東京〜新潟のもっともおトクな移動方法は?【全て体験済み】

バス

どうもとうげつです!

今回は、東京〜新潟の移動方法についてご紹介したいと思います。

旅行や出張などで東京と新潟を行き来する人は多いでしょう。

新幹線が通っているくらいですから、それなりに需要はありますよね!

ただこの区間って、色んな移動方法があるんですよ。

そこで今回は、旅行好きであり乗り鉄でもある僕が、東京〜新潟のもっともおトクな移動方法をご紹介させていただきます!

スポンサーリンク

高速バスWILLER【イチオシ】

僕がもっともオススメするのは、高速バス「WILLER」での移動です。

乗務員さんの対応はいいし、色んなタイプのシートが選べる上、かなりリーズナブルな値段で利用できるからです。

毎回料金が300円引になる、WILLERの有料会員にもなっています。

東京〜新潟便には、リボーンというWILLERの最高級シートを乗せたバスが走っています!

リボーンの記事はこちら!↓

タイミングによっては5000円以内で乗れることもあるので、以下のリンクからご覧になってください!

WILLER TRAVEL

上越新幹線

二つ目は上越新幹線です。
これがもっとも王道かつ、早く行ける方法でしょう。

とうげつ
とうげつ

出張やスキーへいくなら、間違いなくこの方法がベストです!

東京〜新潟は新幹線で約2時間。
料金はそれぞれこんな感じです。

・東京〜新潟
自由席 10230円・指定席10960円・グリーン14420円

・東京〜長岡
自由席 8580円・指定席9310円・グリーン12770円

JR東日本の予約サイトえきねっとでは、新幹線の指定席料金が割引になる「えきねっとトクだ値」というサービスがあります。

30%引きで乗れて、不定期で50%オフになることもあります。

上越新幹線におトクに乗る方法は以下の記事からどうぞ!

在来線(乗り鉄推奨)

最後は在来線で東京〜新潟をトコトコ行くルートです。
出張で東京〜新潟を利用する人には、絶対オススメしません笑

これはちょっと捻りのある旅行をしたい人や、鉄道に乗るのが好きな方にオススメです。

ちなみに在来線で約7時間かかりますが、5720円で行けます。

東京から高崎線、上越線、信越線を乗り継いでいくと1日で新潟までいけるのもGOOD POINT!

冬は雪を被った雪山の景色が最高なので、冬の旅をオススメしたいです。

とうげつ
とうげつ

ただ大雪には気をつけてくださいね…笑

僕はこの東京→新潟旅を、週末パスというJR東日本のフリーパスを使ってやってきました。
ただ、ワケあって一部区間は新幹線を使いましたけど…。

しかし!在来線の旅はとても思い出になるので、一度はやってみてほしいですね。

旅行記と週末パスの詳細の記事をそれぞれ貼っておきますので、気になる方はご覧ください!!

目的に応じて利用しよう

まとめるとこんな感じです。

高速バス→おトクに快適に行きたい人向け
新幹線→速く行きたい人向け
在来線→鉄道の旅をしたい人向け

新潟にはお米などのおいしいグルメや、清津峡などのオシャレな観光スポットもたくさんあります。

交通費をおさえて、旅行をしたいなら高速バスをオススメします!

ちなみに僕は、新潟に限り新幹線より高速バスを多く使っています。

それでは!!

コメント