【旅行記】バースデイきっぷで行く、夏の四国2泊3日の旅!最終日

旅行記

どうもとうげつです!

今回は「バースデイきっぷで行く夏の四国の旅」の最終日を書いていきます。

初日、2日目の旅程は別記事で載せておりますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

特急しまんとで「ごめん」へ

高松で一泊し、最終日今日は高知県「室戸岬」へ向かいます!
ちなみにこの日の朝ごはんは、またさか枝うどんにお世話になりました。

コスパのよいうどんと、お金ない旅行者って相性いいですよね…笑

香川での最後のうどんを食べて高松駅へ。
乗るのは高松発、高知行きの特急しまんと号です。

高松から高知へ行く特急列車は、朝と夜の一部の時間帯しか出ていません。
一本で行けるのはありがたいですね笑

終点の高知まで乗っていきたいところですが、途中の後免で降ります。

今回の旅行で3回は通った大歩危の景色ともお別れ。
四国まんなか千年ものがたりの旅、とても楽しかったですね…

なにかと謝罪で使えそうな駅「後免駅」に到着しました。
ごめんって言葉を見るだけで、なんかこっちが申し訳ない気持ちになるのは僕だけでしょうか?笑

次はこの後免駅から、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の「しんたろう号」に乗って、奈半利駅に向かいます!

展望デッキがあるしんたろう号

こちらが展望デッキのあるしんたろう号です。
高知から奈半利までを結んでいて、この後免駅からデッキを利用することができます!

とうげつ
とうげつ

高知〜後免はJR線なので、デッキは使えません!

しんたろうの名前のモデルになっているのは、あの中岡慎太郎です。

高校で日本史を習ってた方は、あーってなったと思います笑

中岡慎太郎は、坂本龍馬と一緒に薩長同盟を結ぶために尽力した明治時代の偉人です。
終点の奈半利の北側にある「北山村」というところの生まれなんだそう。

展望デッキから見る、太平洋の景色はめちゃくちゃ最高!
後免から奈半利までは約1時間ほどでいけます。

それまでは、列車から見える雄大な景色を楽しんでください!


後ろからの景色も十分楽しめますよー

そういえば、このごめん・なはり線にはトンネルがいくつかあります。
トンネルをくぐる時も展望デッキにいることができますが、とんでもない暴風を体験できます。

シンプルに恐怖を感じるレベルなので、スリルを求めている方はぜひ笑

とうげつ
とうげつ

マジで身の危険を感じましたね…笑

高知の東の端「室戸岬」

終点の奈半利駅に到着しました!
高松を出てからもう4時間以上たっています。

もうそろそろ室戸岬着くでしょ?

と思ったそこのアナタ!

甘い

ここからさらに、路線バスで1時間乗っていきます。室戸岬は遠い遠い…

高知東部交通の路線バスで、奈半利駅から「室戸岬」バス停まで乗っていきます。

とうげつ
とうげつ

バス停の数がめちゃくちゃ多いです笑

バスはずっと海沿いを走っていくので、海を見ながら音楽でも聞きましょう!

サザンや髭ダンを聞きながら走ること1時間…

室戸岬バス停に到着しました。
なかなかの僻地なので、ここまで乗ってくる人は僕1人だけでした笑

しかしライダーの方や、ドライブで立ち寄っている人はちょいちょいいました。
きっとみんな潮風を浴びたいんですね。

こちらが室戸岬の浜辺「月見が浜」です!
風と波の音しか聞こえないので、最果て感がすごい…

5時間かけて来てよかったです。

ちなみに今いる室戸岬の場所はココです↓


触ったらちょっと痛そうな場所

室戸岬へ行くバスは1時間に一本通っているので、距離はありますが行きやすい場所といえますね!

室戸岬を後にし、その足で高知空港へ向かいました。


四国の旅はこれにて終了!

四国で受けたサプライズ

2日目に「四国まんなか千年ものがたり」でバースデーカードをいただきました。

まさかのサプライズに驚きましたね…

しかしサプライズはこれだけではありませんでした。
それは帰りの飛行機でのこと…

なんとCAさんから、バースデーカードをいただきました!
まさかJALの飛行機の中でももらってしまったんです。

JALカードで乗っていたので、僕の誕生日はわかってたんでしょう笑
乗ったこの日は8月28日。

僕は29日が誕生日なので、「1日早いですがおめでとうございます!」と言っていただきました。

とうげつ
とうげつ

感動した!

飛行機の模型もくれまして、もう死ぬまでJAL使ったろって思ってしまいました笑

とても心があったかくなった夏の四国旅でした。
ぜひバースデーきっぷを使って、四国を巡る旅をしてみてください!!

とうげつ

国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信
気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

旅行記
スポンサーリンク
シェアする
気ままにどっかいきたい

コメント