「ホテル京阪 名古屋」シングルルーム宿泊記!300円でスタバが飲み放題!?

ホテル

今回は名古屋にある「ホテル京阪 名古屋」の宿泊レポートをお届けしたいと思います!

・名古屋でおトクなホテルに泊まりたい
・欲を言えばキレイなホテルが良い
・アメニティがしっかりしてるところがいい

こんな方にとてもオススメです!
ホテル京阪のお部屋や、どんなサービスがあるのかレビューも兼ねてご紹介します。

ぜひ名古屋での一泊に検討してみてください!

スポンサーリンク

「ホテル京阪名古屋」にチェックイン

こちらがホテルのフロントです。
チェックインの時間帯は、チェックイン機+ホテルの方で対応してくださいます。

ホテル京阪名古屋は、名古屋駅前から伸びる桜通り沿いにあるビジネスホテルです。
地下鉄桜通線「久屋大通駅」4番出口から徒歩5分ほどで来ることができます!

名古屋駅からはちょっと離れていますが、徒歩30分くらいで来れるのでお散歩がてらホテルに向かうのもアリです。

フロントのすぐ隣には、アメニティスペースがあります。
客室へ行く前に歯ブラシや綿棒、ティーバッグなどをここで調達しましょう!

カミソリとヘアブラシに関しては、フロントで直接もらう必要があります。

ちなみにスリッパ、バスタオル、フェイスタオル、バスマット、部屋着はお部屋に用意されているのでご安心ください。

こちらがカードキーです。
それではこれを持ってお部屋へ向かいましょう!

シングルルームのご紹介

こちらがホテル京阪名古屋の客室です!
今回は1人で利用したので、シングルルームにしました。

2020年にできたばかりのホテルなのでまだまだ新築感がありますね!

窓側からみるとこんな感じ。
17.5平米もあるので、1人で利用するには十分な広さです!

とうげつ
とうげつ

Wi-Fiはテレビ画面に書いてあります!

玄関付近も広いですね。
全身鏡、靴べら、消臭スプレー、スリッパがあります。

ベッドは一つだけモニターがあるのですが、これがめちゃくちゃ便利!
エアコンや部屋の灯りがここで一括管理できるんです。

寝る前はスタンドと家具上の灯りだけつけておくのがオススメ。雰囲気いいですよ!

お風呂はユニットバスになっていて、とても清潔です。
このホテルに大浴場はないので、湯船につかりたいならお湯を貼って入りましょう。

余談ですが、ホテル京阪のドライヤーはめちゃくちゃ優秀です。
ホテルのドライヤーって基本乾きにくいし、MAXでも風が弱いタイプもあるじゃないですか?

しかし、ここのドライヤーは風はパワフルだし乾くのも速い!ぜひ使ってみてください。

スタバのドリンクが飲み放題!?

フロントの横には、朝食で利用されるレストランが併設されています。
そこでは12〜21時の間、1時間300円でカフェスペースとして利用できるんです!

そしてなんとスターバックスのドリンクが飲み放題!


ラインナップはこちら

カフェラテやモカなどのエスプレッソを使ったドリンクが飲めまして、フラペチーノはさすがに出来ません。

利用する場合は、フロントの人に言って利用することを伝えて料金を先に払いましょう!

とうげつ
とうげつ

飲みすぎ注意です!

朝食を食べる際に気を付けたいこと


おはようございます

朝食付きプランで止まったので、1Fのレストランにやってきました!


ホテルあるある「ビュッフェで和洋混合しがち」

ビュッフェ形式でして、好きなものを取って朝のスタートを切りましょう!
食べ物の種類は特別多いわけではありませんが、それでも選んでお皿に載せる楽しさは十分味わえます!


レストランに入ったら渡されます

上のカードをテーブルに置いて食事を取りに行く人が多いのですが、戻ってきたら別の人が自分の席と勘違いして座ってしまうことがあります。

というか僕は席を取られてしまいました笑
みんな同じカードを渡されるので仕方ないか…。

対処法として、カードと一緒にペンやハンカチなどの私物を置いておくといいでしょう!


お世話になりました!

レストランは10時まで、チェックアウトは11時までですので多少寝坊しても大丈夫です!

ちなみにチェックアウトする時は、ルームキーを機械に差し込むだけなのでわざわざフロントさんを呼ぶ必要もありません。

事前に支払いを終えていれば、チェックアウトに1分もかかりませんよ。

とうげつ
とうげつ

PayPayなどのQR決済が使えるのも嬉しいですね!

とても快適なホテル京阪名古屋、ぜひ一度泊まってみてください!

もしも伊勢神宮へいくなら

名古屋に宿泊するなら、伊勢神宮へ行こうか考えている方もいるのではないでしょうか?

別記事では、伊勢神宮へ向かう特急しまかぜや伊勢志摩ライナーはもちろん伊勢神宮での参拝方法もご紹介しているので合わせてご覧ください!

以下に記事を貼っておきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました