仙台まるごとパスのモデルコース!海も山もこれ一枚!(前編)

旅のプラン

先日、東京を飛び出して東北地方に旅行へ行って来ました!

その際に使った仙台まるごとパス、非常に重宝したので今回は東北旅行を考えている方に向けて、僕が通ったルートをご紹介します。

日帰りでいけるので、ぜひ参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

仙台まるごとパスを使ったルート

仙台に夜行バスで来た僕は、そのままバスの降車場から仙台駅まで歩いていきました。

電車の時間までまだ余裕があったので、立ち食いそば屋さんに立ち寄りました。

しかし、ここでかなりボリューミーな朝ご飯を頂くことになります笑

詳しくはこちらからどうぞ!(あえてタイトルは伏せてあります笑)

仙台から仙山線で山形へ

朝ご飯をすませ、まずは一番行きたかった山形の山寺に向けて仙山線で向かいました。

山寺は仙台まるごとパスが使える範囲の端なので、山寺へ行きたい方にはもってこいなんです。

朝の7時台なので、そこそこ人が乗っていましたが、途中の北仙台、愛子あたりで多くの人が降りて行きました。

山寺駅に着く頃はガラガラでした。

仙台からおよそ1時間で来れます!

朝も早かったため、人がほとんどいませんでした。

ここから山寺の自然と、山からみれる景色を独り占め笑

午前8~10時くらいまで空いてるので超オススメです。

山寺については【山形】ポスターでよく見る山寺の見どころと御朱印について!混雑具合も教えます!で詳しく書いたのでそちらをご覧ください!!

山寺の観光を終えて、駅に戻るとき、大勢の観光客の方とすれ違いました。

数十人規模の団体さんも来ていたので、静かなのは早朝ならではですね…

仙台でグルメを制覇する

山寺から仙台に戻ることにはお昼前、ちょうど良い時間です。

仙台駅に戻って、まず最初に僕は前から気になっていたずんだシェイクを購入しました。

後にこのお店は東京にもあること知る

ずんだシェイクって豆感があってあまり美味しくないんじゃないかっていう先入観があったので、すこし食わず嫌いなところがあったんです。

しかし、一口飲めばどんどん飲んでしまうほどの美味しさでした笑

たしかにずんだの味はあるのですが、飲みやすいように甘さが調整されていたのでとても飲みやすかったです。

サイズもう少し大きいの買えばよかった笑

ずんだシェイクの後は、仙台旅行一番のメインである牛タンです。

やっぱ、名物は有名店で食べてみたいので、今回は王道をチョイスしました。

仙台駅から地下鉄南北線に乗り次の目的地へ

ちなみに、この仙台まるごとパスは地下鉄も全線乗り放題ですよ!

仙台駅から2駅の勾当台公園駅、ここに牛タンの名店があるんです。

それがこちらの旨味太助です!

ここで牛タンの定食をいただきました!

一人で来てる人も多く、店内は思ったよりも静かでした。

牛タンはやはり、味が違います。

プロが焼いたってのもありますが、東京で食べた牛タンとは全然質が違いました。

素人でもわかるレベルです。

人気なのも納得ですね。

野菜もたくさんとれるので、栄養面でも申し分ないですよ!

この旨味太助は別記事で詳しく書いたので、仙台牛タンの超王道!旨味太助の絶品定食はやはり東京と一味違った話からどうぞ!

牛タンを食べ終わった後、間髪入れずに次のグルメへ

結構食べるタイプなので、まだいけます笑

お次はこちらのほそやのハンバーガー

ここは日本で一番古いハンバーガーのお店として知られています。

店内は外国人の観光客が団体でいたので、店内で食べることは諦めました。

近くの公園でテイクアウトして食べることに。

ちなみに店内はレトロな雰囲気抜群でしたよ。

肝心のハンバーガーなんですが、国産牛100%なので肉感がすごいあります!

ソースも付いているので味がすこし濃いめに仕上がっていました!

創業から100万個売れたらしく、これからもっと多くの人に選ばれるんじゃないでしょうか。

仙台まるごとパスを使ったルートは後編も!

仙台まるごとパスの旅、ここまでまだ午前中です。

午後はまた別の場所に行きます。

その場所とは…後編で!!

今回の旅、後編との二本立てですので下のリンクから飛んで行ってください!

仙台まるごとパスのモデルコース!海も山もこれ一枚!(後編)

では今回はここまで!!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
旅のプラン
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント