新宿駅にいても自治医大駅からのきっぷを買うことができます。

休日おでかけパスは乗り越してもおトク

実はこの休日おでかけパス、乗り越しをしてもおトクになるんです。

例えば、さきほどの宇都宮駅へ行く例をあげますね。

新宿〜宇都宮は、通常だと往復3960円です。
そして「休日おでかけパス+乗車券」を買った場合、2720円+660円=3050円となります。

とうげつ
とうげつ

まさかの900円近くおトク…!

ちなみに660円は、自治医大〜宇都宮の運賃330円を往復にした値段です。
こんな感じで、エリア内を外側へ行くときもおトクになることがあるので、ぜひ覚えておいてください。

小田原駅の2つ先には、海が見える駅として有名な「根府川駅」があります。
エリア外ですが、少し足を伸ばして行ってみてはいかがでしょう?

グリーン車にも乗ることができる

JR東日本を走る普通列車には、二階建てのグリーン車がついている電車があります。
もちろんグリーン券を買うことで、グリーン車に乗ることは可能です。

「どうやってグリーン車に乗るの?」

こんな疑問をお持ちの方は、別記事でグリーン車の乗り方を解説しましたので以下の記事をご覧ください!

のんびりホリデーSuicaパスとの違い

休日おでかけパスとは別に、「のんびりホリデーSuicaパス」というフリーパスも販売されているのをご存知でしょうか?

正直いうと大きな違いはありません。
ですがこちらはSuica専用のフリーパスで、いちいち改札にフリーパスを通す手間がなくなります!

とうげつ
とうげつ

休日おでかけパスは紙で発行されるフリーパスです

料金は休日おでかけパスよりやや安い「大人2670円、子供1330円」です。

のんびりホリデーSuicaパスについては、別記事でご紹介していますのでこちらを参考にしてみてください!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

きっぷ・カード
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント