週末パス旅行記《後編》特急列車を乗り継いで東京へ帰るルートのご紹介!

旅行記

どうもとうげつです!
今回は、週末パス旅行記後編をお届けしていきます!

後編では新潟を出発し、特急列車を乗り継ぎ東京へ帰るルートです!

最後に週末パスを使ったこの旅の予算をアップするので、ぜひ参考にしてみてください。

とうげつ
とうげつ

では2日目、新潟駅からスタートです!

あ、ちなみに前編はこちらからどうぞ!↓

スポンサーリンク

特急しらゆきで新潟の南へ下る!

萬代橋近くのホテルで一泊し、新潟駅まで25分かけて歩いてきました。
まだ朝の7時半です…。

これから、特急しらゆきに乗って新潟の南部にある終点の新井駅まで向かいます!

新井から在来線に乗り換えて、まずは長野駅へ向かうというのが午前中の予定です。

早朝ということもあって、ガラガラ…。
僕がいた2号車には4人しかいませんでした。

時間通りに出発し、新井へ向かいます!

2日目はトラブルが起きませんように…!そう願っていたのですが…。


通過駅に臨時停車…

なんとまたもやトラブル発生!
大雨と強風で、運転見合わせになってしまったんです!

特急しらゆきの乗車レポートは、別記事で書かせていただきました。
ぜひこちらをチェックしてみて下さい!!

北陸新幹線でショートカット!

なんと36分遅れで、上越妙高に到着…。
新井にも行かず、一つ手前の上越妙高止まりになってしまいました。

乗る予定だった長野方面の普通電車にも乗れなかったので、またまた新幹線に乗ることに。

実は上越妙高から長野までは、北陸新幹線で行くこともできるんです!

上越妙高から長野までは約25分です。
在来線で行くと1時間かかるので、ここで一気に遅れを取り戻します!

今回の週末パスの旅では、新幹線は1回も使わない予定だったのですが、2回も使うことになってしまいました笑

冬の新潟は侮れませんね…!

雪→晴れ→雨と、新幹線に乗っている間は天気がコロコロ変わっていきます。
長野駅周辺は晴れの予報だったんですが、到着した時には長野も雨が降っていました。

さて長野に到着したので、ここでお昼ごはんにします!
それではお店へいきましょう!

絶品かきあげと信州そばを食べて松本へ!

今回のお昼は、長野駅前にある「小木曽製粉所」というそば屋さんでいただきます!

寒かったので、温かいとろろそばと紅しょうがのかき揚げを注文しました。
おそばはもちろん美味しいのですが、それ以上にかき揚げがとんでもないウマさでした!

醤油をちょっと垂らして食べるとより美味しいので、ぜひ召し上がってください!


店内からは駅が見えるくらい近くにあります

午後は、長野から普通電車に乗って松本へ行きます。
そして松本からは、新宿行きの特急あずさで東京に帰るというスケジュールです!

松本行きの普通電車は1時間おき。
電車が来るまでお土産屋を見たりして、時間を潰すのもいいでしょう。


2両編成の短い電車です

長野から松本まで、1時間半電車に揺られて行きます。
地元の人なのか、車内は満席で立ち客もいるほどの混み具合でした。

大勢のお客さんを乗せて松本を出発!

長旅のせいでいつのまにか僕は寝てしまっていて、起きたら松本まで後15分くらいのところまで来ていました笑


松本市は晴天です

窓の外を見ると、今までの雨が嘘のような晴天が広がっていました!

終点の松本に到着です!
ここから一気に新宿まで進みますよ!

日曜日の特急あずさはやはり混む


今回の旅のアンカー「あずさ38号」

あずさ38号に乗って新宿へ帰ります!
この日は日曜日ということもあって、あすざはほぼ満席でした。


居酒屋あずさ開店

せっかく2時間半も乗るんですから、駅で金麦とお菓子を買って、至福の時間を過ごすのもアリでしょう!


信州の景色ってとても澄んでますよね…

あずさから見える中央線の風景のご紹介を交えた乗車レポートを別記事でアップしました!

ぜひこちらをご覧ください!

今回の旅の旅費は?


新宿に到着!

2日間にわたる、週末パスの旅はこれで終了!
トラブル続出でしたが、なんとか今回も無事に帰ってくることができました。

週末パスを使った今回の旅、旅費を集計してみたらこうなりました。

週末パス 8880円
しらゆき指定席 2670円
あずさ指定席 2550円
雑費(お土産等)5000円

合計 19100円

上越妙高→長野で払った新幹線代はのぞいています。
もともと払う予定はなかったからです!

ご飯をあまり食べなかったので、雑費がかなり抑えられました。
2万円弱持っていけば、余裕で旅をすることができます。

週末パスについて詳しく知りたいよーって方は、別記事で週末パスのご紹介をしていますのでチェックしてみてください!

週末パスを使ったオススメルートのご紹介は、また別の機会にご紹介したいと思います!

それでは今回はここまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました