東武線のおトクなフリーパスと一日乗車券まとめ!日光・鬼怒川だけじゃない沿線の魅力

きっぷ・カード

都内と北関東を結ぶ東武鉄道といえば、鬼怒川や日光へ行く代表的な列車「スペーシア」や「SL大樹」が有名ですね。

この記事では、東武鉄道が発売しているおトクな一日乗車券・フリーパスをまとめてご紹介します。

・鬼怒川や日光で使えるおトクなきっぷを知りたい
・東京スカイツリーや上野アメ横や小江戸「川越」へ行きたい
・少しでも費用を抑えて旅行をしたいと思っている

そんな方に向けて書いていきます!

東武スカイツリーライン周辺で使えるフリーパス東武東上線エリアで使えるフリーパスを分けてご紹介します。

ではまず、東武スカイツリーライン周辺で使えるフリーパスから見ていきましょう!

スポンサーリンク

東武スカイツリーライン周辺で使えるフリーパス

まるごと日光 東武フリーパス

画像引用 東武鉄道公式ホームページより

こちらは日光エリアの鉄道とバスが一日乗り放題のおトクなきっぷです!

「まるごと日光 東武フリーパス」には以下の特徴があります。

①東武線発駅~下今市までの往復券
②下今市~東武日光一日乗車券
③日光エリアのバス一日乗車券
④指定の施設での割引や特典

日光東照宮や明智平、湯元温泉もこのきっぷで行くことができるうえ、有効期間は4日間あるので多くの観光スポットへ行けますよ!

料金は発駅ごとに違うのですが、4月~11月、12月~3月で購入する金額が変わるのでご注意を!

例えば、浅草~竹ノ塚が発駅の場合だとこうなります!

4月~11月は大人4610円・子供2320円
12月~3月は大人4220円・子供2110円

その他の駅は東武鉄道公式ホームページで詳しく載っているのでどうぞ!

とうげつ
とうげつ

特急列車に乗る場合は別で特急券が必要になります!

まるごと鬼怒川 東武フリーパス

画像引用 東武鉄道公式ホームページより

こちらは鬼怒川温泉や湯西川温泉エリアの電車とバス、「日光江戸村」や「東武ワールドスクエア」といったテーマパークに便利な循環バスが乗り放題のフリーパスです!

5月は新緑、秋には紅葉が美しい龍王峡にも行くことができますよ!

龍王峡

有効範囲は下の通りです。

①東武線発駅~下今市までの往復券
②下今市~湯西川温泉間の一日乗車券
③鬼怒川エリアのバス一日乗車券
④指定の施設での割引や特典

日光エリアのフリーパスと似ていますね。
こちらも4月~11月、12月~3月で購入する金額が変わるのでご注意を!

有効期間は4日間です!

浅草~鐘ヶ淵駅発の場合こうなります↓

4月~11月は大人4820円・子供2430円
12月~3月は大人4450円・子供2230円

まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス

画像引用 東武鉄道公式ホームページより

勘の良い方はもうお分かりですね?
上2つのフリーパスの合体バージョンです。

両方のきっぷの効果が適用されるので範囲がとても広く、日光へ行った後にそのまま鬼怒川温泉で宿泊するなんてこともできちゃうんです!

こちらも有効期間は4日間。

浅草~鐘ヶ淵発の場合は料金はこうなります!

4月~11月は大人6260円・子供3150円
12月~3月は大人5740円・子供2870円

日光・鬼怒川への特急列車といえば「スペーシア」「リバティ」がありますね!

なかでも東武の特急列車「リバティ」は、下今市~東武日光・下今市~会津田島の区間を特急券無しでも乗ることができます

とうげつ
とうげつ

ただし!下今市から浅草方面に行くなら特急券が必要になります!

リバティ、スペーシアの乗り方については別記事で詳しく解説しているので、こちらからご覧ください!

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス

画像引用 東武鉄道公式ホームページより

こちらは日光・鬼怒川旅行で使えるもっとも高級なフリーパスです。

上の「まるごと日光・鬼怒川フリーパス」の範囲に加えて、明智平ロープウェイや中禅寺湖遊覧船が乗り放題になります!

有効期間は5日間で、往復の特急の座席が確保できた場合のみ販売してもらえるというちょっと特殊な販売をしています。

購入が可能な場所は以下の通りです。

・浅草~春日部間、小村井~亀戸間、大宮~柏間各駅の駅窓口
・浅草駅旅行センター
・東武トップツアーズ各支店

特急料金を含めた値段になるので、料金は日によってバラバラになります。

東武スペーシアには、午後割や夜割といった割引サービスがあるほか、平日と土休日で特急料金が変わるからです。

とうげつ
とうげつ

ちなみにリバティに割引サービスはありません!

一例として「土休日の午前中に日光・鬼怒川方面に出発する場合」の値段を上げておきます。

・浅草発 大人8880円・子供4490円 特急乗車駅は浅草

・曳舟~鐘ヶ淵、押上、小村井~亀戸発 大人8880円・子供4490円 特急乗車駅は北千住

・堀切~北千住発 大人8770円・子供4420円 特急乗車駅は北千住

・北越谷~春日部、七里~七光台発 大人8200円・子供4130円 特急乗車駅は春日部

※SL大樹は別途SL座席指定券が必要です

2020年10月現在、中禅寺湖遊覧船は減便して一部運航されています。
千手ヶ浜コースは全便運休していますのでご注意ください。

日光・鬼怒川エリア 鉄道乗り放題きっぷ

こちらは東武の鉄道のみが乗り放題になるフリーパスで、下今市~東武日光・新藤原が範囲内です。

なのでこのきっぷだけでは川治温泉や湯西川温泉へは行けないので注意!

「日光・鬼怒川エリア 鉄道乗り放題きっぷ」は下今市駅、東武日光駅、鬼怒川温泉駅でしか買えないのも特徴で、都内から行く方はまるごときっぷを買った方がおトクになります。

料金は大人500円、子供250円です。

ゆったり会津 東武フリーパス

画像引用 東武鉄道公式ホームページより

「ゆったり会津 東武フリーパス」は日光・鬼怒川エリアと会津エリアの鉄道が乗り放題になります。

有効期間は4日間で、浅草・春日部方面~下今市を特急で移動する場合は別で特急券が必要になります。

そしてこの「ゆったり会津 東武フリーパス」は3種類に分かれます。

・下今市~東武日光・会津田島が乗り放題(ゆったり会津 東武フリーパス[会津田島])
・下今市~東武日光・芦ノ牧温泉が乗り放題(ゆったり会津 東武フリーパス[芦ノ牧温泉])
・下今市~東武日光・喜多方が乗り放題(ゆったり会津 東武フリーパス[喜多方])

それぞれ料金が違いますので、どういう旅をするか考えてから購入するといいですよ!
気になる料金は以下の通りです。

・ゆったり会津 東武フリーパス「会津田島」
浅草~鐘ケ淵・押上・小村井~亀戸・増尾~船橋発 大人5950円 子供3010円
堀切~越谷、大師前、加須~館林、大宮~大和田、清水公園~新柏 大人5620円 子供2830

・ゆったり会津 東武フリーパス「芦ノ牧温泉」
浅草~鐘ケ淵・押上・小村井~亀戸・増尾~船橋発 大人6920円 子供3470円
堀切~越谷、大師前、加須~館林、大宮~大和田、清水公園~新柏 大人6620円 子供3330円

・ゆったり会津 東武フリーパス「喜多方」
浅草~鐘ケ淵・押上・小村井~亀戸・増尾~船橋発 大人7390円 子供3710円
堀切~越谷、大師前、加須~館林、大宮~大和田、清水公園~新柏 大人7110円 子供3570円

そして購入場所は、以下の通りです。

・浅草~館林間、小村井~亀戸間、大宮~船橋間、杉戸高野台の各駅の駅窓口(押上、大師前は除く)
・浅草駅旅行センター
・東武トップツアーズ、JTB、近畿日本ツーリスト各支店

リバティあいづを乗り通したい方は、「会津田島」のフリーパスを買うといいですよ!
会津田島まで行って、鬼怒川や日光に立ち寄ることも可能です。

東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ

東京スカイツリー周辺の観光にぴったりなフリーパスです!

東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷの有効期間は1日のみで、きっぷの効果はこちら!

①東武発駅~北千住までの往復
②浅草~北千住、曳舟~押上間、曳舟~亀戸間の乗り放題

料金は発駅ごとに変わりますが、主な駅からの料金は下の通りです。

新越谷~北越谷 大人890円・子供450円
一ノ割~北春日部・八木崎 大人1070円・子供530円
久喜・南栗橋・大宮 大人1410円・子供720円

東武浅草駅近くには桜の名所である隅田公園がありますし、今年は東京ミズマチという新しいスポットも誕生しました!

特に春にお出かけされる方は桜散策をしに行ってみては?

浅草下町フリーきっぷ

こちらはスカイツリー周辺散策きっぷのパワーアップバージョンだと思っていただければ分かりやすいかなと思います。

浅草下町フリーきっぷの効果はこちら!

①東武発駅~北千住までの往復
②浅草~北千住、曳舟~押上間、曳舟~亀戸間の乗り放題
③台東区の循環バス「めぐりん」の一日乗車券
④指定の施設の割引券

施設の割引は浅草演芸ホールや花やしきなども含まれているので、スカイツリーのついでに遊ぶこともできてしまうんです!

