「スペーシア」におトクに乗る方法とは?日光・鬼怒川へはやっぱこれ!

鉄道

今回は東武線を走る特急列車「スペーシア」に安く乗る方法についてご紹介します

日光・鬼怒川方面に行く特急列車の代表ですね!

値段によっては往復で5000円以内に収めることも可能です!

現在はJRの新宿駅を発着する列車と、東武浅草駅を発着する列車の2パターンあります

なので、この記事でも2パターンに分けてご紹介します!

スポンサーリンク

新宿〜日光・鬼怒川方面のスペーシアに乗る場合

新宿発着のスペーシアは、JR線の新宿駅を使って日光・鬼怒川方面に向かいます。

現在、2019年12月〜2020年3月の期間限定でJRの予約サイト「えきねっと」からスペーシアの予約をすることができるんです!

「えきねっとトクだ値」を利用すれば、片道20〜30%引きになります

しかも乗車する日の当日午前1時40分まで申し込みをすることが可能なんです

1つ注意したいのが、乗車する日によって割引が違うということ

だから20〜30%引きっていう書き方をしたんです

わかりやすく期間Aと期間Bの2つに分かれて表示されています

期間A(30%引き)

2019年12月1日~12月20日、

2020年1月14日〜2月29日までの乗車分

期間B(20%引き)

2019年12月21日~2020年1月13日、

2020年3月1日~3月31日までの乗車分です

もし30%引きの時に買えば

新宿〜鬼怒川温泉・東武日光は2860円

大宮〜鬼怒川温泉・東武日光は2520円

20%引きの時に買えば

新宿〜鬼怒川温泉・東武日光が3270円

大宮〜鬼怒川温泉・東武日光が2880円

になります!

浅草〜日光・鬼怒川方面のスペーシアに乗る場合

浅草発着のスペーシアは、インターネットで予約することができます

インターネットでの予約は

会員登録不要の「特急券インターネット予約・購入サービス」

会員登録ありの「チケットレスサービス」

の2つに分かれます!

特急券インターネット予約・購入サービスは、クレジットカード決済で特急券のみをネット上で予約・購入することができます!

オンラインで購入すれば座席の指定も可能で、予約のみの場合は駅の券売機や東武ツアーズの支店で引き取ることができます

一方、チケットレスサービスは東武のクレジットカードを持っている人向けなので、単に予約・購入するなら会員登録なしでするほうがラクです

TJライナーの乗り方ガイドライン!料金や座席指定券の予約方法までわかりやすく解説!でご紹介した、TJライナーの座席指定券はチケットレスサービスでのみ予約・購入することができます

重要なのは、これらは特急券しか予約できないということ

つまり乗車券は別に購入する必要があります

PASMOやSuicaで普通に乗ってもいいんですが、東武の株主優待券を使用すればもっと費用を抑えることができるんです!

その株主優待券は金券ショップで取り扱っています

僕は大黒屋で東武の株主優待券を780円で購入しました

例えば浅草→鬼怒川温泉までは普通料金だと1571円なので、片道750円近くトクをしたことになります

さらに、東武の一部の列車が割引になる午後割や夜割を利用すればもっと安くすることができます!

日光・鬼怒川で使えるおトクなフリーパス

日光エリアと鬼怒川温泉エリアではそれぞれ東武が発売しているフリーパスを使うことができます!

まるごと日光 東武フリーパス

まるごと鬼怒川 東武フリーパス

まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス

日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス

の5つです

東武で使えるフリーパス・一日乗車券については、東武線のおトクなフリーパスと一日乗車券まとめ!日光・鬼怒川だけじゃない沿線の魅力!でまとめてご紹介しているのでご覧ください!

日光・鬼怒川温泉エリア以外にも東武では様々なフリーパスが発売されています

さいごに

JRと直通して、より日光方面へのアクセスが便利になりましたね。

今期限定の「えきねっとトクだ値」を利用して、スペーシアで日光・鬼怒川方面への観光をしてみてはいかがでしょうか

時間がないし、気軽に温泉だけでも行きたいって方は TJライナーに乗って、夜の温泉旅行ができる!小川町 花和楽の湯へ行ってきた!の記事がオススメです

東上線のTJライナーに乗って、夕方に出て夜には戻ってくる温泉小旅行ができますよ!

とうげつ

新卒を捨て、今年大学を卒業したブロガーです/普段はカフェでマネージャーとして働きながら旅行をし、ブログ運営とTwitterに注力しています。国内の旅行スポットや交通、グルメを中心に発信/気軽に読める旅行雑誌を目指してブログ運営しています!

とうげつをフォローする
鉄道
シェアする
スポンサーリンク
気ままにどっかいきたい

コメント