京王ライナーは調布通過?新宿から実際に乗ってみた

鉄道


調布には止まらないことで一時期話題になった京王線の京王ライナー

そんな京王ライナーに乗ってきたので、今回はその乗車記録です!

スポンサーリンク

京王ライナーの乗車記

旅の始まりは京王線新宿駅

この日は週末の夕方ってのもあって、お出かけ帰りの家族連れが多かったです。

僕が乗るのは17時ちょうどの京王ライナー京王八王子行き

新宿駅から乗る場合は、あらかじめ座席指定券を購入しないと乗ることができません。

ホームで待っていると、令和のヘッドマークを付けた電車がやってきました。

奥のホームでは、特急を待つ人で溢れていたので、これからお帰りになる方が多いようです

買ったライナー券には、僕の座る座席は4Aという窓際の席と印字されています

せっかく京王ライナーに乗るんだから、窓際がいいなーなんて思っていたら、本当に窓際の席が指定されました笑

しかし、乗った瞬間僕は衝撃を受けます

ま、窓がほぼ見えないじゃないか

首を90℃横に向けないと車窓が楽しめないという割とハードなお席でした

しかし、各座席にコンセントが用意されている好待遇には驚きました笑

ちなみに、京王ライナーは座席変更したくてもできないので、指定された席は受け入れて座るしかありません。

部屋の端に追いやられた気持ち笑

若干ブルーになった僕をよそに、京王ライナーは新宿を定刻で発車しました。

まあ、斜向かいのドアから車窓が楽しめるということでよしとしましょう

京王ライナーは、出発直後は車内でクラシックが流れて、ロイヤル感がすごい

その後に車内放送という流れです

地上に出ると、更に電車は加速します

窓からの景色があまり楽しめない僕は、その頃今後のことについて考えていました。

こういう乗車記ってブログで書いたら読まれるのだろうか、もっとたくさんの人に見てもらえるような記事を書くにはどうしたらいいんだろう…

自分の将来やりたいことってなんなんだろうか…

めっちゃお腹減った、ラーメンが食べたい…(この後、八王子のラーメンを食べに行きました)

なんてかなり現実的なことを府中まで頭を巡らせて考えていました笑

ものの数十分で府中に到着

身体を90度にひねって撮影

ここから先は、普通の乗車券のみで乗ることができます。

つまりここから乗車した人は、空いている席に座ることができるんです。

府中、分倍河原をでて、次は高幡不動に向かいます。

せっかくなので、4Aの座席の視点をお披露目します

こんな感じです。

しきりの向こうには明るい空が広がっていて、さながら進撃の巨人の、壁の建つ街の中にいるようです。

自由(席を立つ)ってことはできたんですが、なんせ隣に人が座っていたので簡単に席を立つってことはできませんでした笑

そうこうしてるうちに、電車は北野に到着

ここから高尾方面とお別れです

ここで結構な人が降りて行きました。

高尾方面に行く人も乗り換えだからですね。

北野をでてすぐ、終点の京王八王子に到着しました。

京王ライナーはこの後、回送として京王八王子を出発して行きました。

こうして、わずか39分の短い旅が終わりました

さいごに

京王ライナー、1番の驚きはスピードですね笑

結構ビビるくらい飛ばしていたので、八王子まで30分ちょっとで行けるのは納得でした。

そして、今回の1番の心残りは座席の場所

京王八王子や橋本方面の京王ライナーは、4列目、7列目、10列目の窓際の席は基本今回のような席のようです。

車窓を楽しみたい方は諦めましょう笑

座席変更は出来ません

あくまで速達で走るライナーであって、特急電車ではないので笑

もともとリーズナブルに運賃に、400円プラスで乗ることができる京王ライナー

休日も平日も走っているので、新宿からお帰りの際は是非乗ってみてください!

また、京王ライナーは土休日に限り、高尾山口まで走っていく列車もあります。

高尾山周辺のイベントや登山のシーズンに合わせての運行になるそうなので、定期的に時刻表が変わりますので注意!

2019年6~10月の土休日は、新宿15時40分→高尾山口16時33分の1本が運転されるようですよ!

その際、京王が販売している高尾山きっぷが使用できるので、利用してみてください!

普通列車でもこの切符は使えます!京王線のおトクな一日乗車券・フリーパス!家族連れでお出かけするなら抑えておきたいレジャー切符もある!では京王のお得なきっぷをまとめたので併せてご覧ください!

では今回はここまで!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント