川越はつまらないって本当?半日旅行で実際に確かめてきた!【旅行記】

旅行記

川越はつまんないよ。

一度は聞いたことがある言葉かもしれません。
事実、僕は何度も聞いてきました。

川越といえば、池袋から東武東上線に乗って30分でいける観光地でおなじみですね!

川越はつまらないというのは本当なのか?という疑問を確かめるべく、今回は川越の旅行記をお届けしたいと思います!

結論を先に言ってしまいましょう。

とうげつ
とうげつ

めちゃくちゃ楽しかったわ!!!

スポンサーリンク

川越へは東武東上線でいくのがオススメ

東京都心から川越へ行く場合、東武東上線でいくのがオススメです。

JR線や西武新宿線も川越まで走っているのですが、東武東上線がベスト。

東武には「小江戸川越クーポン」というフリーパスがあるのですが、池袋〜川越までの往復分と川越エリアの東武バスが乗り放題でおトクだからです!


川越らしいラッピングがされた車両

しかも東武東上線には、停車駅が少ない川越特急という種別の電車も走っています。

池袋から川越まではたったの26分です!
池袋駅からは10時発と11時発の2本だけ出ているのですが、特急料金もいらずに乗れるので超便利。

川越特急については別記事でご紹介しているので、こちらをぜひご覧ください!

あっという間に川越駅に着いてしまいました。
乗り鉄の僕からすると、速すぎて乗った気がしません笑

川越名物の親子丼

時刻は11時前、ちょっと早いですがお昼ご飯を食べにいきます。

食べに行くのは「小江戸オハナ」の親子丼!
川越の有名なグルメの一つです。

川越駅東口から、バスで10分ほどのところにある仲町バス停で降ります!


やっぱ遅れるよね…

川越は駅から観光スポットの中心部まで、道路は狭く渋滞がよく起こります。なのでバスは遅れがち…。

さて、絶品の親子丼を食べに行こうとお店まで歩いて行くとなんと…!!

臨時休業

まさかの臨時休業…。
定休日ではなく臨時休業…。

店頭には、近隣店舗への案内が書かれていました。
丸広百貨店か、川越駅西口にある店舗の2つ。

しかし食事ができるのは、川越駅西口の店舗のみ。

すっかり親子丼の口になっていた僕は、駅に戻ることにしました。

すぐにバスに乗ってもよかったのですが、隣のバス停まで「こいのぼり」を見ながら軽くお散歩してきました。

小江戸オハナのすぐ目の前は、大正浪漫通りという川越の観光スポットになっています。

4月になると無数のこいのほりが泳ぎ、とても風情がある景色を見ることができますよ!


戻ってきた…笑

観光スポットの中心部へ行くバスは東口から出ていますが、小江戸オハナは西口のユープレイスという商業施設の中にあります。


なんか急にオシャレな感じ…

こちらが親子丼が味わえるもう一つの店舗です。
混んでると思っていたのですが、ガラガラでした。

中心部まで行って、わざわざ戻ってくる観光客なんていないからでしょうね笑


この見た目だけでご飯3杯いける

こちらが小江戸オハナの親子丼です!
ダシがめちゃくちゃ効いてて絶品です。

とうげつ
とうげつ

戻ってきてよかった!


人がいないので、心ゆくまで味わえる…

4人席と2人席が2つずつ、カウンター席が4つというコンパクトな造りなので、混んだら行列は不可避でしょう。

インスタ映え間違いなしの川越氷川神社

親子丼を食べて、再び東武バスに乗ります!
今度は「川越氷川神社」という、インスタによくアップされている神社に向かいます!

川越駅から神社までは約15分ほど。
バス停を降りると、すぐ目の前が神社になっているので迷うことはないでしょう!


一見普通の神社ですね

なんでインスタによくアップされているのかというと、本堂とは別の場所がインスタ映えするからです!

川越氷川神社は絵馬や風車でできたトンネルがあり、ここがSNS上で有名なスポットになっているんです。

とうげつ
とうげつ

夏は風車ではなく、風鈴が吊るされていますよ!

しかも神社の境内には、見上げるほど大きな鳥居が建っていて迫力があります!

お賽銭した後は、ずっとスマホのカメラを起動した状態でウロウロしてました笑

それだけ魅力があるってことですね。
川越へきたらここはマストでしょう。

お茶菓子でゆったりした時間を過ごす


川越といえばこのアングル

神社からバスと徒歩で、時の鐘まで来ました!

この日は4月なのに最高気温28℃という季節はずれの夏日だったので、どこかで涼むことに。

ということで、古民家カフェ「菓匠 右門」でお茶をします!

店頭はいも恋や芋ぽてといった芋のスイーツが売られている土産物店ですが、店の奧は食事ができるカフェになっているんです。


抹茶と芋ようかんのセット(580円)

ここでは抹茶と芋ようかんのセットを楽しみました!

お琴のbgmが流れる落ち着いた空間で、ゆったりすることができますよ!


急にガラガラになった

店内の席は今見えている範囲で、席数はかなり少ないです。
タイミングがよければ、すぐに案内してもらえるでしょう!

抹茶と芋ようかんを堪能した後、その足で鐘つき通りのスタバへ行きました。

Twitterのプロフィールにも書いていますが、僕はスタバが好きなブロガーです!

なので、川越のスタバももれなく訪問してきました。


やっぱオシャレですね

店内は開放的で、晴れた日は屋外のテラス席も使うことができるそうです!


ちょっとオシャレな気分を味わう

伊勢内宮や、鎌倉御成町の店舗とはまた違ったテイストで素敵でした!

帰りも東武東上線で!


中心部のバス停「一番街」

夕方から仕事があるため、東京へ帰ります!

川越は東武バスがバンバン走っているので、川越へいくなら東武のフリーパスを使うのが一番ですね。

1110円でバスは乗り放題で、とても役立ちました…!


この後池袋まで戻りました

ということで、川越の半日旅行はここまで!

滞在時間5時間というショートトラベルでしたが、充分楽しむことができました!

ぜひ日帰りで川越へお出かけしてみてください。

今回の旅費と押さえておきたいこと

今回の川越旅の旅費は、こうなりました!

・小江戸川越フリーパス 1110円
・小江戸オハナ 親子丼 1045円→995円
・菓匠 右門 抹茶と芋ようかん 580円
・スタバ コーヒー代 350円
合計 3035円

わずか3000円ちょっとで旅ができる高コスパの旅先でした!

そして押さえておきたいことは以下の5つです!

・小江戸オハナは臨時休業があるので、Twitterか電話で事前に確認すべし
・バスは所要時間 +5分〜10分は見込むべし
・日帰りで楽しむのがちょうどいい
・平日でもそこそこ混んでる
・3000円で楽しめる

ぜひ東武の小江戸川越フリーパスを使って、おトクに旅をしてみてください!

コメント