特急ライラック乗車レポート!札幌〜旭川を結ぶ通勤特急に乗ってみた

鉄道

どうもとうげつです!
この記事では、北海道の札幌〜旭川を結ぶ「特急ライラック」の乗車レポートをお届けします!

・ライラックってどんな列車なのか
・車窓はどんな感じなのか
・どんなところを走っているのか

この辺りをお伝えできればなーと思います!

それでは出発時刻も迫って来てるので、札幌駅へ向かいましょう!

スポンサーリンク

グリーンの「映え特急」ライラック


だだっ広い札幌駅改札

特急ライラックは、ここ札幌と旭川を結ぶ特急列車です!
さっき函館から来たばかりですが、そんなことは関係なく乗り鉄していきますよ!(お尻痛いけど…)

今回はえきねっとで、きっぷを45%オフで購入しました!
JR東日本とJR北海道の特急列車がおトクに買えるネット予約サービスなので、ぜひ利用してみてください!

ホームで待っていると、鮮やかなグリーンの列車が入って来ました!
こちらがライラックとして走る781系という車両です。

実際に生で見ると、本当にキレイなグリーンですよ。インスタ映えします。

とうげつ
とうげつ

なんならストーリーにあげました笑

ちなみにライラックは北海道に多く植えられている花の名前で、香水の原料にもなっています。

それでは車内へ行きましょう!

特急ライラックの車内

特急ライラックは6両編成で走る列車で、指定席3両・自由席3両と半々になっています。

ちなみに1号車の一部はグリーン車になっていますが、使う人はあまりいないでしょう。

こちらが自由席と指定席で使われる普通車のシートです。
列車によって青ベースのシートもありますが、座り心地は変わりません。

チラッとグリーン車ものぞいてきました。
こちらは15席しかないプレミアシートで、快適なのは間違いなさそう。

観光というより通勤向けの特急

札幌駅をでて、1時間25分ほどで終点の旭川です。
北海道の特急の中では、走ってる時間が短めです。

とうげつ
とうげつ

北海道は3時間や4時間走る列車がゴロゴロいますからね…笑

ライラックが走る札幌〜旭川間は、普通列車の本数も多い区間です。

なので通勤・通学で利用する方が多く、車内の利用者は旅行者だけでなく通勤の方らしき方もたくさんいました。


通過待ちや待ち合わせの列車も多いです

最初の停車駅「岩見沢」です。
ここが終着駅の普通列車が多いので、札幌からここまでライラックでビューンと移動する人も多いそう。

岩見沢で降りる人はたくさんいました。

「川」と名のつく駅

ライラックの停車駅は、札幌・岩見沢・美唄・砂川・滝川・深川・旭川です。

パッと見でわかると思いますが、「川」と名のつく駅がとても多いです。


田園地帯をかっ飛ばします

北海道は昔、アイヌ民族が暮らしていた場所だったので、現地のアイヌ語をもとにした地名になっています。

川を表す名前が多かったから、川の地名が多いんだそうです!

石狩川に沿って旭川まで向かい、ここが旭川行きが通る最後の橋です。

ちなみに旭川は、日が昇る街という意味のチュプ・ペッ(日・川)を異訳してこの地名になったそうです!異訳かい

北の巨大要塞「旭川駅」


寒い…

終点旭川に到着しました!
まだ旭川駅に降りたことがない方は、きっとあることに驚くはず。


となりにいるのは稚内ゆきの特急サロベツ。てか、駅でか…

それは何かというと、駅の大きさ。
新幹線の駅でもないのに、この駅舎のデカさにはビックリするでしょう!

寒さ対策のため、ホームとコンコースの間に自動ドアが設置されているのは北海道ならではですね!

コンコースもマジで広い…そしてキレイ。
2011年にできた4代目の駅舎なので、まだまだ新しいです!

旭川駅直結でイオンもスターバックスもあるので、旅行者にとっては楽園です笑

ということで、特急ライラックの乗車レポートは以上になります!
北海道を走る鮮やかなグリーンの特急列車、そしてでっかい旭川駅をぜひスマホにおさめてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました