「ぷらっとこだま」で東海道新幹線におトクに乗れる!料金や受け取り方法を解説

きっぷ・カード

東京から名古屋や大阪を結ぶ交通手段といえば何を思い浮かべますか?

夜行バスや飛行機という方もいると思いますが、一番の王道は東海道新幹線ですよね。
しかし新幹線は料金が高く、できれば少しでも費用を抑えたいと思う方も多いでしょう。

なので今回は、東海道新幹線におトクに乗れる方法であるぷらっとこだまについてご紹介します!

時間はかかってもいいから、おトクに新幹線に乗りたいという方はぜひご覧ください!

スポンサーリンク

ぷらっとこだまは「こだま」に乗れる割引商品

ぷらっとこだまはその名の通り、東海道新幹線「こだま」におトクに乗れる割引商品です!

こだまはご存知の通り、東海道新幹線の各駅にとまる新幹線のことです。

例えば、東京〜名古屋の通常料金(指定席)は11500円ですが、このぷらっとこだまを使えば8500円で乗ることができます。

キヨスクで使えるドリンク引換券が付いていたり、1000円あるいは1500円プラスするだけでグリーン車に乗れるオプションもついているんです!

どれくらいおトクかは次でご紹介します。

ぷらっとこだまを使えばどれくらいおトクか

一番気になるのは「ぷらっとこだまはどれくらいおトクか」ですよね?
ここでは東京・品川からの料金(指定席&グリーン車)をまとめてご紹介します。

まずは通常料金を払った場合ですが、こうなります!

・静岡 指定席6270円・グリーン車8740円
・浜松 指定席8240円・グリーン車12100円
・名古屋 指定席11100円・グリーン車14960円
・京都  指定席13970円・グリーン車19040円
・新大阪 指定席14520円・グリーン車19590円

次にぷらっとこだまを利用した場合の料金はこうなります!↓

・静岡 指定席4800円・グリーン車6500円
・浜松 指定席6800円・グリーン車8600円
・名古屋 指定席8500円・グリーン車9500円
・京都  指定席10500円・グリーン車12000円
・新大阪 指定席10700円・グリーン車12200円

だいぶオトクになっているのが、お分かりいただけると思います!
個人的には、もし使うのであれば「東京~浜松」か「東京~名古屋」をオススメします。

なぜなら、この距離がちょうどいいからです。
東京~名古屋をこだまでいくと、約2時間40分かかります。東京~浜松は約2時間くらい。

これくらいなら、こだまで移動してもそんなに疲れないんですよね。
しかし京都や新大阪をこだまで移動するとなると、新幹線とはいえかなり疲れます…。

しかもこの長い乗車時間を逆手にとって、グリーン車に長く乗ることができます。
最新のN700Sのグリーン車にもおトクに乗ることができますよ!

グリーン車についてはこちらの記事をご覧ください!

ちなみに東京~静岡の場合、高速バスがたくさん出ているのでそっちを利用するのがオススメです。

ぷらっとこだまの注意点

僕は旅行に行くときによく「ぷらっとこだま」を利用しています。
こだまは空いていることが多く、密を回避できるという点でもかなり良いですが、注意するべき点もあるのでご紹介します!

使える駅が限られている

ぷらっとこだまは、利用できる駅が限られているんです。
例えば東京・品川・新横浜から乗る場合、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪のいずれかに行く時しかぷらっとこだまは使えません。

とうげつ
とうげつ

つまりそれ以外の駅にはぷらっとこだまは使えないんです…

「のぞみ」や「ひかり」より時間がかかる

「こだま」は各駅停車の新幹線です。
超ざっくり言えば「ひかり」は急行、「のぞみ」は特急と思えばわかりやすいと思います。

なのでこだまを使っての移動だとそこそこ時間がかかります。
例えば東京〜新大阪は大体4時間かかりますし、東京〜名古屋も2時間半以上です。

なぜ時間がかかるかというと、ほとんどの駅で「のぞみ」や「ひかり」の通過待ちをするからです。

とうげつ
とうげつ

ちなみにのぞみは東京〜新大阪を2時間半、東京〜名古屋を1時間40分ほどで走ります!

ですが高速バスを使うよりは速いですし、使われている車両はのぞみやひかりと変わらないので快適さはバツグンです。

ぷらっとこだまの買い方と受け取り方法

ぷらっとこだまを購入する方法は大きく分けて3つあります。

①インターネットでの予約
②店舗
③コールセンター

インターネットでの予約は乗る1カ月前〜前日まで、店舗での受け取りは1カ月以上前から前日まで購入することができます。

店舗というのはJR東海ツアーズの店舗のことです。
東京や大阪・京都にも支店があるので、直接行って買うことができます!

とうげつ
とうげつ

上の写真の店舗は東京駅八重洲口にある支店です!

ちなみにコールセンターでの予約は「郵送受け取りの場合」乗る1カ月前〜2日前まで、「店舗受け取りの場合」は1カ月前〜2日前まで購入することができます。

ただし!乗る当日に買うことはできないので、そこは注意です。

今回はインターネットからの予約を例に、買い方をご紹介していきます。

インターネットでの予約は以下からできます!

まずは乗りたい列車や乗る日など、サイトの指示通りに従って入力をしていきましょう。

インターネットでの予約はクレジット決済のみです。
予約が完了すると、お問合せ番号がかかれた案内メールが届きます。

そうしたら、JR東海のきっぷの発券機に向かいましょう。
乗車当日には混む可能性があるので、余裕を持って発券することをオススメします!

この発券機のトップ画面はこんな感じです。

この右下の「JR東海ツアーズ 乗車票受取」をタッチすることで発見ができます。

ここで必要になってくるのが、QRコードと確認コードの2点です。
QRコードと確認コードはJR東海ツアーズのトップページの三本線→予約内容確認から開くことができます。

あとは発券機の指示に従えば、乗車票が発券されます。

それを持って、新幹線の改札の駅員さんに見せましょう!

もっと安くしたいなら高速バスがオススメ

ぷらっとこだまは新幹線の中ではかなりの割引ですが、もっと安く行く方法があります。

それは高速バス

特にWILLERエクスプレスの高速バスはとても安い上に、遮光幕やコンセントがついている上、ドライバーさんの印象もよいバス会社です。

とうげつ
とうげつ

僕もよくお世話になっていて、有料会員になってしまったほどです笑

ぜひ以下のリンクから、名古屋便の料金をチェックしてみてくださいませ。

東京・横浜・川崎・千葉⇔名古屋・三重・浜松

オススメ 東海道新幹線に安く乗る方法まとめ!【便利だけどやっぱ高い】

オススメ 金券ショップで買った新幹線のきっぷの使い方【結論、難しくないです】

コメント