有効期間は2日間で、料金は以下の通りです。

新越谷・越谷 大人840円・子供570円
北越谷~せんげん台 大人920円・子供590円
春日部~姫宮 大人1090円・子供670円
久喜 大人1320円・子供790円
南栗橋駅・大宮 大人1420円・子供840円

とうげつ
とうげつ

夕方に浅草の観光をし、その後東武線でスカイツリーに移動して夜景を楽しむというルートはかなりオススメです。

台東・墨田東京下町周遊きっぷ

こちらは浅草下町フリーきっぷよりも範囲が広いフリーパスです!

①東武発駅~北千住までの往復
②浅草~北千住・曳舟~押上間・曳舟~亀戸間の乗り放題
③台東区の循環バス「めぐりん」の一日乗車券+墨田区循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」+東武バス(スカイツリーシャトル浅草・上野線)のフリー乗車券
④指定の施設の割引券(すみだ水族館、スカイツリー展望デッキ、スカイツリータウンのプラネタリウムなど)

上野もこのきっぷで行くことができるようになります。
なので、上野動物園やアメ横もこのきっぷで行けてしまうんです!

購入場所は浅草エリアの観光案内所などたくさんありますが、東武線に限っていえば浅草~北千住・曳舟~亀戸の各駅で買うことができます。

このフリーパスは1日券と2日券があるのでお好みで選ぶことができますよ!
料金はそれぞれ500円と700円です。※大人も子供も同額です

ふらっと両毛 東武フリーパス

こちらは東武伊勢崎線を中心とした両毛地区で使えるフリーパスです。
きっぷの効果はこちら!

①東武発駅~茂林寺前の往復券
②伊勢崎線茂林寺前~伊勢崎・桐生線・小泉線・佐野線の乗り放題
③  館林エリア・佐野エリア・足利エリア・太田エリア・桐生エリア・伊勢崎エリアの路線バスが乗り放題

とうげつ
とうげつ

佐野ラーメンや太田の焼きそばを食べに行く、足利フラワーパークへ行くなど、栃木と群馬の南部を旅行するにはピッタリなフリーパスです。

料金は以下の通りです。

浅草~竹ノ塚から 大人2440円、子供1250円
春日部~和戸・杉戸高野台・幸手から 大人1970円、子供1010円です

両毛地区は、名前の通り東武の特急列車「りょうもう」が乗り入れています!
りょうもうについても別記事でご紹介していますのでぜひご覧ください。

ここまでは東武スカイツリーライン周辺で取り扱っているフリーパス・一日乗車券をご紹介してきました。

続いては、池袋を発着する東武東上線で使えるフリーパスや一日乗車券をご紹介します!

東武東上線エリアで使えるフリーパス

小江戸川越クーポン

かつて城下町だった「川越」へお出かけする時にピッタリなフリーパスです。
小江戸川越クーポンの特徴はこちら!

①東武発駅~川越・川越市の往復券

②川越エリアの路線バスが乗り放題

一例ですが料金をのせておきます!

池袋&小川町から 大人1020円・子供530円
上板橋~成増・森林公園・つきのわから 大人880円・子供450円

2019年の春から、川越へ向かう「川越特急」という新しい列車種別も誕生しました。
毎日池袋を10時と11時に出発していきます!本数が増えることに期待がかかりますね。

川越特急については、池袋から26分!東武東上線の「川越特急」は便利だけど本数が少ない?でご紹介しているのでこちらも併せてご覧ください。

また、直通先の東急電鉄からも小江戸川越クーポンは購入できます。

詳しくは東急のおトクきっぷをまとめた記事でご紹介しているのでこちらもどうぞご覧ください!

おごせ散策きっぷ

越生梅林や宿泊施設である、ニューサンピア埼玉おごせなど、越生方面のフリーパスです!

きっぷの特徴はこちら。

①東武発駅~越生間の往復券
②越生駅~黒山・越生駅~ニューサンピア埼玉おごせのバスが乗り放題

とうげつ
とうげつ

川越と比べれば知名度は低いですが、黒山三滝など、自然豊かな越生へハイキングしに行ってみてはいかがでしょう?

料金はこちらを参考にしてください!

池袋から 大人1740円、子供880円
和光市~朝霞台から 大人1410円、子供710円
川越市・森林公園から 大人1160円、子供610円

日光・鬼怒川へは東武のフリーパスがおトク

東武鉄道のフリーパスは、結構シンプルなものが多いと感じました。
日光・鬼怒川へ行くなら間違いなく東武を選ぶべきです!

そして、おでかけ先でのレジャーや遊びを体験するなら、遊び予約サイトの「Asoview(アソビュー)」がオススメです。

日光・鬼怒川エリアでは、日帰り温泉や電動ろくろ体験、中禅寺湖のカヌー体験などが予約できるので一度ご覧になってみてください。

とうげつ
とうげつ

ご紹介したフリーパスと組み合わせて北関東の旅を素敵なものにしてくださいませ!

また、別記事では東上線のTJライナーに乗って平日夕方からでもできる温泉小旅行をご紹介しているので以下の記事もご覧ください!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
きっぷ・カード
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント